ベトナムハノイのCau Giay地区で起きたカラオケ火災に思うこと

多数の犠牲者を生んだ、Cau Giay地区のカラオケ火災

多数の犠牲者を生んだ、Cau Giay地区のカラオケ火災



ハノイリビングの田口です。

ハノイに今お住まいの方なら知らない人はいないと思います。
今月11月1日(火)の午後2時、ハノイのCau Giay地区にある、Tran Thai Tong通りに面したカラオケ店から出火し、隣接する3軒の建物に燃え広がり、たくさんの犠牲者が出る大惨事となりました。
場所は、日本の皆さんならよくご存知の日本食レストラン「銀座」、まさに銀座とその隣接の建物だったんです。

4時間後に消し止められましたが、この火災で亡くなった人の数は、公称13人。
しかし、亡くなった人数が13人では効かないことも、ハノイ市民はほぼ全員知っています。

VIET JO ベトナムニュース:ハノイ:繁華街のカラオケ店で大火、13人死亡

火災が出たのが、お昼の14時過ぎ。
出火の原因が、また溶接の火花。

何度同じ過ちを繰り返すのか・・・
Keangnam Hanoi Landmark Tower(カンナム ハノイ ランドマーク タワー)でも昔、建築途中で火災があり、何人か亡くなっていますが、あれも溶接の火花が原因でした。

街中で足場に乗り、溶接をする際、日本であれば湿らせた不燃シートで養生してから行うのが当たり前の作業工程です。
しかし私はここベトナムハノイで、養生している溶接工をみたことがありません。
地面に火の粉がバチバチ落ちてきても、誰も注意をする者はいない。
「火の粉は燃えない」と思い込んでいるのでしょうか。

そしてこの悪習慣が仇となり・・・
出火したカラオケ店にいたお客さん、及びカラオケレディーが多数命を落とす羽目になった・・・ということです。

なぜ、死亡者が13人以上と言えるのか。
答えは簡単です。

当日、現場のTran Thai Tong通りに駆けつけた救急車の数を数えていた人がいます。
現場から次々と運び出されてくる遺体。

「1台の救急車に運び込まれた遺体が、たったの1体だったとしても、優に30人以上の遺体を搬送しているはずだ」

と終始現場を見ていた見物人が口々に語っています。
じゃあなぜ公式発表が13人なのか。

「カウントされては困る方々」が多数おられたようです。

昼の14時にカラオケ店でベトナム人の男性多数が、それ以上の数のカラオケレディ達を周りに侍らせ、カラオケに興じていた時に、火災が起きました。
あっという間に煙と炎に煽られ・・・
後は筆舌に尽しがたい阿鼻叫喚の地獄絵を、何人もの方に白昼目撃されることになります。

平日の真っ昼間から、たくさんの女性達を貸し切り、陶酔に耽ることのできるベトナム人となると、大体どれくらいのレベルの方々か、何となく想像はつきます。
もみ消しに躍起になるのは、当然のことかと。

ベトナム人の奥様は、総じて大変厳しい。
日本人の様に、接待で毎晩午前様など、こちらでは許されないことです。
また、ベトナム人男性も、家族・奥様を大事にします。

だから、昼に遊ぶ。

・・・神様があきれて罰を与えたとしか思えません。

死者は13人以上に登る、未曾有の大惨事です(VIET JOより写真抜粋)

死者は13人以上に登る、未曾有の大惨事です(VIET JOより写真抜粋)



今回の火災のお陰で、Cau Giay地区の人民委員会は、なんと管轄地域内の全てのディスコ・カラオケ店の営業を一時停止にしました。
そして消防基準を遵守しているか、一斉に調査を始めると言っています。
Cau Giay地区のカラオケラウンジは、日本人向けよりも韓国人向けラウンジの方が、数は圧倒的に多い。

「消防基準をチェックって、具体的に何を調べるの?」

私が知っているKim Maの日本人向けカラオケラウンジの経営者さんに聞いてみると、

「私の姉が経営している韓国ラウンジは、スプリンクラーを設置しないと店を再開できないと言われたから、今取り付けている」

なんと、今からスプリンクラーですか?
吹けば飛ぶような安普請アパートに、1フロア2部屋のカラオケ機材を押し込み、目一杯で回しています。
どこにスプリンクラーを這わせるスペースがあるのか。
また、そんなお金のかかる設備を、取り付けることのできる店など限られてきます。

Cau Giayエリアで発生したカラオケ火災のお陰で、同エリアのカラオケラウンジ店に激震が走っています。
まさに未曾有の災難、営業ができない状態、死活問題です。

カラオケラウンジ店で働く女性の大半は、まだ年端もゆかない大学生です。
若い人達はアルバイト感覚ですので、生活に致命的な影響はありません。
しかし問題は、家計をやりくりするために働いている半ば本業のラウンジレディーの方々です。

ここで少し私が知る、あるラウンジレディのお話を致します。

カラオケラウンジで働かないと立ちゆかない家計の女性が確実にいます

カラオケラウンジで働かないと立ちゆかない家計の女性が確実にいます



日本からたまに当社の社長がハノイにやってきます。
以前社長を連れて、日本人向けのカラオケラウンジに行ったとき、Chiさんという女性に遭いました。

英語がとても上手なChiさん。
スマホには日本語の歌のレパートリーがぎっしり記録されており、営業熱心さが伝わってくる真面目な方でした。

一生懸命歌を勧めてくるんですが、私は歌なんかよりChiさんがどんな背景の方で、何を考えてカラオケラウンジで働いているのか、知りたくて話をしていました。
私の拙い英語で聞き出せたのは、以下のようなことでした。

