The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)をどう考えるか

受付レセプションの風景

受付レセプションの風景



さて、ようやく皆様にThe Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)のご紹介ができます。

2013年11月にグランドオープンしてまだ間がない出来たてほやほやの高級レジデンスです。
いろんなお客様からこの「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」のお問合せをいただいておりました。
もちろん何組ものお客様をご案内させていただきましたが、まだ完全に完成したわけでもなく、家賃もプロモーション価格と通常価格との間で揺れ動いており、インクルードサービスの中味も定まっておらずと、なかなか皆様に統一情報を提示できずにおりましたが、ここにきてようやく固まってきましたので、今回の稿で開陳いたします。

まず、間違わないでいただきたいのですが、「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」は完全100%のサービスアパートではありません
どちらかというと、同じKim Ma周辺エリアにあるHoa Binh Green(ホアビングリーン)のように個人オーナー向けの分譲マンションとして売りに出されたコンドミニアムと投資会社が管理するサービスアパートと混在しているアパートです

全体で290戸ある部屋のうち、サービスアパートとして契約できるのは100戸です。
残りは個人オーナー向けに分譲されています。
もちろん個人オーナーが外国人向けに賃貸に出してくるケースもあります。
ですが、当社はまず100件のサービスアパートを中心に皆様にご紹介させていただきます。

もう一つ。
この「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」はオーナーにとって4棟目のアパートです
ハノイ以外の3棟はホーチミンで運営しています。
もちろん、利益が出ているからハノイに進出してきているわけで、3棟とも閑古鳥が鳴いているようではとてもハノイに駒を進める計画など出てこなかったかと思います。
アパートメント事業を軌道に乗せるだけの財務力、サービス力、そして腕力のあるオーナーだと言えるでしょう。

特選物件でもご紹介していますが、再度初めて訪問していただいた方の為に、詳細情報と位置図を付けておきます。

  • 【アパート名】The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)
  • 【エリア】 Ba Dinh(バーディン)地区
  • 【住所】20 Nui Truc Str, Giang Vo Ward, Ba Dinh Dist, Hanoi
  • 【建物規模】28階建て全室290部屋(うちサービスアパートは100戸)
  • 【竣工年】2013年11月
  • 【賃料・面積】※時期とタイミングにより変更になるケースもあります。
    ※2014年6月から、賃料が変更になっています。
    Studioタイプ(45㎡):1.300ドル~1.500ドル1.500ドル
    2ベッドルーム
    ・88㎡:1.800ドル2.000ドル
    ・94㎡:2.200ドル
    ・118㎡:2.800ドル3.000ドル
    ・123㎡:2.800ドル3.200ドル
    3ベッドルーム
    ・110㎡:2.500ドル2.800ドル
    ・126㎡:3.000ドル3.300ドル
    ・135㎡:2.900ドル3.300ドル
    ・142㎡:3.200ドル3.600ドル
    4ベッドルーム(170㎡):3.800ドル4.000ドル

上記家賃に含まれますサービスは以下の通りです。

  1. 税金
  2. 管理費
  3. ハウスキーピングサービス(週3回の清掃+タオル交換;洗濯サービスは付きません。室内の乾燥機能付き洗濯機が提供されています)
  4. リネン交換サービス(週2回のベッドシーツ、ベッドカバー、枕カバー交換)
  5. ソファー、椅子の洗いメンテナンス(3ヶ月に1回)
  6. インターネット使用料(WIFIでADSL対応:光ファイバーへの移行は別途費用が発生します)

「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」にはもちろんフィットネスジムからサウナ、ジャグジースペース、そして屋内で年中使えるスイミングプールがあります。

ただ、先にご紹介した家賃には含まれていません。
オプションサービスとなります。
全ての費用をインクルードした賃料を提示するのではなく、切り離してお客様に必要に応じて追加サービスを選らんでいただけるようにしています。
費用の詳細は位置図の後にご説明します。

