THE AUTHENTIC(Haseko Long Bien Residence)

T y p eサービスアパート
物 件 名THE AUTHENTIC(Haseko Long Bien Residence)
エ リ アLong Bien(ロンビエン)地区
所 在 地Land Lot marked CT1, Tu Dinh Resident Complex Project, Long Bien Ward, Long Bien District, Hanoi
面  積58.4 m² ~ 123.9 m²(Studio(58.4㎡)、1bed(59.5㎡、74 4㎡、81 3㎡)、2bed(123.9㎡))
間 取Studioタイプ,1LDK,2LDK
設  備家具・電化製品一式、ビルトインオーブン、電子レンジ、乾燥機機能付き洗濯機、2wayエアコン(冷暖房)、Waterサーバー、IHクッキングヒーター、お湯タンク(200L)、洗い場付きバスタブ、バスルームとトイレはセパレート
※停電時のBack Upシステムは100%(エアコン、エレベーター共にOK)
※電化製品はクーラーはダイキン社、IHクッキングヒーターは海外製、それ以外は全てPanasonic社の製品を採用されています
竣 工 年2017年3月
家  賃1,350$ ~ 3,000$(税金+管理費込み)
お勧めポイント
ハノイに赴任される日本の皆様の、約半数は郊外のどちらかの工業団地へ、毎日ご通勤されます。

  1. 北部ノイバイ空港方面の工業団地
  2. 南部Ha Nam(ハナム)省方面のドンバン工業団地
  3. ソンホン川を越えて東部のHai Duong方面、Bac Ninh方面に点在する工業団地
  4. 西部のThach That - Quoc Oai工業団地や、完成すればベトナム最大の工業団地になる「Hoa Lac Hi-Tech Park」
どの方面が一番移動人口が多いのか、統計データーがないので定かではありませんが、今日ご紹介させていただく「THE AUTHENTIC(Haseko Long Bien Residence)」は、ソンホン川を越えて東部方面へ通勤される方々にお勧めの日系サービスアパートです。

なぜか。

理由は、立地が「イオンモール」が建つ「ロンビエン区」。
下記につけているGoogle Mapをよく見てください。

ハノイの市街地にお住まいの方が、東部方面の工業団地へ通勤する場合、ソンホン川を越えた「ロンビエン区」は、必ず経由する通過点となります。

先ずバイクや車で混雑するハノイ市街地から川超えの「Vinh Thuy(ヴィントゥイ)橋」、「Chuong Duong橋」、「Long Bien橋」のいずれかを渡ります。
その通過する最中の道の混み具合となると・・・
それほど広い橋でもないので、必ず渋滞します。

そしてようやく橋を越えて「イオンモール」が見えてくる路線なら、同時に視野に飛び込んでくるのが、この「THE AUTHENTIC」です。

もし「THE AUTHENTIC」に住めば、朝ハノイ市街地から川を越える地点までの移動時間が先ず短縮されます。

続いて仕事終わりの帰宅時間です。

年を追うごとに増える車の台数。
車をかすめるように群がる大量のバイク。
道路インフラの整備スピードを上回る勢いで増殖する車・バイクは、年々帰宅時の混雑を深刻にしています。

逆に帰りは、ロンビエンから川を越えて帰宅ラッシュのハノイ市街へ飛び込んで行かないといけません。
Hai Ba Trung(ハイバーチュン)やタイ湖東岸エリアへ戻る道は、確実に渋滞しています。

「THE AUTHENTIC」に住めば、ハノイ市街地で巻き込まれる渋滞時間が短縮されます。

仮にロンビエン区にある「The Authentic」に居を構えた場合、一体往復でどれくらいの時間が生まれるでしょうか。
通勤先により若干の差はあるとしても、1時間に迫る短縮は見込めるのではないでしょうか。

毎日1時間近い時間の短縮が1年間積み重なった場合、その時間をお金に換算すると、いくらになるでしょうか。

静かなロンビエン区に建つサービスアパートです

確かに、日本食レストランやカラオケラウンジがひしめくHai Ba Trung(ハイバーチュン)区といった「ハノイ市街地」までは、川を越える分だけの「距離」はあります。
ハノイ市街地へ行く用事が頻繁にあれば、確かに不便かもしれません。

「自炊は全くしないので、歩いて行ける気の利いた和食料理店で毎日ご飯を食べたい」
「俺はカラオケラウンジに通って彼女をGetしたい!」
「とにかく騒がしくても徒歩圏で何とかなるところで生活したい」

こういう考えの方は、ハノイ市街地内から早く起きてご通勤をされれば良いかと思います。

「まあ、私は基本アパート1階の料理店で食事を摂りながら、イオンのレストラン街で時々外食、あとは食材には事欠かないイオンの惣菜もの等で簡単な自炊をします。
通勤が楽になり、静かな環境で体に優しい生活がしたい。
週末は隣のLong Bien Golf Courseで、密かにゴルフの腕も磨けるしね。
接待が入った時だけ、市街へ行けばいいんでしょ」


