日本番組(ネットテレビ)の品質について

36チャンネルの日本番組を視聴できるサービスです

最近流行のネットテレビ。
ハノイに居ながらにして、日本の番組を視聴することができる画期的なサービスです。
近頃の気の利いたサービスアパートでは、

「日本番組1チャンネル(NHKプレミアム)だけ視聴できます」

と家賃にNHK視聴料がインクルードされているケースが増えてきました。
英語番組の「NHK World」ではなく、日本で見るNHKそのものの放映です。
大河ドラマから、朝の連ドラ、スポーツ、バラエティまで・・・楽しんでいるかたも多いかと思います。

サービスを提供している会社もたくさんあります。
特にどこが良いとか悪いとか・・・ここでは言及するつもりはありませんが、
私達が今までお客様に聞かれた際、ご紹介している会社は以下のところです。

  • 【会社名】THANHNGA TRADING & COMMUNICATION CO.,LTD
  • 【ホームページ】http://www.thanhnga.com.vn/
  • 【視聴チェンネル数】36チャンネル(冒頭の画像が視聴可能番組です)
  • 【連絡先】04 2211 3579
  • 【連絡先:担当者携帯】0912 544 404
  • 【メールアドレス】bichnga@thanhnga.com.vn
  • 【無料試聴期間】1週間
  • 【レンタル料】80ドル/一ヶ月
  • 【支払方法】6ヶ月分一括支払い
  • 【録画機能】1週間まで遡って全チャンネルをプレイバック再生できます

部屋にあるテレビにBOXのような小さな「箱(装置)」を取り付けるだけ。
とても簡単に視聴を開始できます。
パソコンで視聴できるバージョンもあるようですが、圧倒的に多いのは家のテレビで視聴するケースです。

今まで私達もいろんなサービス会社を試しました。
しかし最初は・・・クレームの嵐でした(笑)

「土日、全く見れなかったよ・・・意味ないね!」

こんなクレームもいただきました。
私達はご紹介しているだけですので、このネットテレビのサポートまでは請け負うことはできません。
品質が悪く、ご紹介を断念したサービスもあります。

というか、そもそもなぜ日本の番組が、ここベトナムハノイで見ることができるのか・・・です。
日本とハノイの時差は2時間ですから、2時間の時差でリアルタイムに見れている訳です。
例えば午後8時にハノイで見ている日本の番組は、日本の午後10時に放映されている番組です。

・・・はっきりと言って著作権違法です。

しかし白昼堂々放映できているのは、こちらベトナムのネットテレビサービス会社が日本の映像を「ある業者」から買っているんだと思います。
で、その「ある業者」さんは、日本で傍受したデーターを一度中国に投げて、中国からベトナムまで飛ばしているようです。
「ある業者」さんが頑張って日本の放映映像を違法傍受して飛ばしてくれるので・・・見ることができているんですね。
その「ある業者」さんのしっぽを捕まえない限り、日本側とすれば踏み込めない・・・というからくりです。

そこから購入しているベトナム側の会社は、とがめられないようです。
不思議な仕組みです。

ただ、このルートで遠路日本からベトナムハノイまで映像が届くわけですから、途中のネット環境が悪ければ当然末端の私達視聴者は視聴できなくなります。
細いロープを綱渡りするような視聴サービスなんですね。

こちらベトナムで流通している「SKETCH(スケッチ)」や「Vitter」などにでかでかと広告を出している、ネットテレビサービス会社はたくさんあります。
初期の頃はトラブルが多く、一時中断して改良デバックに入る会社も多々ありました。
最近は、各社とも改善できたBOXを提供するようになってきているようです。

私も試しに先にご紹介したサービス会社からこの視聴サービスを受けることになりました。
たくさんのお客様をご紹介しているお礼の無償サービスとしてです(笑)。
ちなみに私の家のネット環境は、ADSLの5.120kbps/640kbpsという、いわゆるベトナムでいうファミリータイプです。
そんなに早くありません。
最低ランクから一つマシなランクです。

では視聴状況はどうだったかというと・・・
まあまあ見れていました。

ただ、止まるときは止まるんですね。
特にみんなが見ているであろう週末は、アクセスが集中するからでしょうか、トラブルが多くなる傾向があります。

ネット環境に依存するので、仕方がありません。
しかも、ドラマや映画の一番良い所で固まる・・・(泣)
だから、ネットテレビのクレームはきつくなるんですね。

ネットテレビを見たいと思えば、光インターネットにした方が良いと思います。
ネットテレビだけではなく、家でパソコンを使う時もその恩恵に浴することができるわけですから、一石二鳥ですね。

ご入居途中でも、ネットのレベルアップは可能です。
オーナーが元々準備してくれたネットの料金からレベルアップして上がった分のネット料金をお支払いしていただければ早いインターネットへの変更は可能です。
当社のお客様はオーナー対応の後、切り替えサポートまでさせていただきます。