また高級レジデンスによく見かける「無料ショッピングバス、及びスクールバスサービス」は今のところございません
今後の交渉を待たないといけません。

しかし朝食サービスは現在調整中です。

食堂スペースは既に完成しています。
ただ契約者が未だ数が少ない為に稼働準備中なんです。
これは時間の問題だけかと思います。


より大きな地図で The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ) を表示

では、オプションとして提供されている共用施設(フィットネスジム、サウナ、ジャグジー、屋内スイミングプール)の利用料と日本番組視聴料をご説明します。
「全てまとめていくら」という料金体系ではなく、フィットネスジム系と室内プール、そして日本番組視聴料と細かく分かれています。

  • フィットネスジム、サウナ、ジャグジー利用料:66ドル(一人につき)
  • 室内スイミングプール利用料:45ドル(一人につき)
  • 日本番組(NHKプレミアムのみ)視聴料:40ドル

フィットネスジムやプールといった共用施設の使用料が「一人につき」ですので計算が邪魔くさいですね。
二人までは大人で、三人目からは子供さんが対象になってくるかと思います。
今はプロモーション期間ですから「お子様は5歳までは無料」となっているようですが、これも時限的なもので、先には有料になるようです。

ただ、子供はフィットネスジムよりもプールやお風呂感覚で浸かれるジャグジーなどを多用するケースを想定して、今後はフィットネスジム、サウナ、ジャグジー、スイミングプールと全て個別に料金設定をし、利用施設サービスを細かく選べるようにするようです。
正式に料金体系が決まりましたら、またこのサイトでご紹介いたします。

また、日本番組視聴料もNHKプレミアムだけで40ドルというのは、ちょっと高いなと言う気がします。
最近はBS・CS放送なども入れて全35CHくらいで80ドル以下のサービスもあります。
この辺りはお客様で独自に違う番組サービスを選択できるかどうか、交渉の余地はあろうかと思います。
弊社までお尋ねください。

高層階にあるフィットネスジム

高層階にあるフィットネスジム



プールの周りでもご両親がくつろぐスペースがあります。同じフロアにはフィットネスジムもジャグジーもあります

プールの周りでもご両親がくつろぐスペースがあります。同じフロアにはフィットネスジムもジャグジーもあります

室内スイミングプール「オールシーズン使用可能です」

室内スイミングプール「オールシーズン使用可能です」



サウナスペースの直ぐ横にあるジャグジー「寒い冬にゆったりと肩まで浸かっていただけます」

サウナスペースの直ぐ横にあるジャグジー「寒い冬にゆったりと肩まで浸かっていただけます」



フィットネスジム、サウナ、ジャグジー、それに室内スイミングプール利用料の「一人につき」についてもう少し説明を加えます。
次の二人目の料金とお子様向けディスカウント料金をご紹介しなければ計算ができませんね。
ご家族でお住まいになる際の割引規定です。

  • 二人目(大人)は20%OFF
  • 三人目(13歳以上)は30%OFF

また、お子様ディスカウントは次の考えに基づいて計算してください。

  • 5歳までは無料(今のところ)
  • 6歳から12歳まで(小学生ということですね):50%OFF
  • 13歳~:30%OFF

今のところ5歳以下のお子様はただで全ての施設を利用できることになります。
例えばご夫婦に6歳のお子様の3人家族の場合、フィットネスジムもプールも家族全員で利用すると仮定した場合の計算は次のようになります。

  1. ご主人様分:111ドル(66ドル+45ドル)
  2. 奥様分:89ドル(111ドルの20%割引)
  3. お子様分:56ドル(111ドルの50%OFF)

で、合計256ドルとなります。
これを先にご紹介した家賃額に加えていただくことでトータル家賃額が出てきます。

リビング・キッチンの様子

リビング・キッチンの様子



Studioタイプ(45㎡)の室内風景

Studioタイプ(45㎡)の室内風景



リビングもダイニングテーブルも落ち着いた色合いでまとめています

リビングもダイニングテーブルも落ち着いた色合いでまとめています



室内の様子は写真でお伝えします。
ビデオを入れる事を断られました。
申し訳ございませんが、今回は室内映像をご紹介することが出来ません。
しかし、巻末にアパート前の周辺環境を撮影したビデオ動画を付けておりますのでご参照ください。

