味・雰囲気ともに間違いなし!ホアンキエムの高級レストランをご紹介します

ハノイリビングの佐々木です。

普段は50.000VND以下で済むような、ローカルの食堂を利用することが多い私です。
しかし、友だちがわざわざ日本から遊びに来た時、大事なお客様と食事する時などは、多少高価でも味や雰囲気の良いレストランを選びます。
ローカルはローカルで楽しんでくれる人もいるのですが、がちゃがちゃ落ち着かない雰囲気の中ではじっくり会話もできません。

ということで、今回は雰囲気、味ともに満足度の高いレストランをご紹介します。
その名も「Club De L’oriental」。
ベトナム料理を、フレンチスタイルでサービスしてくれます。

最近、スタッフの誕生祝いのために利用しました。
高級すぎて手が出ないイメージでしたが、昼食のコースであれば35ドルや45ドル程度でコース料理を楽しめます。

場所は、オペラハウスや国立ベトナム歴史博物館の近くです。

位置は分かりやすいですが、入口はそれほど大きな構えではありません。
通路を奥まで入って、店内に入るような構造です。
これがまた、「特別な空間に入っていく」感覚にしてくれます。

門2

奥まったところに、入口があります

中は広々とした造りです。
インテリアは落ち着いた木目で統一され、調度品もセンス良いものでまとまっていました。
洗練された、居心地の良い空間です。
そこにテーブル席あり、カウンター席あり、好きな席でメニューを楽しめます。

店内3

調度品がおしゃれ。絵や壁も温かみのある色で統一されています

店内5

広々とした店内に、オープンキッチンも設けられています

店内4

カウンター席も用意されています

地下は、ワイン保管室のようになっており、ワインに囲まれながら食事ができるようになっています。
ここは照明を落とした空間で、夜、バーのように利用しても良さそうなくらいでした。
とても静かで穏やかな場所なんですね。

店内2

壁一面にワインが敷き詰められた地下のテーブルです

ワイン

壁にずらりと並ぶワイン。好きな人ならたまりません

私などは、この雰囲気だけでもお腹いっぱいです。
レストランにいるだけで満ち足りた気分になるのは、普段「がちゃがちゃ」した庶民食堂を利用しすぎなのでしょうか・・・。

この日は、この地下での食事となりました。

注文したコースは2種類。
約35ドル、約45ドルの、それぞれのコースです。
メインも、魚か肉かで選べますが、今回はどちらも肉にしました。

前菜からデザートまで6品が出ます。

スープ、前菜、魚、メインの肉、いためご飯、デザート。
どれも、なんともおいしいのです。

田口さんが絶賛していたスープは、酸っぱくて、ちょっと辛い、タイ料理のような味のスープでした。
レモングラスがきいていて、飲むだけでさっぱりします。
コースの最初に出てくるにふさわしいですね。

料理1

酸っぱくて、少し辛い、タイ風の赤いスープです

次に出てきた前菜は、私が一番好きなメニューとなりました。
コリコリ、ぐにゃぐにゃした、不思議な食感の野菜のサラダです。
この野菜、見た目や食感はワラビやぜんまいのような感じではありますが、水中になる野菜なのだそうです。

ベトナムのサラダって、味付けがおいしいですよね。
バリバリ食べられます。

春巻きは皮がもちもち。
市販の皮とは一味違いますよ!
力説したくなるくらい、もちもちです。

中の野菜も新鮮で、おかわりしたいくらいでしたが、ここで腹を膨らませてはメインが食べられません。
でも次に行っても、必ずオーダーすると思います。

料理2

不思議な食感の野菜(奥の皿の上にある、緑色のもの)サラダと、もちもち皮の春巻きです

だんだん盛り上がってきました。
そこで、さらに盛り上がるメニュー、カニ、エビの登場です。

これがまたおいしい。

カニもエビも、軽く衣をつけて揚げているのですが、カリカリなので殻ごと食べられます。
油っぽくありません。
Hongちゃん、昨年から新しく入ったTinhちゃん、大喜びです。
思わず、カニを追加注文しました。

料理3

かりっかりに揚げられたカニです

料理4

ぷりぷりのエビを揚げました

料理7

アヒル肉を焼いた一品。ソースにつけて食べるとおいしいです

いよいよメインのアヒル肉がやって来ました。
焼いた肉の薄切りをソースにつけて食べる皿、煮込んだ肉をオレンジ味のソースで食べる皿、やさしい味付けのゆで野菜の3種類。

アヒル肉のオレンジソースにはびっくり。
クレープにかけるような甘いソースが、意外と肉に合うんですね。
とろっとした肉も、歯ざわりなめらかです。

料理5

オレンジ色のソースが目にまぶしいです

野菜は、しいたけとチンゲンサイのような野菜の炒め煮。
散らしたピーナツが、歯ごたえも加えています。
Huyenさんが一番好きといったこのメニュー、体に良さそうです。

料理8

シンプルな味で体にも良さそうな野菜メニューです

料理9

ボリュームたっぷりの手作りプリンとフルーツ

料理6

ぱらぱらのチャーハン。アヒル肉と食べると食が進みます

最後はプリンと果物のデザートを食べて締め。
コーヒーも飲みたくなったので、ミルクコーヒーを頼みました。

濃そうなコーヒーと一緒に温めた牛乳が出てきました。

「自分でミルクを入れるスタイルか~」

ここぞとばかりに、コーヒーにミルクをたっぷり注ぎ入れました。

すると店員さんが近づいてきて、

「すみません、コーヒーの下にコンデンスミルクが沈んでいますよ」

あぁ、そういうことでしたか。
スプーンでかき回してみると、確かにありました、コンデンスミルク。
たっぷりミルクと、濃いコンデンスミルクが混ざり合い、コーヒーなのかミルクなのか、訳の分からない飲み物になってしまいました。

店内1

皿やナプキンも素敵です

最後の締めには失敗しましたが、これは私のミス。
ともかく雰囲気、味ともに堪能しました。

Club De L’oriental
・住所:22 Ton Dan, Hoan Kiem, Hanoi
・電話:04-3826-8801
・営業時間:11:00~14:00、18:00~23:00
・定休日:年中無休

ちなみに、テト(旧正月)も営業しているのか聞いてみたところ、2月15日(日)午前を除き、通常営業しているそうです。
せっかくのテト、ご馳走を食べたいのに、開いているレストランがない!となげく必要はありません。
ここならテト期間中でも無休ですよ。

家族・恋人・お客様、結婚・誕生日・記念日祝い・・・色々な人と、色々な用途で行ける、おすすめレストランです。
失敗したくない時のレストラン候補として、お勧めします。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


佐々木

佐々木 の紹介

は じめまして。佐々木(ささき)です。「ハノイリビング」で、皆様のお住まい探しから入居後のサポートまでの窓口対応を請け負っています。 日々の家事のか たわら、「ハノイリビング」で仕事をこなす働く主婦です。海外滞在はベトナムで2カ国目。他国では単身滞在を経験しました。時に単身者、時 に主婦、時に 会社員の目線で、ハノイの生活情報やお部屋情報を発信していきます。単身赴任の方からご家族でお住まいになる方まで、どうぞお気軽にお問い合 わせくださ い。
カテゴリー: グルメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*