Indochina Plazaにある日系歯科「Nagomi Dental Clinic」をご紹介します

ショッピングに便利なIndochina Plazaの2階に4月15日、日系の歯科がオープンしました。

その名も「なごみデンタルクリニック」さんです。
歯医者というと、どうしても

「こわい」

というイメージが付きまといがちですが、名前からしてほっとできますね。

今回はこの、なごみデンタルクリニックさんの好意で、取材をさせていただくことになりました。

外観

なごみデンタルクリニックの入り口。明るい雰囲気で入りやすいですね

ここでは日本の歯科と同様、一般歯科から小児歯科、インプラント、歯周病予防治療、審美歯科に対応しています。

日本人は3人常駐。
歯科医師が2人、衛生士が1人です。

このほか、日本に2人の理事長がおり、月に1度、交代でいらっしゃっているようです。
歯周病、インプラントの専門医であり、経験値も高い理事長からの治療も、月1度ですが受けられるチャンスがあります。
理事長からの治療については、問い合わせてみましょう。

説明ファイル

なごみデンタルクリニックさんの料金などを説明するファイルが、待合室においてあります

ここは完全予約制ではありません。
予約なしでも行くことができるんですね。
ただ、込み具合によっては待ち時間が長い場合もあるので、やはり事前予約するのが良いと思います。

電話はもちろん、すべて日本語で受けてくれます。
ただ、ベトナム人やその他の国の外国人のお客様も多いとのこと。
チラシやクリニックの説明書は、日本語のほか、英語とベトナム語もあります。

さて、なごみデンタルクリニックさんの内部をご紹介しましょう。
アパートの案内で行きなれたIndochina Plazaでしたが、最初になごみデンタルクリニックさんを探す時には迷いました。
ホテルかエステティックサロンのような外観だからなんです。

受付

高級感ある受付です。

真っ白な壁は、白い歯を連想させて、清潔感あります。
ランプやテーブルなどの調度品も、白系で統一された内部によくマッチしています。
大柄なソファは落ち着いた茶色で、安心して身を任せられそうです。

待合室

広い待合室です

廊下

清潔感ある白がきわだつ内部です







これだけでも歯医者にいることを忘れさせてくれるのですが・・・もう少し施設面のことを説明させてください。

受付の斜め向かいにある小さな小部屋。
パウダールームなんです。

ここには使い捨て歯ブラシやコットン、綿棒、タオルなどがおいてあります。
歯医者に行く前、うっかり歯磨きを忘れてしまったり、治療後に化粧直しをしたいという場合に使えます。

パウダー室

こぢんまりとしていますが、とてもきれいなパウダールームです

パウダー室備品

パウダールームの備品です

トイレとは別個にこうした空間が設けられているのはうれしいですね。

そしてそのすぐ隣がトイレ。
ドアを開けた瞬間、

「あっ」

と驚くと思います。

トイレ

自動で開くふたが好評のトイレです


ウォシュレットのふたが、人の動きを感知して自動で開くんです。

ドアを開けた瞬間、ふたも開きます。
まるでトイレに歓迎されているような気分です。
お客様にも人気のスポットらしいですよ。

さて、治療のための部屋を紹介しましょう。

治療に先立って、カウンセリングを行います。
なごみデンタルクリニックさんでは、このカウンセリングを重視しています。

患者さんからよく話を聞いて、今どんな状態なのか、写真つきの説明書を使って説明します。
それに対しどんな治療が必要か、治療にはいくらかかるのか、すべてを説明し、納得を得てから実際の治療に進んでいます。

カウンセリング室

どっしりとした石のテーブルが存在感あるカウンセリング室です

歯の説明

カウンセリング時に使われる説明書。絵つきで分かりやすいですね







すべての価格を明らかにした表も作っていますよ。
これは待合室にも置いてあるので、患者さんが自ら確認できるんです。
いちいち聞かなくても良いのは気が楽ですね。

さて、治療室に行ってみましょう。
ここは患者さん用の椅子が2つある治療室と、1人だけの個室があります。

個室

治療室(個室)です

2人用の治療室も、椅子と椅子の間は仕切りで見えないようになっていますが、他の人に気を使いたくないという人には、だんぜん個室がお勧めです。
こちらも、壁から医療器具からすべて白で統一されていて、とても清潔感ある雰囲気です。

