ドルで預けた「敷金」がベトナムドンになって帰ってくる話

「手の込んだジョーク」か「やる気が無いだけ」なのか・・・どちらかだと思いますが

「手の込んだジョーク」か「やる気が無いだけ」なのか・・・どちらかだと思いますが



今日の話は一撃で終わります。
とても簡単なこと。
タイトルを読んで字のごとし(笑)

あまりに簡単明瞭な話なので、冒頭写真は「ややこしい」ものを選んでみました(笑)
「手の込んだジョーク」なら大繁盛しているはずですが・・・
残念ながらそろそろ店じまいの「やる気が無いお店」が正解です。

USD(アメリカドル)で預けた「敷金(デポジット)」がベトナムドンで帰ってきたら・・・
通常はびっくりするかと思います。

「ふざけるな!」

という声が聞こえてきそうです。
しかし、これは気をつけていただきたい最近の傾向なんです。

分からない方もいるかと思いますので、念の為ご説明しておきます。

賃貸住宅を契約する際、これは日本でもベトナムでも同じですが、「敷金」を払います。
こちらでは「Deposit(デポジット)」と呼びます。
「敷金」は「預かり金」ですから、退去時に戻ってきます。
未払いの家賃とか電気代などがあれば、その分を差し引いて戻ってくるんですね。

日本国内であれば「日本円」しか流通していませんから何も問題ないのですが、ベトナムの場合USD(アメリカドル)とVND(ベトナムドン)の2つの通貨が流通しています。
ベトナムに赴任が決まり、アパートを契約します。
当然契約書へのサインの次は、敷金(デポジット)の支払をして晴れてお客様のアパートとして「抑えた」ことになります。
その際、

ベトナム国内で敷金(デポジット)を支払う(振り込む)時は、支払通貨はVND(ベトナムドン)しか受け付けられません。

これは前家賃も同じです。
国内でのお金のやり取りは「VND(ベトナムドン)」のみで・・・当然の施策かと思います。
ところが海外からの送金の場合。
つまり、ベトナム国内の現地法人や事務所、または赴任した個人が国内で支払うのではなく、ベトナム以外の国から送金をする場合、
USD(アメリカドル)送金をする企業様が多いんですね。

アパート側が発行する請求書には「VND(ベトナムドン)口座」と「USD(アメリカドル)口座」の2つのアカウントが表記されています。
どちらで送金してきても、着金できるように準備をしている分けです。

つまり、

  • 国内支払はVND(ベトナムドン)で
  • 国外支払はUSD(アメリカドル)で

こういう流れで皆さん敷金(デポジット)をお支払いされます。
そして、契約期間が終了します。

国外送金でUSD(アメリカドル)で支払った敷金(デポジット)はどうなるか・・・
今まではもちろん「預けた通貨で預けた金額を戻す」、これが大前提でした。

しかし・・・

最近VND(ベトナムドン)でレート換算して振り込むアパートが増えてきています。
当然契約時にUSD(アメリカドル)を着金したときのUSD・VND間のレートで計算されたベトナムドンで、です。

なぜでしょう。

ベトナム政府がドルの流通自体をかなり制限しているからです。
対アメリカドルに対して、ベトナムドンの切り下げはずっと続いています。

そりゃそうでしょう。
世界の基軸通貨と同じように流通するベトナムドン。
どっちが有り難いか、手元に持っておきたいか・・・と言えば、100%ドルです。

今年6月27日のロイターの記事
ベトナム中央銀行は、「通貨ドンの対ドル基準値を現在の1ドル=20.828VND(ベトナムドン)から1%切り下げ、21.036VND(ベトナムドン)とすると発表」

10年以上ベトナムにいる方から言わせると、ベトナムドンはずーっと切り下がってきているとよく耳にします。
その原因を同時に流通させているドルにあると考えた政府は、ドルの締め出し政策に踏み切っているということです。

なるべくドルを使わせないように・・・

これによって、賃借人からドルで預かった「敷金(デポジット)」を預かった時のレートで計算したベトナムドンで返却するアパートが増えてきています。

もちろん、これはアパートの考え方一つです。

今でも、国外からドル送金された敷金を、退去時に同額のドルで返しているアパートもあります。
が、これは当社がかなり交渉をして、なんとか聞き入れていただいた一部のアパートのみに限ります。
かなりUSD(ドル)がベトナム国内で使いづらくなってきています。

「敷金の戻しもベトナムドンで」

一部の例外なくこうなる日も、そう遠くないと思います。

ベトナム人にも不人気のVND(ベトナムドン)で返してもらってもね・・・
富裕層は不動産に資産を変えたり、「金」へ投資したり、ベトナムドン資産を切り替えているのが現状なのに。

ベトナムドンの切り下げが止まらない原因は、「ドルとの共存」よりも「政治」にあることくらい、ベトナムにいる人達はみんな知ってますが・・・

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: トラブル対策   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*