20/52 To Ngoc Van Apt

T y p eサービスアパート
物 件 名20/52 To Ngoc Van Apt
エ リ アTay Ho(タイホー)地区
所 在 地20/52 To Ngoc Van Str, Tay Ho Dist, Hanoi
面  積75 m² ~ 180 m²(Studio、2bed、3bedの3種類です)
間 取Studioタイプ,2LDK,3LDK
設  備家具・電化製品一式、ビルトインオーブン、電子レンジ、乾燥機機能付き洗濯機、2wayエアコン(冷暖房)、Waterサーバー、IHクッキングヒーター、お湯タンク(200L)、バルコニー付き(3bedのみ)、フィットネスジム(半地下)
※電気単価は3,500VND/kwhです
竣 工 年2018年12月
家  賃667$ ~ 3,333$(税金+管理費込み)
お勧めポイント
以前「ベトナムハノイの「タイ湖東岸エリア」その魅力について」という稿で、ハノイのタイ湖東岸エリアがどうして人気があるのか、書かせていただきました。

このエリアは、日本人よりも西洋人が多く固まって住んでおり、近年はバクニンにできたSamsung(サムスン電子)の工場勤務の韓国人も増えて来ています。
まさに人種の坩堝。
特に西洋人が多いだけに、サービスアパートを提供するオーナーの考え方は、Kim Maの日本人居住区のオーナーとは全く異なります。

その違いは、アパート面積に出てきます。
ガタイの大きい西洋人家族は、先ず100㎡そこそこのアパートなどには住みません。
3階から4階建ての庭付きVillaに、国から持ってきたお気に入りの家具と一緒に生活をします。

しかし、面積が180㎡くらいになると、さすがの西洋人も虫に悩まされるVillaよりもアパートを選択する人が増えてきます。

今回ご紹介するアパートは、まさにそんな西洋人を想定したサービスアパートです。
2ベッドルーム(140㎡)が1部屋、3ベッドルーム(180㎡)が6部屋の小規模サービスアパートです。



では、先ず詳細情報をお伝えします。

  • 【物件番号】T-0014
  • 【物件名称】20/52 To Ngoc Van Apt
  • 【建物規模】8建て全室8部屋の小規模サービスアパート
    【竣工年】2018年12月
    【家賃と面積】
    ・Studio(75㎡;1部屋):667$
    ・2bed(140㎡;1部屋):1,778$
    ・3bed(180㎡;6部屋):2,333$~3,333$
  • 【家賃に含まれるサービス】
    ・税金(レッドインボイスは出ます)
    ・管理費
    ・ハウスキーピングサービス(週3回の掃除、洗濯、アイロン掛け、お皿洗い)
    ・リネン交換(ベッドシーツ、枕カバー;週1回)
    ・インターネット使用料(光インターネット;WIFI付き)
    ・Cable TV試聴料
    ・水道料金
    ・Lavieの飲み水ボトル2本
    ・半地下にあるフィットネス器具の利用料



先ず、このアパートに住むメリットは、いろんな便利なお店が固まる「To Ngoc Van通り」に位置していることです。
Kim MaエリアやHai Ba Trung(ハイバーチュン)エリアにはない独特な店構え。
住人が変わると、周りのお店の品揃えや、スーパーに並ぶ食材まで変わってきます。

ここから一番近い買物スポットは、「Syrena Shopping Center」です。
ここには、豊富なオーガニックの野菜、果物、お肉が手に入ります。
また、肌に優しい洗剤やシャンプー、世界のビール、ワインなど、その品揃えは圧巻です。





180㎡の3ベッドルームの室内写真です。
オーナーも室内の電化製品や家具に関しては、かなりの投資をしています。
それだけに自身を持った値段設定をしています。

180㎡の3ベッドルームの家賃が、2,333$から3,333$だと申し上げました。

小学校高学年以上のお子様を持つご家族連れが、良いサービスとセキュリティに守られたサービスアパートをタイ湖東岸エリアでお探しになる場合。

先ず思い浮かぶのは、Fraser SuitesSomerset West Point Hanoiになってきます。
しかし、この5つ星兼サービスアパートの家賃は、確実に4,500$を超えてきます。
とても予算には合わない。

そこで、家賃に含まれるサービスで、朝食や電気代、プール・フィットネスジム、サウナなどの利用料などをカットして交渉しても、4,000$を下回ることはできません。

そこでお客様は発想の転換を迫られます。

室内のグレード、そしてアパート全体のセキュリティを最優先にして再度物色をすることになります。
こういうお客様がたどり着くのが、今回ご紹介するサービスアパートです。





バルコニーも3ベッドルームにはつきます。
洗い場付きのバスタブは当たり前の仕様です。
また、お湯タンクは200L!
充分な容量ですね。

では、180㎡の3ベッドルームの室内風景を、次のYouTube動画でお確かめください。



いろんな国籍のお客様が契約されています。

  • 日本人ご家族
  • シンガポール人ご家族
  • アメリカ人ご家族
日本人で固まることがないのが、このエリアの特徴です。

では、3ベッドルームの他に、1階には2ベッドルーム(140㎡)、それに半地下になりますが、75㎡のStudioタイプもあります。
次のYouTube動画でお確かめください。



ベトナム人オーナーが、その資金力にモノを言わせて建てた高級サービスアパート。
そのサービスの質については、もちろんシンガポール系の5つ星ホテルを兼任するFraser Suitesのようなサービスアパートには及ばないでしょう。

私共が、日本人目線でお客様とオーナーの間に入り、サポートを致します。
お金に詰まった1,000$を切るサービスアパートオーナーと比べ、こういう仕様を創り出せるお金持ちオーナーは、サービスに対しても完全を求めます。

提供するアパートが受け入れられるように、資金をつぎ込んで対応しようとします。
少なくとも、このアパートのオーナーはこういう考えです。

一度ご覧下さい。


お問い合わせはこちら

建物の外観 入り口の様子 1階エントランスの空地部分 受付レセプション 3bedのリビング風景 180㎡の3ベッドルームのリビングダイニング ベッドルーム 横広の冷蔵庫、ビルトインのオーブンとレンジ ダイニングスペース 洗濯機と乾燥機はセパレートです 3bedにはバルコニーがつきます 2bed(140㎡)のリビングダイニング 2bedのキッチン 140㎡の2bedなのでダイニングスペースも広々です リビングの家具にはお金を掛けています 日本製の電化製品で固めてくれています 2bedのランドリースペース 200Lのお湯タンクがあるので、肩までゆったりと浸かっていただけます

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。