治療室

2人同時に治療できる治療室です

実際、なごみデンタルクリニックさんでは清潔を重視しており、これを実践しています。

とくに水です。
ベトナムの水の安心については、多くの方が不安を持っていることと思います。
とある調査の結果ですが、大腸菌が含まれる場合もあるとのこと。
水道水をそのまま使うのが、ちょっとこわくなりますね。

オゾン水機械

オゾン水を精製する機械です

なごみデンタルクリニックさんで使っているのは、単なる水道水ではありません。
「オゾン水」という水を使っています。

オゾン水というのは、オゾンが溶け込んだ水のことです。
匂いをかがせてもらうと、生臭いような、むっとするような、なんとも言えない匂いがするのですが、これが塩素の7倍もの殺菌効果を持っているんです。
口臭も消すとのこと。
しかも塩素は水の中に残りますが、オゾン水の場合は30分後くらいには酸素と水になっていくそうです。

軟水オゾン水

硬水を軟水に変える機械です

ベトナムの水は硬水ですが、オゾン水は軟水から作らなければなりません。
水をオゾン水にする時に、硬水だとミネラルがろ過装置にひっかかったりするからなんだそうです。
ということで、硬水を軟水に変える機械もあるんですよ。
これらはすべて外国からの輸入品です。

ここで作られた軟水をオゾン水にする機械に通し、殺菌効果のあるオゾン水の誕生です。

「うちにも1台あったらいいですね・・・」

今回取材を担当してくださった、院長の金村先生とつぶやき合いました。

この他にも衛生に気をつけている部分がたくさんあります。

その1つが口腔外バキュームです。
歯を削ると、細かな飛沫が飛びますよね。
これが顔にかかることもあります。
金属や血液、ウィルスなども含まれるこの飛沫で感染などしないよう、取り入れられているものです。

吸引機械拡大

口腔外バキュームです

日本の歯医者に行くと、管のようなものを口に入れて飛沫を取り除きますね。
口腔外バキュームは口の付近にかぶせるような形になっています。
そうしてあらゆる飛沫を取り除いています。

こうした装置のほかにも、空気清浄機やAEDも設置しています。
そしてスリッパは、抗菌スリッパですよ。

スリッパ

抗菌スリッパ。ここまで清潔を徹底しています

清潔・安全には、細心の注意を払っているんですね。

レントゲン装置も、2台あります。
歯を360度からパノラマ撮影できるものと、一部のみを撮影できるものです。
ここで撮られた画像は、すぐにPCに取り込まれ、治療室の画面に映し出されています。

全部用レントゲン

歯を360度パノラマ撮影できるレントゲンです

全部用レントゲン拡大

パノラマ撮影できるレントゲン機械です。ここに顔を乗せて撮影します

一部用レントゲン

歯の一部のみ撮影できるレントゲンです。突起の部分を頬に当てて撮影します

おもな治療費を紹介しましょう。

・初診料+環境整備費:50ドル+10ドル
・再診料:10ドル
・パノラマX-ray:40ドル
・デンタルX-ray:7ドル

■つめる、かぶせる
・CR充填(補償半年):65~130ドル
・インレー(セラミック E-MAX)形成、印象込み:400ドル
・一時的アクリル冠(形成、印象込み):200ドル
・オールセラミック冠(形成、印象込み):700ドル

■ホームホワイトニング:300ドル~

■インプラント(上部構造3年無料保障):1500ドル~

日本で治療するよりも、安いと思いませんか?
たとえばインプラントなどは、日本の半分くらいですね。

これはやはり、人件費の安さからくるものなんです。
日本では高すぎて、してみようとも考えなかった治療を、ここベトナムでならできると思います。

安い材料を使っているからでは、決してありません。
たとえば詰め物にしても、なごみデンタルクリニックさんでは、世界の歯科で広く使われている信頼できるものを使用しています。