こんな考えの方です。
もうある程度分かっているかた。
「ロンビエン区に住む理由」をお持ちの方には、まさにストライクなサービスアパートです。

玄関アプローチの様子

1階ロビーの様子

1階ロビー横には綺麗な料理店があり、ここで朝食も夜のご飯も利用できます。
朝食は家賃に含まれており、夜のご飯はメニュー通りの料金です。

1階のレストラン「朝食もここで食べることができます」

さて、今回ご紹介させていただく長谷工さんの「THE AUTHENTIC」がどれだけグレードが高いサービスアパートかをご説明する前に、概容をお知らせしておきます。

「日系サービスアパート」とご紹介しましたが、今回のサービスアパートのコンセプトから企画・施工まで手掛けているのは、皆様ご存知「長谷工コーポレーション」さんです。

  • 【建物規模】18階建て、全室110部屋の中規模サービスアパート
  • 【施工】株式会社長谷工コーポレーション
  • 【家賃と面積】
    - Studio(58.4㎡~61.1㎡):1,350$~1,650$
    - 1bed(58.4㎡~122.1㎡1,350$~3,000$
    - 2bed(123.9㎡3,000$
  • 【家賃に含まれるサービス】
    ・税金
    ・管理費
    ・ハウスキーピングサービス:週5日の室内清掃・ゴミ回収
    ・ランドリー(洗濯)サービス:月・水・金の週3日
    ※洗濯の範囲は「洗濯後、室内干しまで(アイロン掛けは含みません)」
    ・枕カバー・ベッドシーツ交換:週1回
    ・朝食サービス:月~土曜日(サービス時間は、6:00~9:00)
    電気料金(部屋の広さに応じて決まっています)
     - A8、A2タイプ(58.4㎡、59.5㎡):60$/月
     -
     B2、B4タイプ(74 4㎡、81 3㎡):80$/月
     - C1、C2タイプ(122.1㎡、123.9㎡):120$/月
    インターネット使用料(光インターネット;WIFI付き)
    ・テレビ視聴料(175chのローカル番組+NHKワールド)
    ※日本番組(地上波・BS・CS)等の契約は、別途業者との有料契約要
    ・水道料金
    ・飲み水ボトル代(19Lのボトルを3本まで)
    ・フィットネスジム使用料(営業時間;6:00~22:00)
    ・巡回バスサービス(祝日を除く土日のみ運行)
    朝7~8時はLong Bien Golf Courseへ1時間に2本、その後夜の20時まではイオンモール、Long Bien Golf Courseへ1時間に約1本のペースで巡回しています。
    ・自転車の貸し出しサービス
    ・フロント、コンシェルジュ、メンテナンス及びセキュリティーの24時間対応サービス
屋上からみた周囲の風景

1ベッドルームが、

58.4㎡~122.1㎡の面積で、1,350$~3,000$

と幅があり過ぎて、高いのか安いのかわかりにくいかと思います。
「122.1㎡の1ベッドルーム」という「VIPな部屋が1部屋」ある為に、家賃の幅が開いているだけです。

1ベッドルームの内訳は、その122.1㎡の1ベッドルームを除けば、

  • A2タイプ(59.5㎡)
  • B2タイプ(74.4㎡)
  • B4タイプ(81.3㎡)
で、この3タイプだけであれば、

1,350$~2,200$

という家賃幅になります。
「70㎡を超えてくると、2,000$台に入ってくる」、とお考えください。

1bed(122.1㎡)のリビング

さて、冒頭でお話した「立地」以外に、この「THE AUTHENTIC」が凄いと思うお勧めポイントを2点ご紹介します。
簡単にお伝えしますと、
  • 建物・セキュリティサポートのレベルの高さ
  • アパート周辺の便利な利用施設
このご説明になります。

◎群を抜く室内のグレード・セキュリティの高さ

私はハノイのいろんな5つ星サービスアパートを見てきましたが、これほどまで「仕様のこだわり」を感じたアパートは、未だかつて見たことがありません。
しかもそのこだわりは、「日本人目線」であるということ。
誇張でも何でもありません。

一歩建物に入り、室内へ足を踏み入れた瞬間感じます。
例えば、具体的に言えば以下のようなポイントです。

  • 床は防音性能の高いクッション性を持たせたフローリング
  • 全室にPanasonic製の明るい照明に乾燥機能付き洗濯機を配備、エアコンは勿論ダイキン製、TOTOのウォシュレットも標準装備
  • お湯タンクは200L。肩までゆったりバスタブで寛げます
  • バスルームは勿論「洗い場付き」。洗って直ぐにバスタブにつかれます
  • 玄関と室内スペースは框を挟んでしっかりとセパレートに。玄関スペースがしっかり主張しています
  • 全室サッシは日本の「不二サッシ製」を採用。防音精度が高く、開く窓全てに網戸を標準装備
  • ALSOCのAEDを配備
  • 停電時のバックアップも100%、安心です
  • 共用施設として最上階に配置したフィットネスジム

