これからの「ハノイリビングの不動産仲介」が目指す方向をお話しします

最近、セミナー依頼をいただく機会が増えてきました

最近、セミナー依頼をいただく機会が増えてきました



ハノイリビングの田口です。

ここ数日、何人かのお客様から連絡をいただきます。

「スタッフさん、独立されました?」

お問合せしていただくのは、私が書いてますこのブログを日々よくチェックされる方からです。
スタッフさんと言われているのは、Hongちゃんのことですね。

Hongは昨年の12月末でハノイリビングを退社致しました。
3年間よく頑張ってくれましたが、昨年結婚をし、自分の旦那の会社を手伝いたいと言ってきたので辞めていただくことになりました。

結婚した直後から、それとなくほのめかしてはいたんです、私に。
「あまり先は長くないな」そう諒解していました。
そして速やかにリクルート活動を開始し、辞める人は辞め、新たなスタッフが加わり、現在に至っています。

テト休日を挟んでここ数ヶ月、マダムHuyenさんの獅子奮迅の活躍が続いています。
Hongと時を待たずして入社してきたHuyenさんの仕事に対する生真面目さと正確さは、Hongの退職と同時に一段と私の目につくようになってきました。
難しい仕事も言えば着実にこなしてくれます。
自然とHuyenさんとやりとりする時間が増え、いつの間にか昨年末に辞めていったHongのことなど、お客様から聞かれるまでは頭から消えていました。

長く共に仕事をしていると、ペースダウンして色褪せてくるスタッフと、ずっとペースを落とさず、逆に輝きを増すスタッフといます。
前者はともかく、後者が私にとっての財産で、それがマダムHuyenさんです。

高卒で日本語検定の資格も持たないHuyenさん。
3年間日本で仕事をした経験だけ。
しかし、ここまで誠実にハノイリビングの仕事に、また私自身に向き合ってくれるベトナム人もなかなかお目にかかれない。
仕事のしやすさが際立つスタッフです。

「給料上げて欲しい」

こんな気持の微塵も出さないHuyenさんには、これからも納得の行く昇給をさせていただこうと考えています。

Huyenさんの下でクレーム対応をしているTinhちゃんも、最近顔つきが変わってきました。
1年前の入社当時は小っちゃくてかわいい女の子でしたが、この頃の彼女の眼光が鋭い・・・。
先日私に、

「田口さん、これ今日中に回答しないとお客さんから舐められる、お願いね」

と一言で私を本気モードに切り替えるコメント付きで、ややこしくなっている問題を持ってきました。
彼女が書いてよこしたメモには、私が一目で理解できるように、お客様へ説明して欲しい要点を表付きでびしーっと細かく書き込まれていました。

「これまとめるのに30分はかかったんじゃあないの」

と呼びかけると、一瞬にこっと笑い、そのまま凄い勢いでメールを打ち始めるTinhちゃん。
パソコン越しに見えるTinhちゃんの目つきには、元の眼光が戻っています。

彼女のお客様に対するクレーム対応のきめ細やかさには頭が上がりません。
その理由は、

「早くクレームを終わらせよう」

と考えて動いてくれているからです。
大学を卒業して始めての職場が、我が社ハノイリビングです。
たった1年で・・・頼りになる部下に化けてくれました。

Hongの脇をすり抜けるように、着実に成長してくれたマダムHuyenさんとTinhちゃんが、今や我が社のエースです。

ハノイリビングのエース「マダムHuyenさん」と「Tinhちゃん」

ハノイリビングのエース「マダムHuyenさん」と「Tinhちゃん」



あともう一人。
この2月で急に辞めていった日本人スタッフがいます。
1年間頑張ってくれた「花ちゃん」こと橘君です。
彼は「隣の青い芝」へ転職していきました。
健康については、彼の場合心配ないと思います。
元気に芝を刈っていただければと幸運を祈るばかりです。

ああそう、ホームページの写真を入れ替えないといけません。
辞めていったスタッフが載っています。
しかし・・・暇がありません。
そのうち切り替えますので、お間違いのないように。

当社の高給取り2人が期せずして同時期に去っていただいたことで、いきなり大型補強が可能となりました。
やりたい構想が膨らんで来ています。
そして私の構想を実現できそうな「欲しい人材」も見つけています。

