インターネット料金を支払わないオーナーの話

お客様からいただいたユンケル「気を遣っていただき・・・有り難うございます」

昨日、ご案内したお客様からいただいた「ユンケル」。
いつもこのブログをご覧くださり、私が「夜中遅くにしか空いていない中華料理の店」に行った話や、「休みが無い」などと書いているのでご心配していただき・・・
そっと机に置いて、

「お体どうかご自愛ください」

渡された時、思わず疲れが半減したような気になりました。
有り難い気持と同時に、

「あんまり忙しい風、吹かせとったらあかんな」

とちょっと反省した次第です。
お客様、お気持ち有り難うございます。

さて、今日はユンケルを飲んでも疲れてしまう「クセの悪い」個人オーナーの嘘つき話です。

タイトルを読んでいただければ大体は分かるかと思います。
そう、インターネット料金を払わないんですね。

「払った」

と嘘をついて、結局払っていないという最悪のパターンで、お客様に迷惑をおかけした話です。

通常、オーナーに嘘をつかれて困るのは、

  • 契約が決まった後に「貸家の営業ライセンスを持っている」との前言を撤回をして実は持っていなかった場合
  • お客様がご入居する前の電気代やインターネット代を「支払った」と嘘をついて実際は払っていなかった場合

この2点くらいです。
細かい約束は「飛ばしてしまい」忘れたことにされてしまうケースもありますが、体勢に影響はありません。
が、上記の2点はお客様にそのまま迷惑がかかる話です。

まず「貸家の営業ライセンス」を持つオーナーか持たないオーナーかは、ライセンスをそのまま見せてもらえれば、瞬間わかります。
見せないオーナーは、相手にしなければ良いだけのこと。

困るのは、オーナーが本来負担しなければいけない費用を支払わない為に、電気が止まったり、インターネットが使えなくなったりするケースです。

例えば3月からご入居していただいた場合、前月2月に発生した電気代やインターネット料金はお客様には関係無く、オーナーが自ら支払わないといけません。
オーナーもお客様に引渡をした後、つい諸経費支払いも「引き継いだ」と勝手に思い込んでしまうんですね。
貸家業に慣れていない「素人個人オーナー」に良くあるパターンです。

請求書も新しくお客様がお住まいになった手元に届くので、明細がわかりにくいということもあります。
しかし、毎月支払ってきたわけですから、そんな言い訳は通じません。

「インターネットもつながらないし、日本の番組も視聴できなくなりました」

個人オーナー所有のコンドミニアムをご契約いただいたお客様から受けたクレームに対し、オーナーの未納が原因ではないか・・と思い確認をしたところ、

「今日払います」

・・・やはり未納でした。
しかし、その日の夜またお客様から連絡が入り、

「何も変わりません・・未だ見えないんですけど」

おかしい・・・
当社のスタッフもご案内が終わり次第、夜になりましたが、駆けつけて調べてみました。
が、特に異常が見つかりません。
モデムの故障でもなく、WIFIの暗証番号も合っているんですね。
しかし接続できない・・・

お客様も私共も、

「ひょっとして未だ支払っていないのでは」

頭をかすめたので、再度プロバイダーに確認をしたところ、

「未だお支払いいただいておりません」

その日は金曜日の夜でした。
今日未納であれば、今週末インターネットを使えない不便をお客様に強いることになります。

再三確認した当社のスタッフHuyenさんが激怒して、夜の7時過ぎに自宅から会社に駆けつけてきました。
オーナーの携帯番号を確認する為です。

「私、何度も言っただから。
オーナー・・・許せないです!」

オーナーのグダグダは何度も経験しているので、もう改めて驚きはしませんが・・・
主婦で夜忙しいはずのHuyenさんが血相を変えて会社に来て、険しい顔をしながらオーナーに何度も連絡を取ろうとしてくれていることに驚き、また感動してしまいました。

「Huyenさん、オーナーつながらないでしょ。もういいよ、おそらく出ないよ。
来週月曜日の朝一にうちで立て替えて支払おう。お客様には謝っておくから心配しないで」

何度も頭を下げて帰って行ったHuyenさん。
こっちが頭を下げたくなりました。

早朝のハノイの風景

何度もご説明しておりますが、これはサービスアパートでは、絶対起こり得ないことです。
個人オーナーとの契約だからこそ、起きる問題です。

もちろん、非常に良心的でGoodなオーナーももちろんたくさんいます。
たまに「交通事故」のようにぶつかってしまう、こういうオーナー。

改心してその後問題無くきちっとやってくれればいいのですが、同じようなことをするようであれば・・・
二度とお客様に紹介は致しません。
当社の「オーナーブラックリスト」に登録です。

ハノイに長く住まわれている方から、結構頻繁に聞く「インターネットが突然使えなくなる話」。
良くある原因として、

  • プロバイダーが何の前触れもなくインフラ修理をはじめるケース
  • アパート側が、これまた何の前触れもなく集合モデムの工事を始めてしまうケース
  • どこかの船が海底ケーブルを引っかけてしまうケース
  • なんだかんだ言って、結局お客様のパソコンのトラブルだったりするケース

そして今回の「オーナー未納」が原因であったケース・・・
インターネットトラブルには数多くの「トラップ」があり、切り分けに時間が掛かるケースが多いんですね。
しかし、払ってないのに「払った」と嘘をつくオーナーについては・・・

このサイトでブラックリストを公開してやろうかと思うほど腹が立ちます。

たかだか180.000VND(約720円)ほどの使用料をオーナーが払わない為に起きる迷惑なきわまりない話です。
こういうご迷惑をお客様におかけしないように、私達がしっかりと確認しないといけません。

今回はお客様に大変なご迷惑をおかけすることになってしまいましたが、
これを教訓に、管理の仕組みを考えたいと思います。

「ユンケル」、もっと欲しくなってきました・・・

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: スタッフレポート   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*