小さな通りの小さなカフェ「トンボ館」で、バイオリン生演奏を楽しみました

ハノイリビングの佐々木です。

ベトナム人の知り合いのお子さんが1歳になりました。
これに合わせて誕生パーティをやるとのことで、招待されました。

ベトナムでは、子どもの1歳の誕生日を盛大に祝うそうです。
伝統的な祝い方というのがあるかもしれませんが、今回はカフェで親しい仲間内だけでのラフなパーティが行われました。

カフェの名前が、「Chuon Chuon Quan」です。

ちなみに「Chuon Chuon」というのは、ベトナム語でトンボという意味です。
このカフェは、Hoi Vuという、カフェが集まる旧市街地内の小さな通りにあります。


より大きな地図で Chuon Chuon Quan を表示

入り口

暗い街に、ぽっかり浮かぶカフェ

この日は夕飯時を過ぎた夜に行きました。
静かな通りに、キラキラ光るお店がぽっかり浮かんでいます。

店の入り口を入ると、洋館が建っていました。
建物入り口前にあるレンガ敷きの庭に、テーブルとソファ、椅子が並べてあります。
これらの外の席で、お酒やお茶、食べ物を楽しんでいる人たちがいました。

短い階段を上って、建物内に入ります。
この階段の踊り場に、ちょっと気難しい顔をした、やせたおじさんが座っていました。
このおじさんの正体は、後で説明します。

建物の中は30席くらいと小さく、照明を落とした心地良い空間になっています。

建物内

カフェの内部です

外の席1

建物外の席です

外の席2

建物外にある席で、ゆっくり過ごしている人たちがいます

オーナーが写真好きなの人なんでしょうか。
壁には、風景から人物、花まで様々な写真の額が飾られていました。
コルクボードには、お客さんが貼り付けていった写真やメッセージもあります。

写真

写真とメモがたくさん貼られたボード

メニューを見ると、ワインやジュース、コーヒーなど、とくに飲み物が豊富でした。
今回頼んだのは、「ムーンライト」というコーヒーと、アボカドスムージーです。
調子に乗って、2つも頼みました。

アボカドスムージー、聞いただけでちょっと油っぽそうです。
アボカドの青っぽい味を想像してしまいます。

でも飲んでみたら、それほどでもありませんでした。
とういか、アボカドの味がしません。

どろっとしていて、甘くて、どちらかというとカスタードクリームを飲んでいるようでした。
どうしてこの味になるのか、よく分かりません。
ベトナム人が大好きな練乳を入れたのかもしれません。

飲み物

アボカドスムージー(左)と、ムーンライト(右)

「ムーンライト」は、濃いベトナムコーヒーの上にバニラアイスと生クリームが入った飲み物でした。
ベトナムコーヒーは苦いですが、バニラと生クリームの甘さで中和されます。
気になったのは、

「なぜこれがムーンライト?」

ということです。

暗闇(コーヒー)の中で、月(アイスクリームや生クリーム)が白く光っているからでしょうか。

などと、1人考えていたら、どこからともなくバイオリンの音が・・・。
ギターの音も聞こえてきます。
なにやら、音楽を演奏しようとしているようです。

音出し、音合わせをしているのかもしれません。
まだ音楽らしい音楽にはなっていません。

興味津々で音の方に行ってみたら、さっき階段の踊り場で気難しい顔で座っていたおじさんが、バイオリンを弾いていました。
そう、このおじさんはバイオリンの演奏者だったんです。
それにしても、

「強弱つけすぎ」

と突っ込みを入れたくなるほど、音が急に大きくなったり、小さくなったりしています。

「まぁ、これは調音してるだけだから・・・」

と自分に言い聞かせ、そのまま聞いていたら、始まりました、演奏が。
曲名は分かりませんが、クラシックのようなゆったりした曲で、なかなか雰囲気が良いです。

演奏

階段の踊り場で、バイオリンとギターを演奏

これがまた、そんなに上手ではありません(笑)。

音楽のことはよく分かりませんが、そんな私が聞いても、決して上手とは言えないレベルです。
音が波打っているというか、なんというか・・・。

でも、生演奏っていいもんです。
音に迫力があります。
そして、この上手とは言えない演奏も、聴いていると「味わい」になってくるから不思議なもんです。
ひっそりしたお店の雰囲気にはよく合いました。

バイオリンのおじさんですが、気難しい顔は崩さずに楽しい曲も演奏するからすごいです。
私や他の外国人が彼の写真を撮って盛り上がっていると、椅子から立ち上がって演奏してくれます。

「俺を撮れ!」

とのアピールでしょうか。
しつこいようですが、顔は気難しいのに、なかなかショーマンシップのある方です。

ところで今回のパーティには、色々な職業のベトナム人が集まっていたのも、演奏と同じくらい楽しむことができた点でした。

ITエンジニア、ベトナム航空社員、公安、内装屋、学生・・・職業が多様です。

誕生日1

誕生パーティの飾りつけ

ナフキン

トンボ模様のナプキン入れ

誕生日2

かわいい誕生ケーキです

中でも公安の人は、興味深い人でした。

彼は、公安を教育する教師するトレーニングセンターで教えている先生なんだそうです。
つまり、公安を教育する先生の、そのまた先生です。
そういう職業があるんだそうです。

大の日本びいきで、毎日NHK Worldを見ているそうです。
ここで見る日本の制度や文化、人々の振る舞いを見て、教育水準の高さを感じているとのこと。

「まだ日本には行ったことはないけれど、いつか行って教育の現場を見たい」

と、前のめりで言われました。
そんな風に熱心に出られると、ハノイにいる日本人として、私も背筋が伸びる思いでした。

普段なかなか話せない人たちと、こうしてラフに話せるというのは良い経験でした。
気付いたら、知り合いの子の1歳の誕生会というのを忘れて、話と食事と音楽に没頭していました。
1歳になったばかりのお子さん、ごめんなさい(笑)。

以下、Chuon Chuon Quanの概要です。

Chuon Chuon Quan
・住所:5 Hoi Vu, Hoan Kiem, Hanoi
・電話:04-2248-7888

気難しい顔のおじさんによるバイオリン演奏は、20時くらいから始まります。
休日前の夜を楽しみたい方にはうってつけです。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


佐々木

佐々木 の紹介

は じめまして。佐々木(ささき)です。「ハノイリビング」で、皆様のお住まい探しから入居後のサポートまでの窓口対応を請け負っています。 日々の家事のか たわら、「ハノイリビング」で仕事をこなす働く主婦です。海外滞在はベトナムで2カ国目。他国では単身滞在を経験しました。時に単身者、時 に主婦、時に 会社員の目線で、ハノイの生活情報やお部屋情報を発信していきます。単身赴任の方からご家族でお住まいになる方まで、どうぞお気軽にお問い合 わせくださ い。
カテゴリー: スタッフレポート   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*