Daeha Business Center(オフィス事務所)の魅力について

Daeha Business Centerの全容

Daeha Business Centerの全容



ハノイリビングの田口です。

今日はオフィス事務所のご紹介です。
少し前までJICAさんがテナントとして入っていたDaeha Business Centerです。
ベトナムハノイで現地法人を設立する前に、まずは駐在員事務所を少人数からスタートされる企業様が多いですが、今回ご紹介するオフィスは

「現地法人事務所設立用物件」

です。
現地マーケティングが終わり、ビジネス戦略をある程度固めた後、まとまった人数を採用していざスタートする・・・
その時に必要になるオフィス(事務所)物件です。

2〜3人の駐在員事務所から一気にローカルスタッフを採用する訳ですから、「オフィスの場所とグレード」はとても貴重です。
ベトナム人スタッフが、

「ここで働きたい」

と胸が躍るほどのオフィスなら、それが予算に見合う物件であれば、優秀なスタッフの採用にかなりフォローの風が吹くことになります。
おまけにオフィスの知名度が高ければ、対お客様にも説明しやすく、まさに言うことなしです。

ハノイに数多くあるオフィスの中でも、こんな条件を満たすオフィスはそう多くはありません。
私の独断で申し訳ありませんが、ローカルスタッフに人気があり、対お客様にも一瞬のうちにオフィスの場所を頭に入れてもらえる目立った事務所物件を思いつくまま挙げてみました。
家賃の㎡単価も合わせて併記しておきます。

こんな感じでしょうか。
誰もが分かる、際だって目立ち、また日系企業も数多く入居しているオフィスです。

そして、今回ご紹介する「Daeha Business Center」もまさにこのグループに入る名の通ったオフィスです。
では、まず概要と位置図をご紹介します。

  • 【オフィス物件名】Daeha Business Center
  • 【住所】360 Kim Ma St., Ba Dinh District, Ha Noi
  • 【エリア】Ba Dinh(バーディン)地区
  • 【家賃:㎡単価】36ドル/㎡(税金・管理費・エアコン電気代込み)
  • 【面積】25㎡から1.100㎡
    ※1フロア全てで1.100㎡確保できます
    ※標準は100㎡以上の区割りです。
  • 【建物規模】16階建て
  • 【築年数】1996年建築
  • 【最低契約期間】1年から3年
  • 【フリーレント期間】1ヶ月(契約面積によって更に長い期間の交渉は可能です)
  • 【手付金】1ヶ月(保証金の一部に充当可)
  • 【保証金】3ヶ月(契約満了時に返却されます)
  • 【前家賃】1〜3ヶ月毎
  • 【その他の支払項目】
    ・インターネット利用料(お客様の負担でプロバイダーと直接契約していただきます)
    ・電話通話料+FAX使用料(お客様の負担です)
    ・電気代(照明とコンセント、エアコンの時間外使用分があれば請求)
  • 【利用可能時間】
    ・平日:7:00時から19:00時
    ・土曜日:7:00時から12:00時
    ※日曜日及び時間外利用は事前通知があれば可能(エアコンも使えます)
  • 【利用可能設備】
    ※駐車料金は1台まで無料
    ※スクーターの駐車料金は10台まで無料(契約面積が100㎡以上の場合)
    ※エアコンの電気代は上記利用時間内は無料(時間外の利用は15ドル/時間)で計算
    ※照明、電源利用の電気代は家賃に含まれています(時間帯以外の時間と休日に利用する分は別途請求)
    ※エレベーター4基あり(さらに荷物のエレベーターが1基あり)
    
※給湯室(Pantry)あり
    ※退去時は室内の原状復帰義務があります。
  • 【警備員】常駐
  • 【受付】あり
  • 【発電機】有り(エレベーター、照明、パソコン電源はOK、エアコンはバックアップしません)
  • 【日本企業入居率】7%(2015年2月時点)

