The Hanoi Club(ハノイクラブ)の魅力について

3ベッドルーム(170㎡~234㎡)のリビングダイニングスペース

前からぽつぽつとお問い合わせは頂いておりました。
気にはなっておりました。
何度かお客様をお連れして、ご案内をさせていただいたのですが・・・
なかなか撮影をする機会が無く、今まで当サイトにアップすることが出来なかったんですね。

ハノイクラブの正面玄関エントランスまではちょっと細い道を行きます

ハノイクラブのパンフレットより

The Hanoi Club(ハノイクラブ)は老舗のホテルです。
1997年建築、しかし2010年に大改装をし一新されました。
今でも日本人入居率が70%以上を超える、日本人に人気の高いサービスアパートです。

このThe Hanoi Club(ハノイクラブ)の特徴は、

「ゴルフ好きの方を痺れさせる練習施設の充実度」

です。
タイ湖に向かって思いっきりドライバーの球筋を確認しながら何時間でも練習できます

ゴルフがお好きな方にはたまらない環境ですねゴルフのショット練習スペース「打席はたくさんあるので余裕を持って練習できます」

タイ湖に向かって、思いっきりドライバーを叩いていただくことができます。
もちろん本物のゴルフボールではなく水に浮く素材。
しかし球筋からフォームの調整、当たりの感覚など、ゲージの狭い壁打ち練習場に比べれば、遥かに実践に近い環境で練習できます。
何時間利用しても、何発打っても・・・無料です。

  • 【アパート名】 The Hanoi Club(ハノイクラブ)
  • 【エリア】 Tay Ho(タイホー)地区
  • 【住所】76 Yen Phu Str, Tay Ho Dist, Hanoi
  • 【賃料・面積】 ※家賃額がを大幅に調整されています。
    ・1LDK(71㎡~104㎡):3.465ドル~3.700ドル
    ・2LDK(122㎡~150㎡):4.390ドル~4.850ドル
    ・3LDK(170㎡~234㎡):5.775ドル~6.350ドル
  • 【新家賃】※こちらが新しい家賃です
    1LDK(71㎡~104㎡)2,000ドル〜2,500ドル
    2LDK(122㎡~150㎡)3,000ドル〜3,500ドル
    3LDK(170㎡~234㎡)4,000ドル
  • 【竣工年】 1997年(2010年大改装済)
  • 【日本人入居率】 70%以上

上記家賃に含まれますサービスは、

  1. 税金
  2. 管理費
  3. 朝食(ビュッフェ形式)付き(ご入居者全員利用できます)
  4. ハウスキーピング(週3日の掃除;洗濯は付きません)
  5. 電気代
    ・1ベッドルーム:80ドルまで
    ・2ベッドルーム:120ドルまで
    ・3ベッドルーム:150ドルまでインクルード
  6. インターネット使用料(いくら使っても固定制です)
  7. Cableテレビ視聴料
  8. 日本番組視聴料(36CH:1週間自動録画・再生機能付き)
  9. 水道使用料(飲み水は別途)
  10. 敷地内ゴルフ練習場使用料(時間、打数、ボール数一切制限無し)
  11. フィットネスジム、テニスコート等付属施設の使用料
  12. 敷地内レストランの10%割引利用権



屋外のプール「横がタイ湖ですので湖面を渡る爽やかな風が心地良いですね」プールサイドのカフェテラス

敷地内テニスコートフィットネスジム

今回の取材で、事前にカメラ撮影の承諾を頂きましたが、直前でキャンセルされ・・・
残念ながら室内や敷地内の雰囲気を、ビデオ動画に収めることができませんでした。
代わりにホテル側で撮った写真を渡され、その切り貼りでご紹介させていただいております。

なんとなく今回アパートメント担当者と話をして感じたのは、積極的に取材に応じていただけない、「勝手にどうぞ」という雰囲気。
ですのでお部屋をご紹介させていただく我々のような業者からのご紹介機会の少ないサービスアパートだと思います。

「全ての情報を公平に克明に」

をモットーとしてサイト運営をしておりますので、あえて今回その全容をご紹介させていただきます。
チャイニーズレストラン「Xuan」TIVOLI CAFE

ARENA LOUNGE敷地内にあるカジノ

敷地は広く、ゴルフの練習場以外に、

  • チャイニーズレストラン
  • おしゃれなスイーツやパンを味わえる「CAFE TIVOLI」
  • 夜静かにお酒を楽しめるBAR Lounge
  • 奥様には嬉しいSPA
  • カジノスペース

と、豊富なサービスが盛りだくさんあります。
もちろん、プールやフィットネスジム、テニスコートも併設されています。
大体一通りの設備は揃っていますね。
というか、ホテルユースがメインで、サービスアパートはその一部の65部屋だけです。
ホテルライクな日常生活が過ごせるのが魅力の一つですね。

1ベッドルームの主寝室(71㎡~104㎡)

各居室の写真は、一番撮りたかったのですが・・・残念です。ホテル側提供の写真でご勘弁ください。

グレードはとても高いと思います。
ただ、1997年建築ですので、細かいところをチェックすると改装しているとは言え、古さはどうしても否めません。
しかし、その古さの割には頑張っていると思います。

基本的にインクルードサービスが充実しているので、あと必要なものと言えば

  • サービスインクルード分の超過電気料金
  • 飲み水代
  • 固定電話使用料

くらいでしょうか。
部屋は1ベッドルームでも100㎡あるものもありますので、以外とゆったりと過ごせるかと思います。

2ベッドルーム(122㎡~150㎡のリビングスペース)

2ベッドルームのリビングの風景です。
敷地内にあるゴルフショップ
こういうパンフレット用の写真を見ても、イマイチピンと来ないかもしれません(笑)。
写真を撮らせていただけないので、仕方がありませんね。

ただ、いろんなタイプがあるようで、2ベッドルームでもタイプに寄って122㎡から150㎡もあるので、かなり広いスペースをゆったりと利用できる感じがします。

1ベッドルームが一番人気のようです。
ただ、家族帯同者向けの3ベッドルーム(170㎡)で5.700ドル超というのは・・・

同じタイ湖東岸の「Fraser Suites」の3ベッドルーム(156㎡)で4.800ドルです。
インクルードサービスではひけを取らないFraser Suitesです。
おまけに敷地内に大型ショッピングセンターと日本食レストランとSOS インターナショナル病院が併設されたFraser Suitesより高いというのは・・・

結局強気な値段設定だと思います。

ただ、ゴルフというキーがこのハノイクラブにはあります。
ここが唯一、どこにも負けないハノイ一のメリットです。

ただ、常に満室が当たり前のThe Hanoi Club(ハノイクラブ)です。
ご参考ください。

ハノイクラブ各施設

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: 特選物件詳細   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*