「ノンメタル治療」

聞いたことがあるでしょうか。
なごみデンタルクリニックさんでは、このノンメタル治療を行っています。

金歯をはじめ、歯を治療して金属を入れている人は多いと思います。
しかし、これら金属はあまり体に良いものではないそうです。
とくに日本で昔詰め物として使われていたアマルガムには、水銀が含まれているとのこと。
そして金歯なども粗悪な金属である可能性もあり、こうしたところから金属アレルギーなど体の不調につながっていくそうです。

このノンメタル治療を受けたい方も、この機会になごみデンタルクリニックさんに行ってみると良いでしょう。

こうした治療の他に、お子様の虫歯予防に向けた定期健診プログラムも行っていますよ。
それが、「なごみキッズクラブ」です。

このクラブでは、約2カ月ごとに定期検診を受け、虫歯予防をしていくための処置を受けられます。
対象年齢は15歳まで。
入会すると受けられるサービスは、以下の通りです。

・問診
・カリエスチェック
・磨かれていない部分の染め出しと歯磨き指導
・歯のクリーニング
・歯のフッ素塗布

1度の所要時間は30分程度ですが、これらを定期的に行いつつ虫歯を予防していくんですね。

単にチェックして終わりではありません。
歯の健康ノート(3ドル)もつけています。
お子様の虫歯予防だけでなく、歯の成長記録にもなりますね。
絵入りの書き込み式ノートで、夏休みの絵日記のように楽しく記録していけそうです。

デンタルノート

なごみキッズクラブのデンタルノートです

デンタルノート中身

絵日記のように、楽しく自分の歯の状態を記録できます







このクラブの料金は、下記の通りです。

・回数券(4回分):120ドル
・回数券(6回分):150ドル

この回数券は使用期限がなく、家族や友だちと一緒に使えるという良心的なものなんですよ。
兄弟や、同じ学校の友達同士など、一緒に通えるのが良いですね。

また、企業検診も行っています。
歯科医が企業まで赴いて、歯のチェックを行ってくれますよ。
しかも初回は無料です!

金村先生によると、遠くはタンロン工業団地まで出張したとのこと。

「ベトナムに来てから、久しく歯医者に行ってない」

という人が多かったということですが、この企業検診がきっかけで、なごみデンタルクリニックさんで治療を受ける人もいるようです。

最後に、なごみデンタルクリニックさんの概要と、位置をご確認ください。

なごみデンタルクリニック
【住所】Indochina Plaza 2F (24 Xuan Thuy, Cau Giay, Hanoi)
【営業時間】9:00~13:00、14:00~18:00
【定休日】木曜、祝日
【サイト】なごみデンタルクリニック
【電話】04-3795-4261(日本語)



もともと苦手という人が多い歯科ですが、ベトナムでは言葉の問題なども絡んで、ずっと歯科に行っていない人、結構多いのではないでしょうか。

しかし今年に入って、ハノイにも日系の歯科は、さくらクリニックさんと合わせて2つになりました。
この機会に行って、歯のチェックや治療をしてみてはいかがでしょうか。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


佐々木

佐々木 の紹介

は じめまして。佐々木(ささき)です。「ハノイリビング」で、皆様のお住まい探しから入居後のサポートまでの窓口対応を請け負っています。 日々の家事のか たわら、「ハノイリビング」で仕事をこなす働く主婦です。海外滞在はベトナムで2カ国目。他国では単身滞在を経験しました。時に単身者、時 に主婦、時に 会社員の目線で、ハノイの生活情報やお部屋情報を発信していきます。単身赴任の方からご家族でお住まいになる方まで、どうぞお気軽にお問い合 わせくださ い。
カテゴリー: 医療関係   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*