肉が山盛り “がっつり系” ブンチャーのお店に行ってきました

ハノイリビングの佐々木です。

半年ずつ、ハノイと自国を行き来して暮らしている友人がいます。
この友人が先日、ハノイに戻って来ました。
さっそく彼の好きなブンチャー屋さんに行きました。

外観

ブンチャー専門店「Dac Kim」の外観です

旧市街地にある、観光客に人気のお店です。
場所も分かりやすく、いつも人で賑わっているので、行った方もいるかもしれません。

お店の看板をよく見ると、「Since 1966」の文字が。
50年近く続いているお店なんですね。

ビルは全部で4階構造。
1階に小さな厨房があり、その他はすべて客席です。
1フロア当たり20~30人くらいは座れるでしょうか。
それほど広くない1フロアに、ベトナム人から外国人まで、ブンチャーをすすっている人がひしめいていました。

1階に座ろうとして席がなくて2階へ、2階も満杯なので3階へ、それでも座れず4階へ。
結局4階もいっぱいだったので、また3階に戻って、狭いながらも2人分が入るスペースに椅子を移動して入れてもらいました。

厨房1

大忙しの厨房です

後から15人くらいの団体観光客がやってきました。
彼らに席を譲る形で、4人家族が私たちがいるテーブルに相席してきました。
そのテーブルは本来4人がけですが、引っ越してきた家族を合わせると6人で座る状態。
狭いですが、他に席がないので仕方がありません。
とにかく繁盛しているお店なんです。

「Dac Kim」のメニューは、ブンチャーと、カニ入りの揚げ春巻きの2種類のみ。
席に着くと、無条件でブンチャーが人数分出されます。
揚げ春巻きが必要な人は、追加注文します。

ブンチャーの価格は、1つ7万5.000VNDです。
他のお店と比べて、そんなに安くはないと思います。
それでも、こんなに人気があるのはなぜなんでしょうか。

それはボリュームを見れば分かります。
てんこ盛りの野菜・香草類とBun(ブン)を見てください。

ブンチャー2

ボリュームたっぷりのブンチャーです

そして、つけ汁には溢れんばかりの肉が積み上がっています。
汁が少ししか見えません。

このままではブンを汁につけて食べられません。
なので、肉などを一時退避させておく小さな茶碗が別途つきます。
ブンのボリュームも多いので、汁が足りなくなる可能性があります。
それに備えて、予備の汁までついてきます。

とにかく量が多いです。
今回は奮発して揚げ春巻きもつけたので、さらにボリューム満点です。
肉ばかり食べ続けると、正直単調です。
おまけにサイドディッシュは、油っぽい揚げ春巻きなので、さらに単調です。
野菜や香草を適宜入れつつ、変化をつけながら食べましょう。

肉

つけ汁です。肉がたっぷり

見た目は強烈ですが、汁の味は意外とあっさりです。
これ!という強い特徴がない味が特徴です。
みじん切りのにんにくや唐辛子などを入れて食べると、変化がついて食が進むと思います。

たくさんの量の肉やブンと格闘すること30分。
食べ終わるとお腹いっぱいです。
一時は全部食べられないことも懸念しましたが、お腹を空かせて行ったことが幸いして完食。
幸せなお昼ご飯タイムでした。

以下は、お店の概要です。

Dac Kim
・住所:1 Hang Manh, Hoan Kiem, Hanoi
・電話番号:04-3828-5022
・営業時間:10~20時

お店の位置を、地図でご確認ください。

お腹が空いて、がっつり食べたい時にはおすすめのブンチャーです。
大人気店なので、昼食・夕食時は相席覚悟で行ってください!

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


佐々木

佐々木 の紹介

は じめまして。佐々木(ささき)です。「ハノイリビング」で、皆様のお住まい探しから入居後のサポートまでの窓口対応を請け負っています。 日々の家事のか たわら、「ハノイリビング」で仕事をこなす働く主婦です。海外滞在はベトナムで2カ国目。他国では単身滞在を経験しました。時に単身者、時 に主婦、時に 会社員の目線で、ハノイの生活情報やお部屋情報を発信していきます。単身赴任の方からご家族でお住まいになる方まで、どうぞお気軽にお問い合 わせくださ い。
カテゴリー: グルメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*