見ての通り、新しいので全ての設備が最新のものばかりです。
室内に関してと、共用施設については特に問題はないかと思います。

3ベッドルームのリビング

3ベッドルームのリビング



一通りの家電製品が全て標準装備です

一通りの家電製品が全て標準装備です



あらゆるスペースが新築で気持がいいですね

あらゆるスペースが新築で気持がいいですね

洗面スペース

洗面スペース



メインベッドルームの雰囲気

メインベッドルームの雰囲気

バルコニーはガラスの背の高い塀で仕切られています

バルコニーはガラスの背の高い塀で仕切られています



2ベッドルームの室内

2ベッドルームの室内



ウォシュレットも標準装備です
最初ウォシュレットは標準装備とご説明致しましたが、間違いでした。
これはオプションサービスです。
申し訳ありません。
また、1点気になるのは最新設備に関わらず、キッチンの火力はガスです。電気のIHではありません。

そうなると自然に思う疑問点として、

「ガスってプロパンだったらいつ切れるか分からないので不便ですよね」

という意見です。
晩ご飯をお鍋料理にしようと調理中にガス欠で止まってしまったら・・・がっかりしますね。

しかし、24時間対応のレセプションに言えば、直ぐに補てんしてくれますので安心してくださいとのアパート側の回答でした。
プロパンガスの業者さんが駆けつけてくるまで待たなければいけない・・・そのようなことはありません。

バルコニーから望む景色(20階以上)

バルコニーから望む景色(20階以上)



さて、単身者様、あるいはアグレッシブなご夫婦様がお住まいになるアパートとしては、特に問題ないレジデンスかと思います。
問題はお子様帯同で来られるご家族様にとってどうかです。

まず考えられる問題点を挙げてみます。

  • 新設アパートだけに日本人学校や幼稚園バスが巡回してくれるかどうか
  • お子様が遊び回れるスペースがあるかどうか
  • 買い物の利便性はどうか

この3点かと思います。
まず、学校の巡回バスです

2014年1月25日現在で日本人は約10組契約をしているようです。
グランドオープンしたばかりですから、この数字は仕方がありません。
ただ、これからテトが明け、2月後半から4月にかけてまとまった数の日本人赴任者がやってきますので、一気に契約件数は増えることは予想できます。

ハノイ日本人学校に通う生徒様は今現在おられませんので、最悪近くのRose Gardenのバス停まで通わないといけなくなるかもしれません。
しかし現在調整中とのこと。交渉の余地は残されているとお考えください。

これから「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」に入居される予定のご家庭もおられます。
その方の動向次第では、日本人学校のバスが「The Lancaster Hanoi」まで巡回してくれる可能性が高いんです。

諦めないで、まず当社「ハノイリビング」までお問い合わせ下さい。
なお、日本人学校のバス乗り入れが実現したという情報が入れば、真っ先にこの稿でご紹介させていただきます。

▼▼▼

つい先ほど確認できたのですが、「The Lancaster Hanoi」に日本人学校のバス停が出来るようです。
時期は日本人学校に通学されるご家族がチェックインされる時期に合わされるとのことですので具体的には言えませんが、ごく近い時期に実現できそうです。

▲▲▲

また、幼稚園バスについては複数の園がありますので、個別に確認しないといけません。
詳しい情報は常にチェックしておりますので、この件もご質問のある方はお気軽に当社までお尋ねください。
これは「The Lancaster Hanoi」側に聞かれても分からないかと思います。