  • 難関大学の大学院まで進み、Human Resourceの博士号を取り卒業したこと
  • そのまま国営企業に入社、今まで辞めることなく8年間勤め続けていること
  • 見た目は若く見えるけど、実は30歳超えで、5歳の息子さんが一人いること
  • バツイチで、旦那さんからの仕送りも全くなく、実の母親と息子さん3人で小さなアパートに住んでいること
  • 息子さんとお母さんを、彼女の腕一つで養っていること
  • そして、安い国営企業のお給料ではやっていけないので、終わってからカラオケラウンジで働くようになったこと

こちらの離婚は、旦那側に慰謝料を請求できるケースなどほぼありません。
そんな甲斐性が無く、請求してもお金など期待できるレベルでは無いからです。

「あほな男を掴んでしまった私が悪い」

そう言い聞かせて諦めるしかありません。

バツイチでシングルマザーになると、本当にベトナムの女性は大変です。
子連れのバツイチ女性と、先ず結婚しようと考える男性が少なく、仮に結婚を考える男が現れても、その親が大反対します。

バツイチ女性は、自力で自立するしか、生きていく道がありません。

そんな背に腹はかえられない女性が、カラオケラウンジで働いているのもまた事実です。

そのChiさんから久しぶりに連絡が入りました。
どうも、日本人向けカラオケラウンジはお客様が集まらないため稼げず・・・韓国人向けラウンジへ移ったとのこと。

・・・なんと韓国ラウンジへ行ったのか。

荒くたく、お酒や関係を強要する韓国人相手のラウンジです。
しかし、ここベトナムでは日本人の10倍以上の韓国人がいます。
必然的に日本カラオケで稼げない人は、韓国ラウンジへ流れていく傾向が生まれています。

以前見せてもらった大学院卒業時のChiさんのスマホ写真を思い出しました。
大学院生キャップをかぶり、牛乳瓶の底のような大きなメガネをかけていますが、卒業証書を胸に抱き、希望に満ちあふれた光輝く笑顔がとても印象的でした。

「Cau Giay地区の韓国ラウンジは今営業できない。稼げないです・・・」

彼女は火災で命を失うことは無かったですが、従来の収入を稼ぐ機会を失っていました。
彼女もまた火災の犠牲者です。

以前、お店でChiさんから今勤めている国営企業の話を聞いたことがあります。

田口「8年勤めてお給料は大分上がった?」
Chiさん「ほとんど上がらない、でも私の後に入ってきた若い人達は、私を追い越して高いお給料もらっている」
田口「???どうして?」
Chiさん「私は上司にお金払っていないから」
田口「・・・」

Chiさんは社内で一番の古株で、所長さんの秘書のような役割です。
彼女がいないと回らない仕事がたくさんあるそうです。
しかし・・・

Chiさん「私のような貧乏社員はお金が払えないから出世できない」
田口「英語話せるんだから、外資企業に挑戦したらどう?」
Chiさん「今の生活で、夜の仕事が亡くなったら、私達食べていけない。外資企業って夜の仕事は禁止でしょ」

8年間のキャリアは、ある程度時間の融通が利くそうで、だから夜も働ける。
もちろん見つかったらやばいことには違いありません。

毎晩休み無しで、浴びるほど韓国焼酎を飲まされる日々。
一つ前に勤めていた韓国ラウンジのオーナーは、お客が求めれば体を許すことを強要してきたので、辞めて今のお店に移ったとのこと。

昼間の仕事一本にするには、その切り替わって直ぐの給料減をどう凌ぐか・・・
ここの答えが出せない間は、昼夜2足のわらじ生活に終止符を打つことはできません。

どこかで踏ん張らないと、彼女の顔が再び希望の光で輝く日はやってこないでしょう。

遊びではななく本気で働かないといけない人達もたくさんいます

遊びではななく本気で働かないといけない人達もたくさんいます



今回の火災で、明るみになったベトナム人幹部クラスの真っ昼間の醜態。
彼らが私達の知らないところで何をやろうが、関心はありませんが・・・

真面目にコツコツと働くベトナムの若者社員全員に、開かれた道を示せていないベトナム国営企業の幹部連中と、今回火災に遭った男連中と、なぜかダブって見えてしまうのは私だけでしょうか。

優秀なベトナムの若者達の目には、機会均等を貫く外資企業が魅力的に映っています。
そして将来のベトナムを支える力ある若者にとって、旧態依然とした国営企業は問題外の蚊帳の外です。
人材の集まらない国営企業には、当たり前ですがそれなりの理由があるのです。

しかし、ベトナムの基幹産業は、すべからく国営企業が担っています。
根が深いベトナムの問題です。

今回の火災で亡くなった数多くの若い女性達には、もう二度と希望の光を追い求めるチャンスはありません。
煙に巻かれ、熱さに耐えかね、窓から飛び降りる瞬間、彼女達の目に映った光は、どんなものだったのでしょう。

尊い無垢な若者達の英霊に対し、手を合わせたいと思います。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


田口 庸生

田口 庸生 の紹介

初めまして、「ハノイリビング」営業担当の田口(たぐち)です。 日本より初めてベトナムのハノイに着任された日本の皆様、 愛するご家族を日本に残し、初めての「海外単身赴任」をこれから経験される皆様、 快適なハノイでの生活を満喫していただくために、皆様の「お住まい探し」から「入居後のサポート」まで一貫した「窓口対応」を請け負います。 「ベストマッチ」を合い言葉に・・・ どうぞお気軽にお問い合わせください。 お待ちしております。
カテゴリー: ベトナム時事   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*