タイ湖東岸エリアにある「質の高い1bedroom」を1.500ドルの予算で!

「Fraser Suites」内にできた日本食材店「えにし」

「Fraser Suites」内にできた日本食材店「えにし」



「Fraser Suites」内にできた日本食材店「えにし」の店内風景2

「Fraser Suites」内にできた日本食材店「えにし」の店内風景2

「Fraser Suites」内にできた日本食材店「えにし」の店内風景

「Fraser Suites」内にできた日本食材店「えにし」の店内風景



タイ湖の東岸で一番質の高いサービスアパートと言えば、おそらく「Fraser Suites」が筆頭としてあがってくるでしょう。
日本人入居率も30%台をキープしており、各国の精鋭ビジネスマン達が集う最高級レジデンスです。

この「Fraser Suites」の敷地の中に「日本食材店」が誕生しました
名前を「えにし」といいます。
冒頭の写真をみていただければわかりますが、通常の日本のコンビニにおいてあるような品揃えです。
インスタント系のものから調味料類、麺類、また日本のビール類におつまみなど・・・
2階のFiviMartに加えて、ちょうど日本食の品揃えを強化してくれたような形です。
やはり率的に一番多いのが日本人ですので、日本贔屓なショップ計画を進めてくれるんですね。
疲れてレジデンスに戻ったとき、その敷地内に日本食材が豊富なコンビニがあれば・・・便利ですよね。

さて、この「Fraser Suites」が位置するタイ湖の東岸エリア。
このエリアはハノイでも1級のレジデンスが立ち並ぶ高級色強い地域です。

今ご紹介した「Fraser Suites」でもStudio(1ルーム)タイプ(40㎡)で2.200ドル、「Sedona Suites」で1ベッドルーム(60㎡前後)で2.400ドル。
多少安いかなと思われる「The Golden Lodge(ゴールデンロッジ)」はStudio(1ルーム)タイプ(40㎡)で1.200ドルくらいの部屋もありますが・・・残念ながら今立て替えの真っ最中で契約できません。

The Golden Lodge(ゴールデンロッジ)のような、比較的安くて新しいサービスアパートは・・・有るには有ります。
最近出来てきたような、新しい小さなサービスアパートですね。
よくちらほら見かけます。

しかし・・・ほとんどお勧めできるものはありません。
こんな言い方をして良いのかわかりませんが、貸家業を理解していないオーナーが大半です。

以前日本人のお客様からお問合せをいただいたのですが・・・その内容は「今のアパートを解約したい」でした。
その方は、タイ湖東岸にある新しい小さいサービスアパートを契約したのですが・・・「オーナーが害虫駆除をしてくれない」というんです。
苦情を言う度に殺虫剤でさぁーっと吹きかけて終わり(泣)。
害虫駆除を業者に依頼するなど、そんなお金の掛かることはやりたがらない訳です。

また別のオーナーは、電話問合せをしたときにオーナーが回答した家賃が、いざお客様をご案内した後、契約の直前になって・・・急に100ドルほど平気で上げてきます。
「貸家サービス」より「貸家収益」しか頭に無いオーナー・・・

こんな「成金オーナー」が山ほどいます。
大体こんな個人オーナーは、お金にモノを言わせて小規模なサービスアパートを建てた後、一番良い条件の部屋を家族で独占します。

こういう「なんちゃってオーナー」とは、あまり一緒に仕事をしたくありません。

今回の稿のタイトルにもありますが、

  • 「なんちゃって」ではなく
  • しっかりとしたサービスアパートで
  • 単身者が安心して住める1ベッドルームで
  • 家賃が1.500ドルくらいに収まる物件

こんなお問い合わせは日々たくさんいただきます。
しかしエリアが「タイ湖東岸で」となると・・・なかなか難しいんですね。
予算が2.000ドルを超えてもよければ・・・ご紹介は簡単です。

単身者あるいはご夫婦の方々は、Hoan Kiem(ホアンキエム)区やHai Ba Trung(ハイバーチュン)区、またはKim Maエリアなどに集中しています。
とても便利ですからね。
しかし、街中の喧噪、オートバイの粉塵・・・こういう環境を良しとしない方もおられます。

  • ご年配のご夫婦連れ
  • 後ほどご家族が合流してくる単身者様

こういった方々は、年齢的なものから、あるいは後で家族がやってくる前に先に住んでみて、環境に慣れておく・・・という目的から、静かなタイ湖の東岸を選ばれるケースが多いんです。
中には、

「あのー、私は田舎育ちですので、ハノイのごちゃごちゃしたところには住めないんです」

と言われる若い方もおられます(笑)

今回は2物件、ハノイの人気エリア「タイ湖東岸」にある「質の高い1ベッドルームで1.500ドルくらいのサービスアパート」をご紹介します。
探せばあるんですね。
ご紹介するのは、次の2物件です。

「Oriental Palace(オリエンタルパレス)」も「Skyline Tower(スカイラインタワー)」も共にタイ湖東岸に位置するサービスアパートです。
日本人も今までたくさん受け入れてきました。
双方とも独特の個性が感じられ、安心してお勧めできるレジデンスです。