続いてお子様の遊び回れるスペースがあるかどうかです
まず、こちらのビデオ動画をご覧下さい。

見ての通り、レジデンスの周りに遊び回れるスペースはありません。
室内にスペースを作っています。
こんな感じです。

キッズルーム「奥は小さなベッドルームと子供用お手洗いでした」

キッズルーム「奥は小さなベッドルームと子供用お手洗いでした」

ころんでも大丈夫な柔らかい床材が敷き詰められていました

ころんでも大丈夫な柔らかい床材が敷き詰められていました



小さな幼児ちゃん用にキッズルームを作ってくれています。
もう少し大きなお子様向けには、こんなスペースがあります。

キッズルームの横にはもう少し大きめのお子様向けの卓球とビリヤードが置かれていました

キッズルームの横にはもう少し大きめのお子様向けの卓球とビリヤードが置かれていました



さりげなくお子様が喜びそうな遊具があります

さりげなくお子様が喜びそうな遊具があります

卓球台が2つ

卓球台が2つ



あくまでも室内です。
あと、近くに「ハノイホテル」があります。その直ぐ際に「Giang Vo湖」があります。
この周回をよくマラソン人が走っています。
それくらいでしょうか。

足を伸ばしてCau Giay地区に新しい綺麗な公園が出来ています。
そういうところへ車で行くとか、あるいは日本人学校の友達がたくさん住んでいる近くのレジデンスへ遊びに行くか(笑)。

近場のアパートに住む日本人学校へ通われるお子様の数です。
COCOもGolden Westlakeも友達と遊ぶスペースはふんだんに有るアパートです。

最後に買い物の利便性についてです

先ほども言いましたが、「無料ショッピングバス」などというサービスは付いていません。
今後のことは分かりませんが、今のところ無い状態です。

以前の稿ハノイで「家族用ファミリーカー」を安く確保する方法についてでもお伝えしましたが、奥様がタクシーをご利用される場合、プリペイド式のタクシーカードが簡単に手に入ります。
プリペイドなので複雑な手続き等はありません。
旅行者もよく利用されるシステムですので、買い物の際「お釣りが無い為に損をした」などというストレスもなく気軽に使えるのでお勧めです。

1階にスーパーが出来ています。
が、やはり家庭の献立を満たすほどの充実度ではありませんね。

すっきりと生活感溢れるした店内「赤ワインなどお酒類が入り口にたくさんありました」

すっきりと生活感溢れるした店内「赤ワインなどお酒類が入り口にたくさんありました」



野菜類はこのコーナーにありました

野菜類はこのコーナーにありました

果物からヨーグルト・チーズなどの乳製品

果物からヨーグルト・チーズなどの乳製品



果物はたまたま少なかったのでしょうか

果物はたまたま少なかったのでしょうか

スーパードライも売っています

スーパードライも売っています



カネボウの化粧品も置いています

カネボウの化粧品も置いています

ドライヤーからコーヒーメーカー、炊飯器と台所周りの電化製品もあります

ドライヤーからコーヒーメーカー、炊飯器と台所周りの電化製品もあります



家庭用洗剤から芳香剤まで雑貨類は結構揃っていました

家庭用洗剤から芳香剤まで雑貨類は結構揃っていました



ちょっと物足りないかな・・・と言う感じでしょうか。
「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」に比較的近いエリアで、奥様方がよく利用されるスーパーを地図に落としてみました。
やはりどうしても「徒歩圏」というわけには行きません。
基本タクシーで動いていただく必要があります。
ご参考ください。


より大きな地図で The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)と買い物場所との位置関係 を表示

