INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザ)の魅力を映像にて

「INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナハノイ)」の正面エントランス

「INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナハノイ)」建物の全容INDOCHINAは住居とオフィスと店舗の複合施設です

「インドチャイナを検討しているのですが、物件はお持ちですか」

最近よくお尋ねを受けるご質問です。
この2012年10月にOpenした「INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナハノイ)」
「INDOCHINA」の綴りをみて「インドチャイナ」と呼ばれる方が大半ですが、「インドシナ」が正しい名称です。
「インドシナ半島」の”インドシナ”ですね。

我々でいう物件の種別で言うと、「コンドミニアム」となります。
今までハノイでも人気の高かった「コンドミニアム」は、

この3物件です。
「Golden Westlake」や「Sky City Towers」は住居棟がほぼメインで、フィットネスやプールもありますが、ショッピングセンターやオフィス棟といった施設は備わっていません。
「Keangnam Hanoi Landmark Tower(カンナム ハノイ ランドマーク タワー)」は一部オフィススペースもありますが、隣のCALIDAS LANDMARK72の施設を引き継げば、多少似たような環境かもしれません。

要するに、住居やオフィススペース以外に、Citimartといったショッピングセンター、Sushibar(寿司バー)の日本食レストラン、スイミングプールやビリヤード・卓球スペースといった共用施設、また、Highland Coffee、PizzaHat、KFC、BurgerKingといったファストフード店等等・・・・

「近くにあって欲しいな」

と思う専門店が1カ所に集まっています。
メインが住居ではなく、いろんな便利なサービスが凝縮した「職住近接・生活至便」がメインの複合施設が、「INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザ)」です。
共用スペースのプール共用部分にあるビリヤードスペース

共用部分の卓球台お子様の遊戯スペース(屋内と屋外にもあります)

◆INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザ)

  • 【エリア】 Cau Giay(コウザイ)地区
  • 【住所】241 Xuan Thuy Road, Cau Giay Dist, Hanoi
  • 【賃料・面積】
    ・2LDK(93㎡~98㎡):1.300ドル~1.500ドル
    ・3LDK(110㎡~147㎡):1.500ドル~2.000ドル
    ・4LDK(200㎡~217㎡):未確認
    ・PENTHOUSE(270㎡):未確認
  • 【設備】 フィットネスジム、プール、ビリヤード・卓球場、日本食レストラン、CITIMART(スーパーマーケット)、ファーストフード店、その他専門店
  • 【竣工年】 2012年10月

立地がとても大切です。ご確認ください。
ハノイの西部に位置します。
ノイバイ空港や途中の「タンロンⅠ工業団地」への交通アクセスは便利ですね。


INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザ)はサービスアパートではありません。
個人オーナーが所有するローカルアパートです。

従って、各住戸ごとにオーナーの思惑が入りますので、家具や電化製品などオーナー都合で同じものはありません。
内覧してみて「ラッキー」と思うか、「なんじゃこりゃ」と思うか、行って見てみないと分かりません。

また、Openして間がありません。
ですので取引事例も揃っていないので、4ベッドルーム以上の契約実績が確認できず、賃料表示は「未確定」としています。

上記家賃に含まれるサービスは、

  • 税金
  • 管理費(共用施設の使用料)

だけです。
ですので、サービスアパート並のインクルードサービスを希望する場合、皆様のご予算の上限をにらみながら、以下の中からお好きなサービスを付加して検討していただく必要があります。

  • 【ハウスキーピングサービス】 約120ドル(週3回の掃除、洗濯、アイロン掛け、お皿洗いまで)
  • 【インターネット使用料】 約45ドル(Hi Speedタイプ)
  • 【ケーブルテレビ視聴料】 約5ドル
  • 【日本番組(ネットテレビ)視聴料】 約80ドル(NHKプレミアムをはじめ民放20CH)

大体サービスアパートの場合、上記のようなサービスがインクルードされているケースが多いですね。
しかし、相手は個人オーナーさんです。
いつでもインクルードサービスがOKであるとは限りません。
「電気代」とか「水道料金」等、毎月固定額になりにくい費用はややこしくなりますので、インクルードを嫌うオーナーも結構います。

当初予定していた手取り家賃以外の「不要な」上乗せを、納税の関係で嫌がるオーナーも中にはいます。
ここは、当社が間に入り交渉させていただきますので、まずはお問い合わせください。

レジデンスのエントランススペースエントランスのメールボックス

さて、ここから本題です。
冒頭の「INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザ)」のお問い合わせに対して、お答えしなければなりません。
オーナー情報を駆使して調べた結果、賃貸に出す予定のオーナーがヒットしました。
今日、そのオーナーに会いに部屋まで行ってきました。

16階の3ベッドルームのお部屋で、117㎡、家賃は税金管理費込みで1.650ドルです。

「今すぐ入居可」のお部屋です。
非常に綺麗です。

では、お部屋の様子をご覧に頂く前に、まず「INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザ)」の共用スペースの映像をご覧下さい。



いかがでしょうか。
「INDOCHINA」は「インドチャイナ」ではなく「インドシナ」ですと言っておきながら、ビデオでは「インドチャイナ」を連呼しております。
大変失礼しました。

大体の雰囲気は掴んでいただけましたでしょうか。
普通のコンドミニアムではない、日本にあるショッピングモールのような「便利さ」は伝わりましたでしょうか。

  • Citimart(スーパーマーケット)
  • Highland Coffee(カフェ)
  • SushiBar(寿司バー:日本食レストラン)
  • PizzaHat
  • Burger King(ハンバーガーショップ)
  • TOUS les JOURS(美味しい焼きたてパン屋さん)
  • KFC(ケンタッキーフライドチキン)
  • Levis(ジーンズショップ)
  • NIKE(スポーツショップ)

近くにあって「嬉しい!助かる!」と思えるお店をテナントとして集めています。
おまけに、もしこの中のオフィスを仕事場として選ばれたら、更に職住近接が実現出来るわけです。
「複合施設の相乗効果」ですね。

では、次に部屋の中を撮影したビデオ動画をご紹介します。



新築で買い物至便な117㎡の3ベッドルーム(正確には2ベッドルームプラスサービスルーム)に諸々のサービスをインクルードしても、2.000ドルを切るという条件です。
いかがでしょうか。

問題は、立地かと思います。

ロンビエン橋を超えて、タンロンⅡ工業団地方面まで通勤しなければならないような方にとって、
反対の西の端に位置する「INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザ)」は、ちょっと選択枝から外れるでしょうか。

しかし、北部のタンロンⅠ工業団地や、逆に南部のドンバン工業団地等へのご通勤であれば、道が広くしっかりしている分、アクセスは良いように思います。

ここはハノイの大学がひしめき合うエリア。
学生の街なんですね。
通学で朝夕はこのXuan Thuy Roadは非常に混み合います。

ここからハノイの中心街へ向かって東に行くと、「混むイメージ」がありますね。
しかし、ここから南北へ動く分にはスムーズだと思います。

ハノイ日本人学校へ通学されるお子様がおられるご家庭であれば、My Dinh地区に近いのでなお便利ですね。

「INDOCHINA PLAZA HANOI(インドシナプラザ)」・・・
皆様にはどう映るでしょうか。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: 特選物件詳細   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*