A2(1bed)リビングの様子

一番小さなStudioタイプでもこのグレードです

123㎡の2ベッドルームのリビング

洗い場付きのバスルーム

玄関は框を挟んでしっかりと存在をアピールしています

最上階の見晴らし最高なフィットネスジム

シンガポール系等の外資高級サービスアパートがハノイを席巻しています。
Fraser Suitesしかり、Somersetしかり、LOTTEしかり、Pan Pacificしかり。
しかし室内仕様は、それら高級レジデンスの域を超えていると思います。
おまけにサポート窓口は、日本でホテル業務を長年経験してきた日本人が担当。
お客様にベトナムストレスを感じさせない布陣です。

軟らかい防音性のフローリング材には驚きました。

「ここまでこだわるか?」

Fraser SuitesやSomersetでさえ、フローリング材にここまでの防音機能を持たせてはいないと思います。
また、周りが建て込んでいない為、日当たり・風通しが保たれ快適です

セキュリティ・トラブル対応にも万全です。
何と言っても、

日本人担当者が館内に常駐しています。
当然、お客様からのリクエストにきめ細かく対応してくれます。


一歩館内に入れば、そこは日本の新築マンションと全く同じホスピタリティを感じることができます

◎「イオンモール」と「ロンビエンゴルフコース」を近隣感覚で利用できます

ソンホン川より勤務地側に位置する為に、渋滞に巻き込まれることなく確実に早く帰宅できます。
その時間を利用して、自転車でのんびりとイオンモールにでも行ってみて下さい。
5分くらいで着きます。
自転車は勿論、無料で貸し出ししてくれます。

そのイオンモールについて。
数々の和食・洋食レストランがフードコートに並んでいます。
テナントとして入る一部の有名店だけご紹介させていただきます。

  • 北海道ラーメン・豚丼「大山」
  • Japanese BBQ Restaurant「Gyu Kaku(牛角)」
  • Pho Bien Seafood(ベトナムの美味しいシーフードレストラン)
  • Quan An Ngon(美味しいベトナムレストラン)
  • ベトナム系が必死でやるお寿司店、お鍋店など
  • Domino's Pizza
  • ファーストフード(BURGER KING、POPEYES等)
  • Cafe(HIGHLANDS COFFEE、TWITTER BEANS COFFEE等)
まだまだ他にも韓国系からシンガポール系の飲食店など、たくさん入っています。
詳しくは、次の動画を参照してください。



また、1階のスーパーマーケットにはお惣菜や巻き寿司なんかも豊富にあります

こういう惣菜食材は、毎晩和食レストランで食べるより、自分の食べたいものをちょっとずつ選べるので、自炊しない人でも助かりますね。

定期的なまとめ買いもイオンモールへの近さ故、楽に出来ます。
ハノイ市内に居ると、行きたくても週末しか買い出しに来る機会がありませんが、ここなら頻繁に活用できます。

次にハノイから一番近い人気のゴルフコース「Long Bien Golf Course」が、なんと「The Authentic」の真横に広がっています。
まるで「庭感覚」で打ちっ放しにラウンドに利用することができます。

またゴルフ好きの人には、たまらない立地だと思います。
ゴルフ場は広い緑の芝が延々続く訳ですから、タイ湖と同様「車やバイクの排気ガスが生まれない空間」ですので、気持が良いと思います。

アパートとイオン・ゴルフ場との移動用定期巡回バスは、「The Authentic」側で「1時間に1本」用意してくれます。

いかがでしょうか。
室内を一度ご覧になれば、Hoan Kiem(ホアンキエム)区やHai Ba Trung(ハイバーチュン)区へ通勤される方でも、敢えて「The Authentic」からの通勤を真剣に考えてしまう程のグレードだと思います。

尚、今回の「The Authrntic」のご紹介については、当社は仲介手数料をいただきません。
手数料に関係なく、詳しく他のレジデンスとの比較説明をさせていただきます。
内覧のご希望があれば、お気軽にお問合せください。

最後に。
毎回巻末にYouTube動画をつけて皆様にご紹介させていただくのですが、長谷工様のご都合により掲載できません。
各部屋タイプ毎の私が回す動画をご希望の方は、お問合せください。
リンクをお送りします。

替わりに長谷工様のホームページにあるイメージ動画がありますので、ご覧下さい。

Japan Quality「The Authentic」の公式ホームページ


お問い合わせはこちら

建物の外観 全戸110部屋、18階建てです 受付正面玄関 受付エントランスロビーの様子 2ベッドルームのリビング とにかく明るい室内です IHクッキングヒーター以外ほぼ全て日本製でそろえています Panasonic製の洗濯機にTOTOのウォシュレットは全室標準装備です 小さくな部屋でもしっかりとしたキッチン どの部屋も大きな窓が明るい設計です 使い易いL字型キッチン(1ベッドルーム) ベッドルームからもバルコニー バスルームは洗い場付きのタイプが主流です(小さなタイプはありません) 81㎡の1ベッドルームのシステムキッチン 81㎡の1ベッドルームのリビング 81㎡の1ベッドルームのリビング 寝室からも遠く見渡せる景色が付きます 洗面所の仕様 2ベッドルームのリビング Close型のキッチン 123㎡の2ベッドルームの主寝室 2ベッドルームのメインベッドルーム 主寝室にもテレビがあります(広いタイプです) リビング1杯に大型サッシからの光が差し込みます

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。