いかがでしょうか。
ここまでで「住んでみたい!」と思われますか(笑)。

新築で都心の真ん中です。
ハノイのほぼ中心地ですから、ここを起点としてどこにも比較的近くアクセスができる利点があるかと思います。

このKim Ma周辺に寄っておかないといけない方、Kim Ma周辺に住む必要のあるご家族は、予算が合えば前に進んでもいいかと思うんです。

ではあまりエリアを気にしないでアパートを選ぶことのできるご家族帯同者の場合はどうでしょう。

ご家族連れがお住まいになるエリアとして、以前の稿でもお話しましたが、

  • 「タイ湖周辺エリア」
  • 「ハノイ西部エリア」

が多いんですね。
その理由を簡単に説明します。

「質の高いサービス」と「お子様がのびのびと走り回れる広い敷地」で名が通っている評判の高いレジデンスが多いのが「タイ湖周辺エリア」です。
その証拠に、ハノイ日本人学校に通われるお子様の数が多いアパートTOP6の中で、5位のINDOCHINA PLAZA、6位のCIPUTRA(シプチャー)を除くTOP4は「タイ湖周辺エリア」のアパートで固められています。
何度もご紹介しておりますが、2014年1月時点の日本人学校へ通われるお子様が住むアパートのTOP5です。

  1. Sedona Suites65人
  2. Coco Flower Village47人
  3. CIPUTRA(シプチャー)地区41人(複数のバス停があり総数です)
  4. Fraser Suites37人
  5. Golden Westlake24人
  6. INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザハノイ)21人

ある程度長く運営を続けてきたサービスアパートが多いので、サービスの質に大きなブレが無いんですね。
悪いものは出尽くしていますから(笑)。
評判も定着しています。悪いところは悪いなりに「周知の事実」になっているわけですから、その評判を踏まえて検討できるという安心感があります。
それに契約者の入居率もそこそこ上がっているわけですから、いろんなサービスを提供することができますね。

  • 契約者のための「ショッピングバスやスクールバスサービス」の提供
  • 朝食サービス(ビュッフェ形式で)の提供
  • 契約者の為の医療サービス「WellBe」の提供
  • 日本番組の複数チャンネルを安い金額で提供

これらはまとまった数の契約者がいることで提供できるサービスです。
繁盛している日本食レストランほど、数が見込めるために仕入のまとめ買いができ、良いネタを安く提供できるようになるのと同じ理屈です。

今回ご紹介している「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」や、タイ湖東岸の新築サービスアパートElegant Suites Westlake(エレガントスイートウエストレイク)など、完成したばかりで入居者が一定数に達していないレジデンスなどは最初が辛いんです。

もちろん新築ですから、内覧したときは「住みたい!」となります。

しかし、バスサービスも朝食のビュッフェ形式サービスも採算が合わないので当初は受けることができません。
若干工事が残っている住戸もあります。
その部屋の家具の搬入等でエレベーターが取られたり、1階にスーパーがあっても入居者のニーズに合わないものが陳列されていたり。
ですので、他社との競合を考えて、当初の滑り出しはプロモーション価格で安く設定し、不便さの穴埋めをする訳です。
今の「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」はちょうどその時期です。

あと「ハノイ西部」がご家族帯同者に人気がある理由です。

これはアパートの敷地内にスーパーマーケットや各種飲食店、専門店、スイミングプールからフィットネスセンター、美味しいパン屋さんから有名なカフェ、またはオフィスビルとも併設されるなど、有り余る敷地にものを言わせて大規模な総合コンドミニアムが「ハノイ西部」に新築されたことが大きな原因だと思います。

CROWNE PLAZA WEST HANOI RESIDENCES(クラウンプラザハノイ)をはじめ、INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザハノイ)CALIDAS LANDMARK72(カリダスランドマーク72)などといった大規模物件です。

住んでいる敷地の中で「全てが完結する」って、やはり便利ですね。
もちろんFraser SuitesやSedona Suitesでも敷地内に店はありますが、その「種類の多さと新しさ」で比較すると、上記のレジデンスに歩があるかと思われます。

そのほかの理由は、やはり「ハノイ日本人学校」がハノイ西部にあることは大きいと思います。
お母さんが学校に頻繁に通うことも出てくるかと思いますので、近いに超したことはありませんね。