㎡単価が36ドルです。
Kim Maエリアの大体の平均は20ドル〜25ドル/㎡といったところです。
そう考えると、少し強気ですね。

しかし、Kim Maエリアでもう18年間営業を続けてきた老舗のオフィスです。
同じ敷地に有名な「Daewoo Hotel」とその横にサービスアパートDaeha Serviced Apartmentがあります。
DAEWOOですから当然韓国資本の不動産だというイメージが強いですね。
数年前に現韓国大統領「朴槿恵(パク・クネ)」さんが宿泊したのはこの「Daewoo Hotel」なので、未だに韓国資本が入っていると思われがちですが、現在はベトナム資本100%に切り替わっています。

元々Daewooが70%、ベトナムの国営企業が30%の持ち分でスタートした後、Daewooが持ちこたえられず、70%の持ち分を他のベトナム企業に売却したようです。
今のLOTTE CENTER HANOIがある敷地も元はDaewoo管理の不動産でした。
しかし理由は分かりませんが、同じ韓国企業のLOTTEに売却しています。

ベトナムにおける韓国企業の草分け的な存在のDaewooグループ。
その総帥である金(キム)さんが、ベトナムでは絶大な力をお持ちのようです。

ベトナムに進出をする韓国企業は、先ずDaewooの金(キム)さんに会いに行く

そんな流れがあったと聞きます。
もうかなりの高齢でしょう。
今もハノイにお住まいと聞いています。
1度会ってみたいと私が思う人物の一人です。

では、ハノイにお住まいの方でKim Maならまず待ち合わせ場所に指定されることの多い「Daewoo Hotel」の同じ敷地に建つオフィスビルですので、大半の方はご存じだと思いますが、念の為に地図を付けて起きます。



立地はまさにKim Maエリアの真ん中です

立地はまさにKim Maエリアの真ん中です



同じ敷地にDaewoo Hotelがあります

同じ敷地にDaewoo Hotelがあります



1階の受付エントランスホールの様子

1階の受付エントランスホールの様子



昨年すぐ目の前にLOTTE CENTER HANOI(ロッテセンターハノイ)がGrand Openしました。
もう一度「LOTTE CENTER HANOI」の建物構成をご説明しますと、

  • 【1階~6階】:LOTTE Department Store(ショッピングモールです)
  • 【7階】:アメニティスペース(フィットネスジム、ゴルフ練習場、サウナ、スイミングプール、ジャグジースペース、バスケットボール場、BBQグリルスペース)
  • 【8階~31階】:オフィススペース
  • 【33階~64階】
    ・左側:サービスアパート(全258室)
    ・右側:LOTTE Hotel(全318室)
  • 【65階】:展望スペース
  • 【最上階】:アミューズメントスペース

です。
いきなりKim Maエリアに、23フロア分のオフィスと260部屋のサービスアパートが出現したことになります。
かなり高いグレードで、賃料も質に応じて「ハイグレード」です。

Kim Maエリアにこの数を埋め合わせる程の「高予算需要」があるのでしょうか。
今日本企業のベトナム進出も、一時の勢いが落ち着き、様子眺めの状態に入っているようです。
それだけに、「安かろう悪かろう」の選択から「高くても質を求める」企業様の層が確実に出てくるかと思います。

ただ、その層の数がどれくらい見込めるのか・・・です。
今の段階では何とも言えません。

そんな中、確実に質を求める層にご紹介できるオフィスが「Daeha Business Center」だと思います。
飛び抜けた家賃額ではありませんが、特徴の無い安オフィスでもありません。

