「Fraser Suites(フレーザースイート)」の2ベッドルームが空きます!

Fraser Suites 2ベッドルーム

2012年1月に、ハノイ最高級のサービスアパートの称号である、「Vietnam National Administration of Tourism」に選ばれた「Furaser Suites(フレーザースイート)」。
詳しい物件情報はFRASER SUITES HANOI(フレーザースイートハノイ)検索ページにてご紹介しています。
参考にしてください。

「快適なサービスアパート」の一つの基準として、

「休日を丸一日アパートの敷地内で過ごせること」

と私は勝手に考えています。
70㎡の1ベッドルームまず朝起きて、軽い朝食を食べたいとなります。
スクランブルエッグにトーストとブラックコーヒーそしてヨーグルト・・・
この組み合わせを出す喫茶店を、私は未だハノイで探しきれていません。

先日ある喫茶店で英語のわかる店員に出くわしたので注文すると、フォーといっしょに食パンが出てきました。
バターも何も無く、食パンが2枚だけです。

こんな不毛な思いをする必要の無いのが、家賃にインクルードされている「Fraser Suites」の朝食サービスです。

55㎡の1ベッドルーム

朝の冴えた頭で新聞を呼んだり、昨日の残りの仕事をやっつけたりした後、頭の疲れを取るためにぼーっとテレビを昼まで見る。

お昼ご飯は同じ敷地内にある「日本食レストラン」にてビールといっしょに定食に舌鼓を打つ。

昼食後は近くのテニスコートでテニスに興じたり、室内フィットネスジムで体を絞る。

昼の暑い時期は、フィットネスジムで出た体の火照りを、隣のプールで静かにクールダウンさせる・・・

平和でのどかな夏のひととき。

部屋に帰り軽いうたた寝のあと、晩ご飯の買い出しに敷地内のFivi Martへ。
不足している日用雑貨から食材を買い、帰りに1階のHighlands Coffeeで読書を。
ついでに輸入雑貨の店で、ビールのおつまみ用に缶詰を買い、同じ階のゴルフショップでクラブを物色。

帰宅してビールを飲みながら晩ご飯を作ろうとするけど・・・
面倒臭くなって、日本食レストランの隣のゲームバーへ行き、軽い夜食をつまみに冷えたビールを飲みながら大画面のテレビでみんなでオリンピック観戦・・・

こんな休みを同敷地内にてフツーに過ごせてしまう「Fraser Suites」の引き出しの多さ。
私が住んでいるローカルアパートとエライ違いです。

Fraser Suitesの2ベッドルーム、このタイプが空いてきます!この2ベッドルームにチェックアウトが入ります。空いてきます!

さて、こんな「Fraser Suites(フレーザースイート)。
6月に2ベッドルームにチェックアウトが入る情報を入手しました

Fraser Suitesの部屋割りはこんな感じです

この図を見てください。
これはFraser Suitesの部屋割り図です。
たまたま見た部屋が11階でしたが、一部ペントハウスで構成される上層階を除いてこのレイアウトなんですね。

1フロアに10部屋あります。
そのうち6部屋は3ベッドルームです(1101と1106から1110の6部屋ですね)。
あと1ベッドルームが2部屋(1103と1104)。
そして2ベッドルームも2部屋(1102と1105)。

家族帯同者が安心して生活していただける住まいの提供をメインに考える「Fraser Suites」とすれば、3ベッドルームに力点を置く間取り構成です。
しかし、一番狭い125㎡の3ベッドルームでも4.300ドルは超えてきます。
やはり金額的に予算に合わないですが、どうしても「Fraser Suites」のサービスに囲まれて生活したいと熱望される方にとって、4.000ドルを下回る105㎡の2ベッドルームが恰好のターゲットとなります。

この数少ない2ベッドルームが、この6月に空いてきます。

丁度冒頭でご紹介している写真のお部屋です。
現在リノベーション中の2ベッドルームのお部屋を動画に収めてきましたのでご覧ください。

すみません、また間違って「セドナスイーツ」と連呼してます(笑)。「フレーザースイート」のご紹介です。

何度も「Fraser Suites」はご案内させていただきましたが、いつも実感するのは・・・

「全てにおいて磨き抜かれた美しさ」

です。
電子レンジや温水ポットの位置まで、計ったように整理整頓されています。
また、フローリングの気持ちよさ。
傷が目立ったり、床鳴りがしたり、浮き上がっていたり・・・
こういう状況は見たことがありません。

徹底した「リノベーション基準」に則って、メンテナンスしているのだと思います。

さて、そんな「Fraser Suites(フレーザースイート)」。
当社を経由してご契約いただければ、4.000ドルを切った金額でご提示可能です

この家賃額に含まれますサービスは、

  • 税金
  • 管理費
  • ハウスキーピング料(日曜日・祝日を除いて毎日の掃除・食器洗い※洗濯は付きません)
  • コンチネンタルビュッフェスタイルの朝食(日曜日・祝日以外毎日)
  • インターネット(Wifi)使用料
  • ガス使用料(セントラル供給の為、常にお湯が出ます)
  • 電気料金(1ドル/㎡:例えば125㎡であれば、125ドル分が家賃にインクルードされます)
  • 日本チャンネル(NHK プレミアム)視聴料
  • フィットネスジム使用料(24時間オープン)
  • プール、スチームサウナ使用料
  • フロント、コンシェルジュ、メンテナンス及びセキュリティーの24時間対応サービス
  • ビジネス地区およびショッピング地区への無料シャトルバスサービス

また、当社経由でのご契約であれば、市内への交通アクセスに非常に便利な特典をご提示できます
市街地へ出る時の大きなサポート、奥様にも大変好評です。

ご予算が3.999ドルまでの方、
今お住まいのアパートのファシリティー基準に満足のいかない方、

そんなお客様の期待に、確実に答えてくれる「Fraser Suites」のお住まいをGETできるチャンスです。
お早めにご連絡ください。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: 特選物件詳細   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*