ハノイの有名ローカルテーラーで、約1万円でオーダーメイドスーツを仕立てました

ハノイリビングの佐々木です。

10月に1週間ほどお休みをいただきます。
親族の結婚式に出席するついでに、帰省するためです。

結婚式に出席する際には、それなりの服装を揃えておかないといけません。
でも気付いたら、夫のスーツは晴れの舞台には恥ずかしいくらいヨレヨレであることが分かりました。
最近は周囲で結婚式もなかったので、すっかり油断していました。

そこでスーツを新調することにしました。

それと同時に耳にした、評判のお店があります。
オーダーメイドの紳士服を作ってくれる小さなおローカル店が、ハノイの路地裏にあるそうです。
場所は路地裏ですが評判は良い有名店だとのこと。
腕が良いのでしょう、どこかからうわさを聞いて、たくさんのベトナム人がオーダーメイド服を作りに来ているそうです。

外観

お店の外観です

住所はLac Long Quanです。
タイ湖の西側を縦に走る大通りですね。
Lac Long Quanといえば大通りのイメージが強いですが、お店がある所自体は小さな裏路地です。

前回、古い風情を感じるThuy Khue通りを紹介しました。
迷路のような古い街並み、Thuy Khueを歩きました
このThuy Khueの辺りとは、Lac Long Quanの大通りを挟んだ反対側の地域に位置しています。

お店についてもっと詳しく説明すると、このお店は紳士服専用のテーラーです。
お店は、お父さんと息子さんの2人で経営しています。

おそらくお父さんの代で始まり、腕が良いので繁盛し、技術を息子に受け継いでいるんだと思います。
生地選びや寸法合わせなどの作業の際は、おもに息子さんの方が動き、お父さんは横で静かに見ながら時々指示を出していました。

ちなみにここではスーツだけでなく、通常のシャツからズボン、ジーパンまで作っています。
シャツ1枚からオーダーを受けているようです。
お店にいる間、何人かの人が注文したシャツを取りに来ていました。

店内

小さいですが、清潔感ある店内です

スーツ作りは、まず生地選びから始まります。
色々な種類の生地がありますが、中でも価格帯の高いもの、安いものがあるようです。

価格の差は、もちろん生地の質の差になります。
今回は結婚式用ということで奮発して、高い生地を選びました。

そして、せっかく仕立ててもらうんだから、ということで、ワイシャツも作ってもらうことに決めました。
こちらも奮発して2枚です。
白と細い線のチェックという2種類の生地を選びました。

生地

ずらりと並ぶ生地。下にはジーパン用の生地もあります

生地選びの後は、体の寸法を測ります。
オーダーメイドにはつきものの作業ですね。

小さめか、ゆったりめかについても、この時に聞かれます。

この寸法ですが、人によってタイトに着たいのか、ゆったり着たいのか、好みが違います。
ベトナム人は、どちらかというとタイトを好むようです。
何も言わなければタイトめに作られるので、ゆったりめにしたい人はこの時に主張しましょう。

最後はデザイン決めです。
これは既に仕立てられているスーツや、パソコン内にある画像を見ながら進めます。

ボタンの数、後ろのすその割れの数、内ポケットの有無など、細かに聞いてきます。
実際のスーツや画像がフル活用できるのは、この時ですね。
必要であれば、実際にスーツも着てみながら、完成形をイメージしつつデザインを決めていきます。

計測

寸法を測ります。服の形が決まる瞬間なので、主張しましょう

おじさん

仕事は全体的に息子さんに任せつつ、決定的な瞬間でズバリ的を射たアドバイスをしてくれるお父さんです

パソコン

パソコンを駆使するのは、やはり息子さんです

デザインのことで意見が割れたりすると・・・出てきます、お父さんが。

「これは、こうした方がいいよ」

と、静かに、でもはっきりと言ってくれます。
長年の実績を土台にしたアドバイスをされると、思わず納得してしまうものです。
見た目はどこにでもいるベトナムのおじさんですが、仕立て屋さん独特の洗練された上品な感じがある人でした。