ただ、ベトナムのネット事情は不安定なので、光にしても遅いときは遅いです。
回線の太さの問題ではなく、遅い原因が「トラブル」だからどうしようもありません・・・

沖縄料理ゴーヤチャンプルに赤ワイン「合ってないかも知れないですが、赤ワインを飲める時間が欲しいだけ」

日本にいたとき、家のテレビはいつも「フル稼働」状態でした。
子供がとっかえひっかえ・・チャンネル争いをしていたので、ベトナムに来た時くらい・・・テレビの無い生活をしてやろうと考えていました。

最初は良かったのですが・・・
冒頭のネットテレビの担当者が気を遣って、「日本人顧客の紹介お礼」として私の部屋にネットテレビを無償でサービスしてくれました。
結構な数のお客様をご紹介してきているので、これくらいは当然の対応だろう、とは思うのですが。

それからというもの・・・

1週間録画機能を駆使して、バラエティ番組を堰を切ったように再生視聴するハメに。
木曜日の「アメトーク」の日など、なんかちょっと嬉しくなったりします(笑)
ベトナムに来て、腹の底から大笑いした記憶が・・・そういえばありません(泣)
3ヶ月ほどして、もうネットテレビが手放せないように思えてきたとき・・・

「サービス期間終わったので、明日から有料ね」

ネットテレビのベトナム人社長がしょうむ無い「商売っ気」を出してきてくれたおかげで、あきらめが付きました。
当然お金を払うと見込んでいた社長、

「ええ?、あのー・・もう1ヶ月無料サービスOKよ」

「いら~ん、撤収せえ~!」

で、今では仕方なく、「American Idol」にハマっています。
オーナーに「テレビを撤収」してもらう以外に、「テレビの無い生活」は難しそうです・・・

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: スタッフレポート   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

日本番組(ネットテレビ)の品質について への2件のコメント

  1. ふう より:

    今回の記事、大変参考になりました。
    そこで、不躾ですが
    >「日本番組1チャンネル(NHKプレミアム)だけ視聴できます」
    というのはどのようなシステムをとっているのでしょうか?

    NHKプレミアムだけ視聴できればよくテレビのある部屋が複数あるので、気になって質問させていただきました。

    • 田口 庸生 田口 庸生 より:

      ふうさん

      ご回答遅くなりまして申し訳ありません。
      お尋ねの「NHKプレミアム」だけ視聴出来るとアパートが表現する、そのシステムのお尋ねですね。
      回答になっているかどうか分かりませんが、私の認識している範囲でお答えさせていただきます。

      まずそもそも「NHKプレミアム」というのがどんな放送か、分からない方もおられますのでその説明をさせていただきます。
      一言で「NHKプレミアム」というのは、私達が通常日本で見ているNHKのことです。
      「大河ドラマ」や「朝の連続テレビ小説」などを放映している、あの番組ですね。

      どのようなルートで日本のNHKがハノイで見ることができるのか・・・
      この話をやり出すと、長くなってしまいますので割愛しますが、リアルタイムで日本で放送している番組を、ベトナムに居ながらにして視聴することが可能です。
      日本とベトナムとでは2時間の時差がありますので、例えばハノイで午後8時に見ているNHKプレミアム放送は、日本で午後10時に放送している番組をそのまま視聴していることになります。

      著作権等の複雑な問題が絡んできますので、あまり正々堂々とご紹介し辛いところではありますが、しかしベトナムで現に雑誌や広告媒体にはっきりと営業広告が載っていますので、うまい抜け道を使ってベトナムでサービスを展開しているのだと思います。

      さて、お尋ねの

      「テレビのある部屋が複数あるので気になって」

      とありますが、何を気にされているのでしょうか?
      通常日本番組をベトナムで視聴するには別料金を支払わなければなりません。
      NHKプレミアムの1CHだけ視聴の料金から、民放からサンテレビ、BS・CSなどの衛星放送まで全35CH視聴する場合まで・・・
      当然料金は変わってきます。

      室内にテレビが複数有るケースは結構あります。
      大体は日本番組を視聴できるのは1カ所だけにしている場合が多いです。
      たまに各部屋のテレビ全てで視聴出来るケースもありますが、レアケースです。

      室内に引き込まれている日本番組視聴可能な同軸ケーブルは通常1本の場合が大半です。
      ですのでリビングのテレビだけで日本番組が視聴できるようにしているのが普通です。

      答えになっているでしょうか。

      ちなみに35チャンネル視聴できる日本番組の視聴料は、約80ドル/月くらいを想定しておいてください。
      1週間の試聴期間を経て、問題無ければ一度に半年分払ってスタート。
      あとで「やっぱり辞めたい」といっても返金されません。
      こんな感じでサービスが成り立っています。

      ご参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*