歴史に裏打ちされた格式のあるオフィスビルだと思います。

では、オフィスの様子をビデオ動画にまとめましたのでご参考ください。

「Daeha Business Center」の周りの様子





Kim Ma通りを挟んで直ぐ向かえ側には日本食レストランが軒を連ねています。
ランチのお店に迷うくらいのお店の数です。

また、敷地内には先ほども申し上げましたが「Daewoo Hotel」がありますので、急な出張者の対応にも便利です。

「Daeha Business Center」最上階16階の1フロア(1.100㎡)の様子

スペースの区切りも相談にのってくれます

スペースの区切りも相談にのってくれます



JICAさんが出た後の1フロア

JICAさんが出た後の1フロア

コンクリートの打ちっ放しのスケルトンスペース「1フロアそのままの広いスペースが確保できます」

コンクリートの打ちっ放しのスケルトンスペース「1フロアそのままの広いスペースが確保できます」





この「Daeha Business Center」で一番のフロアです。
最上階の16階。元々JICAさんが入っていたフロアです。

JICAさんが出たので空いているんですね。
Kim Maエリアでまとまった1.100㎡のフロアです。
これだけでも希少価値です。
㎡単価が36ドルなので、単純に1.100㎡だと月の家賃が

39.600ドル

すごい賃料になりますが、ここは広いスペースを借りると、その分単価のディスカウントも検討してもらえます。
当たり前の話です。
1フロア借りるわけですから、スケールメリットをしっかりと交渉しないといけません。

当社にお任せ下さい。

「Daeha Business Center」標準の100㎡の区割りの様子

元のテナントが残していったガラスのパーテーションも利用したい場合は交渉できます

元のテナントが残していったガラスのパーテーションも利用したい場合は交渉できます





これが標準の切り方です。
100㎡以上というのがスタンダードなんですね。

ただ、部屋によっては小さなサイズのスペースもどうしても出て来てしまいます。
全ての区割りが計ったように100㎡に落ち着くことはあり得ません。

例えば、

50㎡ほどのスペースでも契約できます

50㎡ほどのスペースでも契約できます

50㎡ほどのスペースでも契約できます

50㎡ほどのスペースでも契約できます



こんな50㎡ほどのスペースも出てくるんです。
諦めないで当社までお問合せください。

すぐ目の前はLOTTE CENTER HANOIです

すぐ目の前はLOTTE CENTER HANOIです



Kim Maにある老舗オフィス「Daeha Business Center」と、最新鋭のグレードを誇る「LOTTE CENTER HANOI」と。
良物件とも韓国勢のランドマークビルです。
コンプライアンス遵守にがんじがらめになっている日本勢を尻目に、着実に大型物件をハノイで推し進める韓国勢のやり方に多少の不気味さを感じます。

今回Daeha Business Centerの取材を通して気がついたことは、オフィス側の「対応の良さ」です。
私は日々アパートやオフィスの取材を繰り返しています。
カメラを持って撮ろうとしても、余りに汚くて家賃の高い話になると、サイトにアップ致しません。
他にもっと良い物件がたくさんあるからです。

オフィスの取材に行くと、まず担当者が1階に降りてくるまで待つことになるのですが、その間の受付カウンターの女性の対応や守衛さんの働きぶりなど待ちながら観察します。
まるで仕事をする気のないダラダラの様子だと、写真だけ撮ってそのまま帰ることも良くあるんです。
一階受付がだらしないオフィスは、総じて汚れてパッとしない物件が多いのは、不思議と符合します。

今回の「Daeha Business Center」の担当者は完璧な対応でした。
若い男性でしたが、Hongちゃんを通して聞く全ての質問に、期待通りの回答でした。
複数社のベトナム企業で運営されているようですが、その中に実績のある不動産会社もはいっているようです。

長年Daewooグループと株式を持ち合って運営してきたベトナム企業も引き続き経営に参画しています。
積み重ねてきたノウハウは途切れること無く維持されているようです。

Kim Maエリアでランドマーク的なオフィスを求めている企業様。
「Daeha Business Center」は確実にその候補の一つに入れて頂いても良い物件だと思います。

いかがでしょうか。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: オフィス物件詳細   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*