完成までに1週間かかるということで、とりあえず待ちます。

そして1週間後。
立派なスーツの完成です。

完成服

写真はいまいちですが、立派なオーダーメイドスーツが完成しました

これが布きれ1枚からできてきたとは思えないほど、立派な仕上がりでした。
縫い目もまっすぐで、作りもしっかりしています。
ボタンホールも、ほつれなく処理してあります。

裏布がついているので、薄っぺら感がなくしっかりしています。
内ポケット周りも、まっすぐきれいに縫われていました。

たまにチャコペンの跡が残っているのは、たまに傷。
クリーニングに出せば良いので、気にしません。

ただちょっと残念な点があったのは、ワイシャツです。
所々ですが、ボタンホールをくくる糸がほつれていて、ボタンを外す時にひっかかります。
そしてボタンの付け方も、糸が飛び出ている部分がありました。

ワイシャツ白

ワイシャツの仕上がりです

内ポケット

内ポケットと裏地の様子です

ずぼん

ズボンもサイズにしっかり合わせて作ってもらいました

ずぼん縫い目

ズボン横のポケットの辺りです

ワイシャツ肩

ワイシャツの肩です。ぴしっとしています

ワイシャツそで

ワイシャツ袖口です

チャコペンあと

チャコペンの跡がちょっと見えます

ワイシャツ首

ちょっぴり残念だった、ワイシャツ首まわり

ボタンまわり

ボタンまわり。きれいに処理されています

これらのセットを作ってもらって、トータルの金額はしめて110ドル程度。
うち、上下のスーツが90ドル程度、ワイシャツ2枚が計20ドル程度でした。

オーダーメイドということを考えたら、とても安いですね。
安いのに、しっかり作ってもらって満足でした。

ところで言葉の問題ですが、この仕立て屋さんたちはベトナム語しかできません。
でも「スーツを作る」という共通目標があるので、身振り手振りでもなんとかなります。
たまたま居合わせたベトナム人が、単語程度でも英語ができる場合は100%活用しましょう。
彼らに通訳してもらえば、もう少し細かい意思が伝えられます。

また冒頭でも紹介した通り、このお店はとても小さな路地裏にあります。
地図で場所を示しても、行くのは難しいと思います。
写真で道順を説明します。

道順1

道順1:手前がLac Long Quanの大通りです。ここから「Ngo 81」に入っていきます

道順3

道順2:5分ほど歩いて行くと、右手に写真のような門が見えます。ここを入っていきます

道順4

道順3:門を入ってすぐ、右手に大木があります。ここを背にしてまっすぐ歩きます

道順5

道順4:ローカルな雰囲気の路地を、7~8分ほど歩き続けます

道順6

道順5:右手に写真のようなお寺が見えたら、左に曲がります。曲がって2分ほどでお店があります

お店の概要です。

Fashion A.M
・住所:8/81/24/47 Lac Long Quan, Tay Ho, Hanoi
・電話番号:090-2154-140

ローカルでもしっかりしたお店です。
手仕事のスーツを、安く手に入れたい人はチャレンジしてみてください。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


佐々木

佐々木 の紹介

は じめまして。佐々木(ささき)です。「ハノイリビング」で、皆様のお住まい探しから入居後のサポートまでの窓口対応を請け負っています。 日々の家事のか たわら、「ハノイリビング」で仕事をこなす働く主婦です。海外滞在はベトナムで2カ国目。他国では単身滞在を経験しました。時に単身者、時 に主婦、時に 会社員の目線で、ハノイの生活情報やお部屋情報を発信していきます。単身赴任の方からご家族でお住まいになる方まで、どうぞお気軽にお問い合 わせくださ い。
カテゴリー: スタッフレポート   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*