日本食レストラン「匠(TAKUMI)」のC定食が、とにかくクセになるお話

匠(TAKUMI)のC定食「塩ラーメンがインスタントチックでとても美味しい」

匠(TAKUMI)のC定食「塩ラーメンがインスタントチックでとても美味しい」



ハノイリビングの田口です。

土曜日の週末。
今日は一撃で終わるお話。
皆様にとって「毒にも薬にもならん」ネタです。
最初に断っておきます。

昨日までイオンモールロンビエンのすぐ近くにある「British International School Hanoi」の記事を書いておりました。
はい、とっても時間が掛かってしまいました。

そもそも学校情報を皆さんにお伝えするときは、相当な時間と気合いがないと仕上がりません。
もちろん、学校側のご意向もありますし、伏せなければいけないこともある。
間違ってはご迷惑が掛かります。

簡単に書けるものではありません。

正面から取材をお願いし、校長先生の許可を得て校内の撮影をさせていただくんです。
その結果の記事ですから、適当なご紹介はできません。
しかも皆さん、出来上がりを期待してお待ちになられています。
プレッシャーがじわっと押し寄せてきます。

・・・ようやく昨晩「脱稿」しました。
気が付けば夜中の3時。

「燃えたよ・・・まっ白に・・・燃えつきた・・・まっ白な灰に・・・」

「あしたのジョー」ではそのまま息を引き取りますが、私はこめかみを押さえながら、そのままベッドへダイブ。
死んだように眠りにつきました。
そして翌朝、目の下に黒々としたクマを残し会社へ。
今は夜の8時、私一人会社に居残りです。
空きっ腹を抱えて「これからどうするか」・・・考えています。

「記事を書くか、家に帰ってレトルトカレーを食べて寝るか、ふんぱつしてKIROKUで一人鍋をするか」

ずっと悩んでいます。
で、結局記事を書くことに。
しかし、記事を書くにしても昨日の今日なので、「入り組んだお話」は書けそうにありません。

ちょっとしんどい・・・

書くなら一瞬のうちに書けるネタ、そうでないと空き腹が鳴ってどうしようもありません。
腕組みをして考えました。

浮かんできたのは、なぜか「ベテラン新人、山ちゃん」と今日昼に食べに行った、「匠(TAKUMI)のC定食」でした。

山ちゃん絶賛です。
美食を追い求める中年オヤジ。
と言っても私とほとんど歳は変わりません。

歳と共にあっさり味に傾くものなのですが・・・
しかし彼の場合、揚げ物であろうが肉であろうが、はたまたスイーツであろうが関係無く、「美味いモノへのこだわり」だけは衰えを知りません。

「唐揚げ?ニンニク芽と肉の炒め物?そんな脂っこいモン・・・もう食えんよ」

私が言うと、

「じゃあ、匠のC定食がある」

ということで早速行ってきました。
出てきたC定食が冒頭の写真です。

  • 塩ラーメン
  • 餃子3個
  • チャーハン
  • デザート(リンゴ)にコーヒー

締めて150,000VND(約820円)。
味はどうか・・・

「山ちゃん、普通塩ラーメンってどうやって出汁取るの?」

料理レシピに何故だか詳しい山ちゃんに、C定食の塩ラーメンをすすりながら尋ねると、

「まあ、普通『岩塩』入れたり『ニンニク』入れたり『本だし』入れたりするんだけど・・・まあ完璧人工調味料だなこりゃ」

はい、とってもインスタントな味。
確かに塩胡椒が利きすぎな感じもしますが、しかしはっきりと分かり易い塩ラーメンの味です。

「とにかく塩ラーメンの味はするでしょ、私レシピ、ネットで必死に調べて作っちゃいましたよ」

オーナー兼料理人のBinh(ビン)ちゃんが、頭をかきかき笑いながら出してきたような味。
でも、美味いんです。
要するに、

「塩ラーメンを意識して強調するとこんな味になる」

という感じです。

何となくまた食べに来てしまいそうな、ちょっとクセになる味。
現に山ちゃんはクセになっている口です。

もちろん、家で自分で作る「サッポロ一番塩ラーメン」よりも格段に美味い、それはあたりまえ。
Binh(ビン)ちゃんの隠れた自信作です。

匠(TAKUMI)のBinhちゃんに敬意を表して、連絡先と場所をお知らせしておきます。

  • 【お店の名前】匠(TAKUMI)
  • 【住所】119B Bui Thi Xuan Str,Hai Ba Trung Dist,Hanoi
  • 【連絡先】オーナーシェフBinh(ビン)ちゃんは携帯番号へ
    ・電話:04-6272-5858
    ・携帯電話:097-812-9108(日本語OK)
  • 【営業時間】
    ・10:30〜14:00
    ・17:00〜24:00
  • 【おすすめメニュー】ランチはC定食、お好み焼きが絶品!
    ※隠れメニューで「炙りサーモン寿司」が逸品!

