ベトナムハノイにある「間違いの無い病院」のご紹介



※小さくて見づらいと思いますので、画面右肩にある「Full Screen」のマークをクリックし、大きな画面で見てください。

先日ハノイにあるローカルの歯医者さん「Rang Ha Noi」のご紹介をさせていただきましたね。
その時にハノイにある有名で質の高い医療の受けれる総合病院をいくつかご紹介しました。

よく考えてみると、まだ病院情報をきちっと皆様にお知らせしていなかったので、今回の稿で触れてみることにしました。
冒頭にあるMAPに7件の病院を落としてみました。
ハノイ在住の方からすると、当たり前のように有名な病院が多いですね。
しかし、これからベトナムハノイに赴任される方、特に小さなお子様帯同で来られるご予定の方にすれば、身近に安心して掛かることのできる「お医者さん」があるのかどうか・・・とても大きな関心事だと思います。

あえて全くハノイが分からない方向けに一応まとめて見ました。

日本人赴任者様がハノイで健康診断を受けたり、急な腹痛(一度はほぼ必ず・・・洗礼を受けていただくことになります)に見舞われた際、大体ご利用いただくのがこれらの病院です。

最後の「E Hospital」と歯医者さんの「Rang Ha Noi」は全くのローカル病院ですが、それ以外は外資のノウハウを取り入れた総合病院です。
「E Hospital」など、私も聞いたことがありませんでしたが、先日当社のホープ深田君が健康診断を受けに行った病院です。
その病院を紹介してくれたのが、コンサルサポートを依頼している中川先生。

「料金的にもリーズナブルでサービスもGood」

とのこと。
直接診察を受けた深田君も、

「ちょっと汚かったですが、西洋人の患者さんも結構いて、安心できました」

と言ってますので、リストに加えさせていただきました。
言葉はかろうじて英語は通じるようですが、最初はローカルスタッフに付いてきて貰った方が良いかもしれません。
ここの売りは「安さ」です。

VietSing International Clinic」は以前ベトナムハノイで受けることができる「健康診断」のご紹介の稿でご説明しましたね。
健康診断の会場に指定されている「ベトナム・シンガポール合弁の優良病院」です。

まだ他にも隠れた名病院はあるかと思います。
前回「海外旅行傷害保険」と「WellBe(ウェルビー)サポート」についての稿で「WellBe(ウェルビー)」が推奨している病院をご紹介しましたね。

「WellBe(ウェルビー)サポート」というのは、

「海外旅行傷害保険では行き届かない、しかし現場では必ず必要なサポートサービスを提供してくれる医療サービス」

です。
詳しくは以前の稿をご参照ください。

お客さんの症状に合わせて適切な医療機関を紹介してくれるんですね。
従って、医療技術がしっかりしていることと、医療費が常識の範囲であること、この条件に見合う病院を予め選定してくれています。
基本緊急時の対応で効果を発揮するサービスですから。
ちなみに、

  • ハノイフレンチホスピタルは「脳疾患、産婦人科、出産」
  • VietSing International Clinicは「内科」
  • Vinmec International Hospitalは「心疾患、消化器、出産」

というように使い分けているようです。
特に最近できたVinGroupの「Vinmec International Hospital」の評判は良いですね。
悪い噂を聞きません(笑)。

あと、「WellBe(ウェルビー)サポート」が推奨している病院は、

  • ハノイ医科大学付属病院「心疾患、整形外科、神経内科」
  • 越日眼科病院「眼科」
  • オーストラリアンデンタルクリニック「歯科」

などもあります。

こうして病院の名前を挙げ連ねていますが・・・
私自身がお世話になったことが未だ一度もありません。

自慢をしても仕方がないのですが(笑)
今のところ大きな病院にかかることもなく、「WellBe(ウェルビー)」や「海外赴任者保険」のお世話になったこともありませんので、実感として病院の善し悪しをご紹介できないのがとても歯がゆいです。

ただ、まずは「安心していただける病院」というざっくりな基準で選ばせていただきました。
そして、この安心してかかれる病院の近くにあるアパートを探している方が多いんですね。

今までご紹介してきた全てのアパートを落としたMAPに、今回の病院も付加させていただきました。
次の地図をご覧ください。


大きな地図で見る

このままだとごちゃごちゃして見にくいので、左下の「大きな地図で見る」をクリックしていただき、広げて見てください。

病院のマークは「赤十字」にしています。
病院だけの地図は冒頭に掲載しております。
こうやってみると、ちょっと辺鄙な場所にありますね。
病院の近くで、となれば赤十字の近くのピンをクリックして調べてみてください。

念の為、このMAPのピンの説明を再度しておきます。

  • 赤いピン:アパート
  • 青いピン:オフィス
  • 紫色のピン:高級サービスアパート
  • 水色の水泳ピン:フィットネスジム
  • 黄色いピン:店舗物件

あと、最後に健康保険料の負担について少し。

私も現地採用の深田君もハノイリビングで健康保険の負担をしておりません。
通常日本では会社と個人でそれぞれ負担をしますね。
もしもの際に医療サービスを安く受けることができる為のものです。
日本では当たり前に「国民皆保険」が確立されていますね。

当社のローカルスタッフは皆会社で負担しています。
しかし我々日本人赴任者はまあ・・・大体は「海外赴任者保険」のようなものを会社で負担してもらっているかと思いますから、いざというときの医療は保険で対応できます。

しかし、深田君のような日本人現地採用者さんは、限られた費用のなかでベトナムハノイで生活をしていかないといけません。
中には何の保険も負担されていない人もいるようです。

「じゃあハノイでの医療を受けるのに、ローカルスタッフ達と同様毎月健康保険料を支払っておけば良いのでは」

と思うのですが、その保険の対象となる医療機関がまた・・・
ローカルの人達も行かないようなレベルの低い病院しか、医療費控除の対象にならないようです。

今回ご紹介したような病院にかかっても、

「医療費対象外」

で全額自己負担になってしまいます。
「国が特定した病院」が対象ですがかなり「どローカル」な病院しか利用できないので、そんな病院に日本人はおそらく行きません。
間違いのないよう、今回ご紹介したような医療機関を利用することになります。

こちらハノイで日本人が「健康保険料を払っていてもかかる医者が・・・無い」となるので払っていないんです。
まだお金持ちしか高度医療サービスを受けることの出来ない国なんですね、ベトナムは。

こんなに貧富の差が激しい共産主義の国も珍しい・・・
高度成長前の国によく見かける光景なのかもしれませんが。

しかしベトナムは若い世代がこれから台頭してきます。
今の若い人達が自身の子供の為に、当たり前のように安心して医療を受けることのできる社会を実現していって欲しいものです。

以上、これからハノイに来られる方に安心して頂く為の、「間違いの無い病院」のご紹介でした。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: 医療関係   タグ:   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*