まずは場所からお確かめください。


より大きな地図で 「Oriental Palace(オリエンタルパレス)」と「Skyline Tower(スカイラインタワー)」 を表示

タイ湖に沿って北上してシプチャーの横を抜けてノイバイ国際空港やタンロンⅠ工業団地へのアクセスも問題ありません。
また、ホン川(紅河)を東に抜けて5号線に出て東方面の工業団地へのアクセスも問題ありません。

絶妙の立地です。

では、順にご紹介していきます。

Oriental Palace(オリエンタルパレス)のStudio(1ルーム)タイプ40㎡:1.500ドル

この1.500ドルに含まれるサービスは以下の通りです

  1. 税金
  2. 管理費
  3. ハウスキーピングサービス(週7日の掃除、お皿洗い;洗濯はつきません)
  4. 毎月の電気代(130ドル~180ドルまで。Studioタイプの場合80ドルまで)
  5. インターネット使用料(いくら使用しても金額が変わらない固定制です)
  6. ケーブルテレビ視聴料
  7. 日本番組視聴料(1CH:NHKプレミアム)
  8. 水道料金
  9. 24時間セキュリティ対応
  10. 市内シャトルバスサービス
  11. プール、フィットネスジム、サウナ、ビリヤード台使用料

静かさが最大の「売り」のオリエンタルパレスの敷地内

静かさが最大の「売り」のオリエンタルパレスの敷地内

敷地内にはプールやフィットネスジムも併設されています

敷地内にはプールやフィットネスジムも併設されています



オリエンタルパレスのStudioタイプ40㎡の室内

オリエンタルパレスのStudioタイプ40㎡の室内

正方形に近い形に大きなバルコニーがついているのでとても明るいです

正方形に近い形に大きなバルコニーがついているのでとても明るいです



もちろん網戸つきです

もちろん網戸つきです

バスタブはジャグジー

バスタブはジャグジー



バルコニーも奥行きがあり広いです

バルコニーも奥行きがあり広いです

8階の窓からみた景色「向こうにタイ湖が見えています」

8階の窓からみた景色「向こうにタイ湖が見えています」



では、室内と敷地内を撮影したビデオ動画をご参照ください。

いかがでしょうか。
確かに多少古さは否めません。
しかし、静かに落ち着いてお過ごしになりたい方、またこのエリアに住む理由のある方。
例えば・・・会社の先輩方家族が近くの「Sedona Suites」や「Fraser Suites」にお住まいで、車のピックアップの関係上あまり離れて住めない場合など。
単身者の方にとっては、都合の良い立地となりますね。

冒頭でご紹介した「Fraser Suites」にも歩いていける距離ですから、日本食材店「えにし」も当たり前ですが「徒歩圏」ですね(笑)。

「Skyline Tower(スカイラインタワー)」の1ベッドルーム54㎡:1.600ドル

この1.600ドルに含まれますサービスは以下の通りです

  1. 税金
  2. 管理費
  3. ハウスキーピング料(日曜祝日を除く毎日、リネン・タオル交換も毎日;洗濯は付きません)
  4. バイキング形式の朝食付き(月曜日から金曜日)
  5. 水道料金
  6. WIFIインターネット(High Speed Cable&Wifi)使用料
  7. 24時間セキュリティ・メンテナンス対応料金
  8. 24時間電力バックアップ対応
  9. プール、及びフィットネスジム、サウナ・ジャグジー、子供のプレイランド使用料
  10. 外線電話(ハノイ市内)使用料

Skyline受付エントランス

Skyline受付エントランス

Skyline受付エントランスの風景

Skyline受付エントランスの風景



奥の玄関からリビングまで長い廊下で仕切られています

奥の玄関からリビングまで長い廊下で仕切られています

Skylineの1ベッドルームのリビング風景

Skylineの1ベッドルームのリビング風景



キッチン機具は整っています

キッチン機具は整っています

洗濯機にウォシュレットは標準装備です

洗濯機にウォシュレットは標準装備です



このベッドが1ベッドルームの標準サイズです

このベッドが1ベッドルームの標準サイズです



では、室内と周りの様子をビデオ動画にまとめましたので、ご覧下さい。

いかがでしょうか。
周りのローカルっぽい雰囲気が何とも言えませんね(笑)。
こういうのが好きというかた、結構おられます。

あと、朝食が(ビュッフェ形式)がついています
これは単身者の方には心強いサービスだと思います。

通常この「Skyline Tower(スカイラインタワー)」の1ベッドルームは、2.000ドルの家賃です。
当社にて交渉の末、1.600ドルまで歩み寄っていただけました。

単身者様(ご夫婦)には自信を持ってお勧めできるお部屋です。

以上、タイ湖東岸エリアで単身者(ご夫婦)様向けに安心してお勧めできる、「質の高い1.500ドル近辺のお部屋」のご紹介でした。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: 特選物件詳細   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*