では、位置を次のGoogle Mapでご確認ください。
Vincom Centerまで徒歩7分くらいの距離です。



この匠(TAKUMI)。
オーナー兼料理人はBinh(ビン)ちゃんというベトナム人。

彼は元々「蔵(くら)」という日本食レストランで包丁を振るっていたのですが、ちょうど独立を考えていたとき、その「蔵」が店じまいになりました。
一念発起して今の「匠(TAKUMI)」をOpenさせたんです。
コツコツお金を貯めていたんですね。
偉いベトナム人さんです。

日本人が腕を振るうお店が割拠する日本人街「Bui Thi Xuan通り」。
そこに喧嘩を売るように勝負を挑んだBinhちゃん、今は飛ぶ鳥も落とす繁盛店になりました。

どのメニューもそこそこな味を出すんです。
特にお好み焼きなどは、軟らかくて美味いんです。
2階は全室個室でゆったりとくつろげます。

その辺の日本レストランより小気味の良い料理を出してくれます。
近くの老舗店の日本人オーナーが、更けて食べに来るのは、Binhちゃんのこの「匠」だという噂がKim Maまで聞こえてきます。

できるベトナム人、Binhちゃんの匠(TAKUMI)、これからも使わせていただきます。

白霧島って何ですか?

白霧島って何ですか?



「白霧島?なんじゃ??」

匠の棚で発見しました。
最近山ちゃんが気になっている「白霧島」。
黒と赤は知っていますが、なんだろう?

元々は白ラベルの「霧島」だったんです

元々は白ラベルの「霧島」だったんです

中国から引っ張ってきたには、量が多すぎる。
「如何にも」という置き方。

結局何の手がかりもなくお互いスルーしてしまいました。

どうでも良い話ですからね。

※faceBookのお知り合いから頂いた情報です。

元々赤霧も黒霧も「霧島酒造」さんという会社の商品で、会社名をそのまま取った「霧島」という名前の焼酎も造っていたんです。
ただ、黒と赤が有名になってしまったので目立っていなかっただけです。

たまたまラベルが白だったので、「霧島」改め「白霧島」と名称を変えただけだとか。

ご参考まで。

「ベテラン新人、山ちゃん」のiPhoneが固まります。もう時間の問題です

「ベテラン新人、山ちゃん」のiPhoneが固まります。もう時間の問題です



山ちゃんが今日の朝から渋い顔をしています。
原因は彼のiPhone不調。

「ちょっと、電話掛けてもらえますか」

見ると画面が真っ黒。
ボタンの長押しをしても戻ってきません。

言われるままかけて見ると・・・
画面が固まったまま・・・突然出てきたのが何故か拳骨の写真。

「やばい、電話が使えない」

それはやばい、こまるよ山ちゃん・・・

電源ボタンを長押しする力具合で、なんとか画面を立ち上げる術を掴んだものの、非常に調子が悪そうです。

「iPhone8まで引っ張ろうと思っていたのに」

そりゃ無理だよ。
丸いボタンを押し込みながら、いろいろ試す山ちゃんですが・・・

「ハノイリビングローン出しても良いよ、金利負けとくから(笑)」

それどころでは無さそうです。
しかし・・・ウンともスンとも言わなくなるのも時間の問題だろうと。

眠たい頭を引きずって、なんとか昼までこぎ着け、山ちゃんと2人で匠のC定食。
たわいもない話をしながら、食べた塩ラーメンに、餃子チャーハン共々舌鼓を打たせていただきました。

私の頭の中は、この次会う「ベトナム人女性」のことでいっぱいでした。
その「ベトナム人女性」。
ひょっとするとLOTTEの1フロアを埋めるような大きな会社に成長させてくれるキーマンになるかもしれません。
会う前からいろんな問答を想定して、頭を整理しておりました。

さて、その方とは。
おそらくいずれ皆さんにもお披露目する日が来るかと思います。

ああ、その前にこの「ベテラン新人、山ちゃん」の開陳をしないとですね。
それはもう少しお待ち下さい。

以上、腹は鳴るが頭は回っていない状態で書く、今日一日の切り貼り風景でした。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: グルメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。