ここでしか見られない作品も・・・ハノイの特化した映画館をご紹介します

大型ショッピングモールや、大通りなどでは、映画館をよく見かけますよね。

ベトナムでは、映画が広い年齢層で娯楽として定着しているとはいえず、映画館に行っても、若者が観客のほとんどを占めているのが分かります。
確かに、館内の派手な造りといい、作品ラインアップといい、若者向けといえます。
これらの映画館は、外国資本による多店舗展開のものも結構多いんです。

でもベトナムも負けていません。
映画好きや、若者以外を楽しませる映画館も、いくつか登場しています。
今回は地元ベトナムによる、付加価値の高い特化した映画館3カ所をご紹介します。

最初にご紹介するのが、National Cinema Centerです。
国立映画センターというと、かたいイメージがありますね。

「白黒の名画ばかりやってそう」

そう思いますが、最新のベトナム映画からハリウッド映画まで上映しています。
常に20本近くは上映しているでしょうか。

他の映画館

国立映画センターの適当な写真がなく、まったく関係ない映画館の写真を入れました

ハリウッド大作は3D上映もしますし、タイや韓国、ロシアなどの映画も上映。
アニメーションも見られますよ。
もちろん、英語圏以外の映画は英語字幕付きです。

じつはこれらの映画は、街にある通常の映画館でも上映しているものなんです。

でも街の映画館は利益を考えたラインアップになっているため、自社と関係のある作品や話題作などに偏ることが多いんですね。
ここは今上映できる映画を、まんべんなく見られるのが良い点です。
とくにベトナム映画が充実しているのはうれしいところです。

以下は料金です。

■2D
・月曜日~木曜日までの12時まで
40,000ドン(VIP席:50,000ドン)
・月曜日~木曜日までの12時~17時
45,000ドン(VIP席:55,000ドン)
・月曜日~木曜日までの17時~
55,000ドン(VIP席:65,000ドン)

・金曜日~日曜日・祝日の12時まで
55,000ドン(VIP席:65,000ドン)
・金曜日~日曜日・祝日の12時~17時
55,000ドン(VIP席:65,000ドン)
・金曜日~日曜日・祝日の17時~
65,000ドン(VIP席:75,000ドン)

■3D
・月曜日~木曜日までの12時まで
60,000ドン(VIP席:80,000ドン)
・月曜日~木曜日までの12時~17時
70,000ドン(VIP席:90,000ドン)
・月曜日~木曜日までの17時~
90,000ドン(VIP席:110,000ドン)

・金曜日~日曜日・祝日の12時まで
80,000ドン(VIP席:100,000ドン)
・金曜日~日曜日・祝日の12時~17時
90,000ドン(VIP席:110,000ドン)
・金曜日~日曜日・祝日の17時~
110,000ドン(VIP席:130,000ドン)

次にご紹介するのは、アニメーション専用映画館「Thanh Giong」です。
アニメーションというと、日本では大人も見られる作品も含んだ意味合いになりますが、ここはお子様専用です。

アニメ館

「Thainh Giong」外観です

10分程度の短い作品を、6本ほど見る構成です。
それで1時間ですね。
お子様の場合、長すぎると飽きてしまうので、これで十分だと思います。

ベトナムのアニメだけを上映しており、字幕はつきません。
ベトナム語が分からないと詳しい内容までは理解できないんですが、でも言いたいことはだいたい分かります。

というのは、内容は道徳的な内容や勧善懲悪ものなどで、教訓が込められたアニメーションばかりなんですね。
ですので、私には正直ちょっと退屈でした(笑)

アニメ作品

「Thainh Giong」の上映作品ポスター。色鮮やかですね

ただ、ほとんどがCG作品で、キラキラした色彩が目にとても鮮やかなんです。
日本にはちょっとない色彩感覚ですね。
絵柄を見ていると、こうしたベトナム人の色彩感覚が感じられて面白いです。

上映時間は、土曜日と日曜日の10時30分~11時30分時と、16時~17時。
チケットは30,000ドン(お子様は15,000ドン)です。

チケットは、映画館の中で買うのではありません。
上の写真の映画館入口のすぐ左にある映画ショップで買います。
上映時間の張り紙をしているお店です。
ここでアニメーションのDVDも販売していますよ。

ケーブルテレビを見ると、ベトナムよりも外国のアニメーションが多く放送されていると思いませんか?

確かに面白さだけで言えば外国のアニメーションが上回っているかもしれません。
しかし、やはりベトナムもコンテンツを発展させていかないと外国に負けっぱなしですね。
そうした意味でも、アニメ専用劇場のオープンは画期的なのではないでしょうか。
ここはアニメーション制作会社にがんばってほしいところです。

最後にご紹介するのは、Hanoi Cinemathequeです。
これはHoan Kiem湖の近くにある、小さな映画館です。

上映作品は、ハリウッドあたりの超大作とは無縁の小規模な、しかし優れた映画です。
日本でも単館系として、小さな映画館でのみ上映されているような作品がありますよね。
そのようなイメージです。

世界各国の優れた映画は、ハノイではここだけでしか見られません。
もちろん、非英語圏の映画は、英語字幕がつきますよ。

シネマテーク

シネマテークのチケット売り場。昔の映画ポスターなどが展示されています

Hanoi Cinemathequeは非営利団体が設立したもので、映画好きのボランティアにより運営されています。

カフェ

Hanoi Cinematheaque前のカフェです

上映時間は、曜日や作品によっても異なるようです。
通常は19時(もしくは19時30分)からと21時からです。
土日は15時からの上映もあります。

料金というか、寄付という扱いのようですが、60,000ドンで見られます。
映画館の外にはバーもあり、カクテルなども楽しめますよ。

ちなみにここ、Hoan Kiam湖近くと位置は中心部ですが、かなり奥まったところにあるので、最初は迷うかもしれません。
なぜあんなところに作ったのかはわかりませんが、こうした隠れ家のような雰囲気も、あわせて含め楽しめるところです。

ここで、Cinemathequeまでの道のりを、写真で紹介しておきますね。

道順1

道順1:大通りに面した、この通りに入っていきます

道順2

道順2:長い駐輪場の通りを直進します

道順3

道順3:駐輪場通りを出ると、民家が並ぶ地帯に出ます

道順4

道順4:民家の向かい側、右側を見ると、Cinemateaqueがあります















3つの映画館の位置をご確認ください。


より大きな地図で ベトナムの特化した映画館 を表示

ベトナム人の映画愛が感じられる3つの映画館。
暑い休日、涼しいところでのんびりしたい時、お子様と一緒にお出かけした時、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


佐々木

佐々木 の紹介

は じめまして。佐々木(ささき)です。「ハノイリビング」で、皆様のお住まい探しから入居後のサポートまでの窓口対応を請け負っています。 日々の家事のか たわら、「ハノイリビング」で仕事をこなす働く主婦です。海外滞在はベトナムで2カ国目。他国では単身滞在を経験しました。時に単身者、時 に主婦、時に 会社員の目線で、ハノイの生活情報やお部屋情報を発信していきます。単身赴任の方からご家族でお住まいになる方まで、どうぞお気軽にお問い合 わせくださ い。
カテゴリー: スタッフレポート   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*