「タイ湖東岸」で日本人に人気のある格安サービスアパートをお探しの方に

バルコニースペースを入れて160㎡の広さ「落ち着いて静かなタイ湖の暮らしをしたい単身者様かカップル様の為のアパートです」

バルコニースペースを入れて160㎡の広さ「落ち着いて静かなタイ湖の暮らしをしたい単身者様かカップル様の為のアパートです」



今まで何度か「タイ湖の東岸エリア」のサービスアパートを、皆様にご紹介してきました。
「Fraser Suites」を筆頭に数々の有名レジデンスからホテルが建ち並ぶ、世界中の赴任者が狙うエリアです。

単身者がハノイに来た場合、選ぶエリアとして「Hai Ba Trung(ハイバーチュン)区」や「Kim Ma周辺」が割合的に多いんです。
ご家族帯同は「タイ湖周辺エリア」か「ハノイ西部」に・・・
ハノイ西部は「INDOCHINA PLAZA」「Keangnam Hanoi Landmark Tower(カンナム ハノイ ランドマーク タワー)」、また「CALIDAS LANDMARK72(カリダスランドマーク72)」といった新しく、規模の大きいレジデンスが最近目白押しですから、そういう大規模レジデンスを選択されるケースが結構多い訳です。

フィットネスジムからプール、ショッピングセンターから日本食レストランなどが全て敷地内に揃っているレジデンスを、やはりご家族帯同者様は選ばれる傾向にあります。

さて、単身者様です。
ハノイ西部はともかく、元々人気の高い「タイ湖東岸エリア」は高くて予算の低い単身者様には手が届かない・・・
かと言えば、そうでもないということを今回の稿で説明させていただきます。

Shinny Apartmentの全容

Shinny Apartmentの全容

Shinny Apartmentの入り口玄関の雰囲気

Shinny Apartmentの入り口玄関の雰囲気



6階の部屋「アウトリビングに相当する広いバルコニーが特徴の部屋です」

6階の部屋「アウトリビングに相当する広いバルコニーが特徴の部屋です」

キッチンスペース「サービスアパートですので基本的な食器類からお鍋、電化製品は揃っています」

キッチンスペース「サービスアパートですので基本的な食器類からお鍋、電化製品は揃っています」



リビングにつながる共用のバスルーム

リビングにつながる共用のバスルーム

メインベッドルーム

メインベッドルーム



今回ご紹介するタイ湖東岸にある格安サービスアパートの概要と位置図をお確かめください。

  • 【サービスアパート名】Shinny Apartment
  • 【エリア】 Tay Ho(タイホー)地区
  • 【住所】19/1 Ven Ho Nghi Tam Str, Tay Ho Dist, Hanoi
  • 【賃料・面積】
    ・2階部分(1部屋):3ベッドルーム(160㎡) 2.650ドル
    ・3階部分(2部屋)
    -1ベッドルーム(50㎡) 800ドル
    -2ベッドルーム(120㎡) 2.000ドル
    ・4階部分(2部屋)
    -1ベッドルーム(50㎡) 900ドル
    -2ベッドルーム(120㎡) 2.000ドル
    ・5階部分(2部屋)
    -1ベッドルーム(50㎡) 1.000ドル
    -2ベッドルーム(120㎡) 2.100ドル
    ・6階部分(1部屋):2ベッドルーム(160㎡) 2.900ドル
  • 【間取り】 1LDK、2LDK、3LDK
  • 【竣工年】2011年1月
  • 【建物規模】7階建ての全8部屋

1ベッドルームは1.000ドル近辺で低く抑えた家賃です。
120㎡の広さの2ベッドルームになると2.000ドルに一気に上がってきます。
そうなると、近くの「Fraser Suites」のStudioタイプ(40㎡)と同じ家賃になってきます。

あくまでも「広さ」は絶対譲れないとお考えの単身者様は、検討対象になってくるかと思います。

上記の家賃に含まれるサービスは以下の通りです。

  1. 税金
  2. 管理費
  3. ハウスキーピングサービス(週2回の掃除+洗濯
  4. インターネット使用料(Wifi)
  5. ケーブルテレビ視聴料
  6. 水道料金(飲み水代は別です)

地図と周辺にある買い物スペースからお店を一緒にご紹介させていただきます。
赤いピンがご紹介物件「Shinny Apartment」です。



リビングダイニングキッチンにはバルコニーが、ベッドルームには窓が付いていて、明るい室内です

リビングダイニングキッチンにはバルコニーが、ベッドルームには窓が付いていて、明るい室内です



直ぐ横は「インターコンチネンタルホテル」の部屋が湖面に浮かんでいます

直ぐ横は「インターコンチネンタルホテル」の部屋が湖面に浮かんでいます



タイ湖東岸にある数々の「そそられる店」をそのまま生活に取り込めるメリット。
これはここに生活してみないと、実感の湧かない特典なのかもしれません。

しかし、このエリアにお住まいになられた方は、なかなか離れないところを見ると、余程「良い」んだと思います(笑)。
私自身も住んでいないので、実体験として語れないのが残念ですが、お客様情報としてお伝えすると、長く住まわれる方が非常に多いです。

ここはロンビエン橋を越えて5号線の先の工業団地へご通勤される方、
また、北上してシプチャーをスルーしてタンロンⅠ工業団地やノイバイ空港へのご通勤者、
もちろんハノイ市内へご通勤の方も・・・

それぞれに通勤アクセスの良さを実感していただけるエリアなんです。

ひっそりとHai Ba Trung(ハイバーチュン)の日本人街から距離を置いて、仕事とプライベートを分けて静かに生活したいとお考えの単身者様。
同じ会社の家族帯同者が「Fraser Suites」や「Sedona Suites」にお住まいで、車のピックアップの関係上近くに住んでおかないといけない単身者様。

そんな方が選ばれるサービスアパートかと思います。
日本人入居率が約30%くらい。
あとは西洋人が契約されて、いつも空きが無い状態です。

今回は、一番広い、6階の2ベッドルームに珍しく空きが出て来たので、ご紹介させていただきました。
周りの様子から室内の雰囲気をビデオで撮影しましたので、ご確認ください。



いかがでしょうか。
今回は1.000ドル近辺の安いお部屋をお見せしたかったのですが、全て契約中で公開できませんでした。

仕様から使われている家具や電化製品はすべて同じです。
ご興味のある方はお問い合わせください。

このタイ湖の眺めは家賃にすればいくら分になるのでしょうか

このタイ湖の眺めは家賃にすればいくら分になるのでしょうか


◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: 特選物件詳細   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*