今までのような「賃貸の仲介」だけでは幅広い日本からのリクエストに応えることが出来ません。

「もっとお客様が困っているコアな問題のコンサルティングを不動産仲介と絡ませて提案をしていきたい」

それには今までに無い足腰の強い、不動産経験豊富なスタッフが必要です。
しかしそれだけではダメなんです。

「ハノイリビングを儲けさせて、がっぽり給料をもらおう」

というようなガツガツした野心を秘めた人に来てもらいたい。
意識の高い人でないと勤まらないんです。
「権利」ばかり主張して「義務」を勘違いしている人では話にならない。
やっていることに進歩はないのに、給料アップのプレッシャーばかり掛けてくるスタッフなどもう要りません。
人の心を掴まないといけない営業会社で「作業」だけしているような、そんなスタッフはこちらからお断りです。

その大型補強の対象者が、私の手の届くところまで来ています。
私が三顧の礼で入社依頼を仕掛けた人。
その方は、ハノイで活躍する日本人顔負けのベトナム人ローカルスタッフです。
我々と同じ不動産仲介業で長年働く秀才です。

入社意志を固めてくれていますが、何せ所属会社が手放さない。
出来る人材ほど、招き入れるのに手間暇が掛かります。
なにせそのスタッフ一人で、ほぼその会社利益の半分以上をたたき出す辣腕さです。
経営側が簡単に手放す訳がありません。

しかし、入社していただきます。
近日中に皆様にお目に掛ける日がくるかと思います。
間違い無く、ハノイリビングのリーサルウエポンになってくれるでしょう。
お楽しみに。

「賃貸」の瞬発力から「コンサル」の総合力へ、ギアチェンジしていきます

「賃貸」の瞬発力から「コンサル」の総合力へ、ギアチェンジしていきます



何度か使わせていただいた写真で恐縮です。
昨年カルティベートトークでお話しをさせていただいた時の、私のアップ写真です。
頭のハゲが目立たないので、気に入っています。

私は日本商工会(JBAV)生活環境部会に参加させていただいております。
10年以上の赴任歴を持つ方々が中心の部会に赴任5年弱、若輩者の私が大したお手伝いもできず、席を連ねております。

そんな中、LOGITEM VIETNAM(ロジテムベトナム)の渡邉社長からこの度ホテルニッコーハノイでのセミナー講師を仰せつかりました。
ベトナムハノイに赴任されたばかりの方々対象の生活セミナーだそうです。
少しでもお役に立てるのなら、とお引き受けした次第です。
少々気恥ずかしいのですが、日本商工会からの告知メールの内容をそのままご紹介しておきます。

  • 【セミナータイトル】ベトナム生活セミナー
  • 【主催】JBAV生活環境部会・生活サポート委員会
  • 【日時】2016年3月23日(水)15:00~17:30(受付 14:30~)
  • 【場所】ホテルニッコーハノイ 2階「FUJI」
  • 【参加費】無料
  • 【講演プログラム】(予定)
    ・14:30 受付開始
    ・15:00~16:00 第一部:「ベトナム生活情報 ~これであなたもベトナム通?~」
    ・三井住友銀行ハノイ支店・情報ネットワーキング課課長 / 松家様
    ・16:00~16:10 質疑応答
    ・16:10~16:20 休憩
    ・16:20~17:20 第二部:「ベトナムハノイで快適に住まう為に ~後悔しないアパート選びのポイント~」
    ・ハノイリビング / 田口様
    ・17:20~17:30 質疑応答

テト休みの静かな間に、この原稿を作り上げようと考えていたのですが・・・
親父が亡くなり、日本で喪主をして帰ってきたと同時に「繁忙期」の荒波に揉まれております。

焦ってきておりますが・・・頑張ります。

ハノイ業者会の忘年会にて

ハノイ業者会の忘年会にて



ほんのささやかな息抜きです(笑)。
余りに気分がよくなり、思わず隣にいた他社さんのローカルスタッフのほっぺにチューをしてしまった瞬間の写真です。

さて、これからのハノイでの不動産仲介業について、私共もそうですが、「ハノイ業者会」に集まる名だたるメンバーの皆様も一様に思案されていることと思います。
特段日本人が急増している訳でもありません。
日系企業が大挙してベトナムに上陸しているのかと言われれば、一時のような勢いはありません。

その限られた「パイ」を我々不動産仲介業者が奪い合ったところでたかが知れています。
ローカルの不動産仲介業者は、雨後の竹の子のようにポコポコと登場してきますが、元から走っている我々日系業者は、その先を行かないといけません。

