お客様のお金が紛失した話

カバン丸ごとなくすと・・・最悪ですね

月曜日の朝、お客様から電話が入りました。

「机の引き出しに入れていた米ドルが・・・ありません」

中国とハノイを行ったり来たりされているお客様。
アパートの主寝室にある執務机の引き出しに、中国元札と米ドル札を並べて保管していたらしいのですが、
米ドル札だけがなくなっているというんです。

洗濯物で靴下やTシャツがなくなるケースはありますが、大体は他のお客様の洗濯物から出て来たり、整理している衣服ケースの中からひょっこり出て来たり・・・
と解決する場合が大半です。

が、現金となると・・・ちょっと話は変わってきます。

詳しく話を伺うと、日曜日の早朝ゴルフコンペに出かけられる際、コンペの参加費を支払う為にドル紙幣を持ち出されました。
抜いた紙幣以外の残りのドル紙幣は、10ドル紙幣が19枚、5ドル紙幣が19枚の計285ドル。
正確に数えた紙幣を机の引き出しに戻して、出かけたそうです。

戻ってきたのはその日の夕方4時ごろ。
机の引き出しを開けると、すぐ横にある中国元紙幣を残して、285米ドル紙幣だけが跡形もなくなくなっていたというんです。

「確かにここに置いたと思うんですけどね・・」

とこんな曖昧な記憶ではなく、その日のことですし、紙幣の数まで明確に数えて出かけた間に無くなっているので、「お客様の記憶違い」などという結論でかたづけることのできる問題ではありません。
事務所で腕組みしていても埒があきませんので、スタッフと2人でお客様のアパートに駆けつけました。

お客様のアパートはKim Ma通り近くの1フロア1部屋の小規模なサービスアパートです。
いつも受付ロビーにいる守衛のおじさんに、昨日日曜日の状況を詳しく聞きました。

  • 日曜日なので、ハウスキーパーさんは来ていないこと
  • お客様のお連れ様らしき人はいないこと
  • エレベーターメンテナンスの業者は土曜日作業をしたが、当日日曜日は完全OFF状態だったこと
  • 守衛自身が常にロビーにいたわけでもなく、近くの管理アパートに行ったり来たりしていたこと・・・

部屋の鍵を持っているのは、その守衛さんとハウスキーパーさんとお客様だけです。
年はもう60歳を超えたくらいの好好爺然とした、とても優しい目をした守衛さん。
とてもお客様の部屋に入って、迷惑をかけるような感じの方ではありません。
ハウスキーパーさんもその日は日曜日で、アパートには来ておりません。

人を疑いだしたらキリがありませんね。
非常に気を遣うクレーム対応となります。

結局アパートの社長と打ち合わせをし、アパート側が全て弁償することで話が収まりました。
しかし、ここに落ち着くまでには・・・いろいろと紆余曲折がありました。

最初、アパートの社長は「被害届を出して欲しい」と言ってきたんです。
「自分たちで先ずは調査をして」という考え方ではなく、いきなり司法の手に委ねるというのもどうかと思うのですが、その根底には

「お客様側の問題ではないのか・・・」

という意識があったんだと思うんですね。

その考えも一理あるんです。
というのも、こういうケースは年に何度か経験するのですが、そのほとんどの原因は・・・

  • お客様が頻繁に連れ込んでいる女性
  • お客様が個人的に契約しているハウスキーパーさん

アパート側の「伺い知れない人物」が絡むケースが非常に多いんです。
アパート側の社長からすれば、

「またそうなんじゃないの」

と思う気持ちも分からないではありません。
しかし、身に覚えの無い今回のようなお客様にとっては・・・たまったものではありません。
おまけに「被害届を出す」と一言でいいますが、はっきり言いましてお金がかかります。
もちろん、警察署に行っても公にそんな請求があることなど、どこにも明記されていません。
要するに、「領収書のもらえない支出」が、ここでもやっぱり発生します。

じゃあ、被害届けにかかる費用って、相場はいくらくらいなのか・・・

大体、「被害額の半分」・・・これが相場です。
見つかるか見つからないか分からないのに、半分のお金を先に払わないと警察は動かない・・・
「被害届けを処理する作業代」が被害額の半分だと言われて、被害届けを出すお客様は、おそらく一人もいないと思います。

ベトナム人の方々も同じです。
パソコンを盗られる、iPhoneをカバンごとひったくられる、スクーターを盗られる・・・
しかし被害届けなど、ばかばかしくて誰もやりません。
よほど新品のスクーターか車などが無くならない限りは。

こういうケース。
オーナーの意見とお客様の意見。どちらも主張すべき言い分があります。
しかし、放っておけばお互いの溝が深まり、「文化の違い」を痛感させられる結果となるだろうと思います。
私達のような仲介業者が間に入らないと、先ず解決はしない問題です。

アパートの社長との交渉で当社が主張したことは、

  • 「被害届け」に掛かる費用の相場を分かっていながら、「先ずは被害届け」を要求し、自身のアパートの初動調査を怠った事実
  • 「再発をさせない対策」をどう打つか、その手段

この2点です。
幸いなことに、このアパートの社長はハノイ市内にたくさんのサービスアパートを経営する実力者。
当然たくさんの日本人との契約実績があります。

日本人の考え方を熟知している社長だけに、軌道修正も早かったです。
無くなったお金を同じドル紙幣で支払うことはもちろんのこと、初動対応の非を認め、毎月4本のWater Bottle(飲み水ボトル)を無償で付けるサービスも付加してくれました。
また、再発防止策として、入り口エントランスとエレベーター内に監視カメラを設置することで合意。
最終的にお客様も納得をしていただけました。

お腹が硬くなった・・・数日間でした。

「日本人向けのサービスとは何たるか」を理解しているオーナーと、そうでないオーナーと・・・
1年以上の賃貸借契約をむずばれる方が大半です。
当初の部屋の見た目は変わらなくても、住んでいくうちに、そのオーナーの考え方の違いで居心地は全く正反対になる・・・

お客様にとって防ぎようの無いこんなリスクに対して、できる限りその可能性の少ないオーナーの部屋を紹介することと、そんなオーナーのグダグダをコントロールするのも、我々仲介業者の仕事の一つだと思っています。
「気配り」でお金をいただくサービス業の最たる仕事が、不動産の仲介業だとすれば、まだまだ至らないところが多いな・・・と感じる今日この頃です。

頑張ります。

また、お客様もアパート内での現金の扱いについては充分に注意してください。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: スタッフレポート   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*