日本人向け幼稚園も桜モンテッソーリ「子供の家」なかよし幼稚園など、「ハノイ日本人学校」の近くに開園されて、便利になってきました。

西部のもう一つの魅力は、西部を走る外周道路に高架ができたことです。
これでノイバイ空港方面や5号線へのアクセスがスムーズになり、郊外の工業団地への通勤が楽になったこともあげられます。

Giang Vo湖から見たLANCASTERの全容

Giang Vo湖から見たLANCASTERの全容



このどちらでもないエリアに建つ「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」。
先に申し上げましたが、「都心の便利さ」を求めてあえてハノイ西部から移られる方もおられるかと思います。
奥様の習い事も、ハノイ中心地に住んでいれば何かと便利ですよね。

この「利便性」は確実に享受できるのではないでしょうか。
あとは皆様の価値観次第ですね(笑)

最後にもう一度基本にもどり、かかってくる家賃額から比較してみたいと思います。

「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」の価格構成を見ると、2ベッドルーム、3ベッドルームが多いです。
ということはある程度「ご家族帯同層」を狙っているのは間違い無いと思います。
家族帯同となるとやはり2ベッドルームから3ベッドルームは欲しいところですね。

例えば2人6歳以上の小学生がいるご家庭で3ベッドルームを想定してみましょう。
126㎡の3ベッドルームはちょうど3.0003.300ドルです。
小学生お二人ですから、これくらいあれば良いですね。

先に申し上げましたオプションのサービスをフルに付けたと仮定した場合いくらになるかですね。
もともとのインクルードサービスに、

  • フィットネスジム、サウナ、ジャグジー利用料:66ドル(一人につき)
  • 室内スイミングプール利用料:45ドル(一人につき)
  • 日本番組(NHKプレミアムのみ)視聴料:40ドル

これらも家族全員で利用できるよう全て家賃に入れ、お子様2人分のディスカウント(小学生は50%割引が効きます)を計算すると、プラス352ドルになります。
よって契約家賃額は、

3.352ドル

です。
この家賃で3ベッドルーム、126㎡のレジデンスです。
例えば日本人学校の生徒さんが約65人ほどいるSedona Suitesは、3ベッドルームとなると最低でも4.100ドルからです。

もちろん「Coco Flower Village」や「Golden Westlake」も選択枝としてはあるのでしょうが、そもそも「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」を検討される方というのは、「新しさ、綺麗さ」を求めているはずですね。
そうなると、近場の日本人学校の生徒さんが多く住まわれる先の2件は「どうなのかな・・・」となります。
少なくとも冒頭からご紹介している、新築故の切れるような綺麗さは無いように思うんです。

Fraser Suitesにしてもやはり3ベッドルーム(2ベッドルームでも)4.000ドルは超えてきます。

また、最近完成したElegant Suites Westlakeにしても126㎡に一番近い広さは2ベッドルームの123㎡になります。

家賃は4階部分で3.300ドル。
この辺りと競合してきます。
タイ湖東岸です。

こんな数字あわせの比較をしていくといろんなパターンがありますので、日が暮れてしまいますが(笑)。

ただ、都心の新築サービスアパートですから、それなりの家賃はします。
しかし先行してあるハノイの高級レジデンスと比べれば、充分戦える金額設定をしてくれているのではないかと思います

  • ハノイの中心部、便利なエリアに住みたいという奥様の意向が強く
  • ご主人様のご通勤も特に支障が無く
  • お子様の通学の問題と「ご友人との距離」の問題がご家族の中でクリアでき
  • 買い物の際ある程度タクシーを使うことに対してさほどの不便さを感じない・・・

このようなお客様には合うレジデンスではないかと思います。
これはあくまでも、たくさんのお客様をご紹介してきた、私の個人的な感想です。

この記事をタタキにして、ご家族皆様で話し合ってみてください。
ご質問はいつでもお受けします。

以上、ハノイのBa Dinh地区に完成した実力派オーナーが運営する新築サービスアパート「The Lancaster Hanoi(ランカスターハノイ)」のご紹介でした。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: 特選物件詳細   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*