4年半、ここベトナムハノイで不動産仲介の仕事をしてきて思うことがあります。

それはお客様からのお問合せの間口をもっと広げないといけない・・・ということです。
アパートやオフィスの問合せをされる日系企業のスタッフ様は、その前にもっと大きな壁と戦っているはずです。

  • 果たしてベトナムに進出することは正解なのか
  • ベトナムのこの企業に投資をするつもりだけど、騙されはしないか
  • ベトナム人を社長に見立てた合弁でサービス業をしたいが、パートナー選びはどうすればいいのか

ベトナムに進出は決めたとしても、その先いろんな不安との格闘が待っています。
先ず駐在員事務所の設立から始めようと思っても、どこに、どういう方法で、誰をパートナーと決めて前に進めばいいのか、アドバイスを求める企業様が山のようにいるはずです。

日本に居るコンサルさんのアドバイスより、ベトナムという現場で長く進出企業様と苦労をともにしているコンサルのアドバイスの方が、間違い無く的を得たぶれないノウハウが聞けると思うんです。
これらの問題が全てクリアになってから、

「アパート、オフィス探してください」

となります。

  1. 先にベトナム行きのきっかけがあり
  2. 地道な調査を繰り返し
  3. その結果を待って経営判断が下り
  4. それから具体的なオフィス、工場の選定に入り
  5. 最後にスタッフのアパートを決める

という流れになるはずですね。
私共は、この「地道な調査」段階から皆様のお手伝いをさせていただきたいと考えています。
最近この手の問合せが、実は増えてきています。

  • ベトナムで建て売りをしたいが開発可能な土地を紹介して欲しい
  • ベトナムで日系幼稚園を設立したいが、場所の選定と許認可手続きをセットでお願いしたい
  • 日本語教育の為の教室を開きたいが物件選定と設立に必要な公安との交渉をお願いしたい

これらはほんの一部の問合せ例です。
お客様とすればより深く、早く、確実にベトナムの市場を攻める為にはどうすれば良いのか。
まさに火を噴くような勢いでお願いされるケースが増えてきました。

「受ける我々不動産仲介業者も、実力を付けないとお客様をサポートすることができない」

こう考えた末、今までお世話になったコンサルを解約し、ベトナムで長い期間「裏に表に」縦横無尽に活躍されてきたプロのコンサル集団と契約を交わしました。
私一人の頭ではとても解決できないことでも、数多くの事例を蓄積された今回の契約コンサルさんのノウハウがあれば、対応はできます。

お客様へのコンサルティングには、ベトナムの裏を熟知した優秀な弁護士さんが必要です。
ところがベトナムの弁護士さんの80%は「離婚訴訟」を得意とする小金稼ぎのなんちゃって弁護士ばかりです。
一度ある「土地取り引き」の仲介をさせていただいた時、契約書作成を依頼した「弁護士もどき」がいましたが、畳みかけてくるお客様の質問にタイムリーに答えを出すことができず、しっぽを巻いて退散していきました。
しかし退散時には、目が飛び出るほどの報酬を請求してくる。
成果らしきものも残せていないのに、です。
この手の「やから弁護士」が何と多いことか。

私共が契約したコンサルは、おそらくベトナムでも1、2を争う「不動産取引」に強い弁護士を有するコンサルファームです。
しかも「郷に入れば郷に従え」を実践できる柔軟な頭を持ったグループです。
もう何度となく打ち合わせをさせていただきましたが、問題の核心を抉るような、爽快な解決策を短時間で出してくれます。

皆様からの難解なご質問にも対応できる自信があります。

  • これからベトナムに進出しようと検討されている企業様
  • また、小さなレストランや店舗を展開していこうと考えているサービス業のオーナー様
  • ベトナムの企業と合弁から始まりM&Aまで進めて行きたいと考えておられる企業様

まずはお問合せください。
投資対象会社の事業調査BDD(ビジネス・デューデリジェンス)、及び不動産投資の物件選定とその善し悪しについて、ベトナムで一番正確な判断をご提供させていただける自信があります。

皆様のベトナム投資プロジェクトの一番近くで併走できるサービス会社でありたい

今の私の率直な気持です。
頑張ります。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: スタッフレポート   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

これからの「ハノイリビングの不動産仲介」が目指す方向をお話しします への1件のコメント

  1. ピンバック: ベトナム生活セミナーでスタッフがお話ししました | 不動産の売買、ベトナム・ハノイでの賃貸管理業、海外進出支援コンサルティング、旅行代理店の大和コーポレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*