新しくオープンした日系クリニック「東京インターナショナルクリニック」を訪問してきました

ハノイリビングの佐々木です。

9月13日、日系の内科クリニックがハノイ中心部にオープンしました。
Tokyo International Clinic(東京インターナショナルクリニック)です。
場所は、ビジネス街のLy Thuong Kiet Street。
オペラハウス近くと、位置も分かりやすいですね。

ビル外観

東京インターナショナルクリニックが入ったビルの外観です

東京インターナショナルクリニックでは、「広く浅い」医療サービスを受けられます。
入院はできません。
外来通院できる状態の方に対応しています。
もし入院が必要であれば、その他入院できる病院を紹介します。

これまでのところ、患者からの相談件数が多い病気は風邪と下痢だそうです。
いずれも気候や環境の違うベトナムで、外国人がかかりやすい病気ですね。

医師はすべて日本人で、全6人になる予定です。
まだオープンしたばかりなので全員が揃ってはいませんが、段階的に増やしていくそうです。
医師の中には、内科専門の医師はもちろん、外科、精神科、泌尿器科の医師や臨床心理士も含まれます。

「内科じゃなかったの?」

そう思いますね。
あくまで内科が多くの比率を占めているということで、医師の専門は別れています。
専門性の高い医師が6人も揃い、得意分野を活かした治療ができる点が、ここ東京インターナショナルクリニックの特徴です。

入り口外

クリニックの入り口です

珍しいのは、臨床心理士や精神科の先生がいることです。

今回、お話をうかがった小林直之先生(外科)によると、日本語で精神科の相談を受けられるクリニックは、海外においては珍しいそうです。
というのは、海外では痛みや傷を伴うような、目に見え、体感できる病気にのみ対応してきた結果、精神科までなかなか手が回らなかったからです。

とはいえ、文化や環境の違いで、ストレスがつきものの海外暮らし。
英語などの外国語でも心の状態は伝えられますが、メンタルに問題がある時は母語で話したいものですよね。
そんな時の強い見方になってくれるのが、東京インターナショナルクリニックさんというわけです。

ちなみに臨床心理士の先生は、月1回数日間しかハノイに来ません。
相談を受けたい方は、電話でスケジュールを確認のうえ、予約をしましょう。

その他は、今のところ完全予約制ではなく、アポイントなしで行っても大丈夫です。
ただし、混み具合によって待ち時間が長くなる場合もあるので、あらかじめ予約した方が確実です。

待合室

広々とした待合室です

病院内での使用言語は、日本語をはじめ、英語、ベトナム語、韓国語に対応しています。
なんと4カ国語対応です。
医師が日本人なので、日本人は言葉の心配がまずありませんが、その他の言語を話す人が来ても、通訳付きで診療できるということでした。

多様な国からのビジネスマンが働く中心地に位置しているので、4カ国語対応となると色々な国の人に重宝されそうですね。

さらに、海外旅行保険のキャッシュレスサービスにも対応しているので、日本在住の家族や友だちが遊びに来て診療を受けたい場合でも紹介できます。
とにかく色々な人に対応できるような仕組みになっているんです。

ここでは病気の治療だけでなく、健康診断も行っています。
診断内容は、採血検査や心電図、聴力検査、胃内視鏡、検尿など、基本的に日本と同じ。
これにプラスアルファで様々な検診が受けられます。

VIP待合

じつはVIP向けの待合室もあります。眺めと居心地の良いこの待合室で待つ人になってみたいものです

これらの診断を、企業や学校単位でも受けることができます。
企業向け医療は、東京インターナショナルクリニックが、力を入れいている分野の1つなんです。

健康診断をはじめ、必要に応じて訪問医療サービスやメンタルチェックなども行います。
メンタルチェックでは、単にカウンセリングを行うだけでなく、その人の症状によっては一時職場を離れた場合の復職の相談まで行います。
復職できる可能性、できるとすればいつから可能かなど、具体的な提案をするとのこと。
こうした相談を、気心の通じる日本人医師に、日本語でできるというのは、何より嬉しい点です。

診察料は80米ドル/回(検査、薬は別料金)です。
初診料はありません。
企業向け検診は、企業が求める内容により異なりますが、基本的な健康診断であれば約200ドル/回~で対応しています。

このほか、オプションで様々な検診やサービスを行っているので、詳細は問い合わせてみてください。

さて、説明はこれまでにして、クリニックの中を見てみましょう。

ビル10階に位置しているクリニックに入ると、広々とした受付と待合室があります。

「これから治療を受ける」

そう思うとちょっと緊張してしまうものですが、ゆったりとした椅子と高層階で眺めの良い窓、笑顔のスタッフでリラックスできます。
スタッフのフレンドリーさが、東京インターナショナルクリニックの自慢だとのことでした。
体調を崩し、モチベーションが下がっている時には助かりますね。

受付

笑顔の受付です。もちろん日本語にも対応しています

廊下

受付からは廊下につながっています

問診室

問診や面談などを行う問診室です

診療室

診察室と、今回お話をうかがった小林先生です

受付からさらに奥に進むと、右側には診察室が3つ並んでいます。
先生ごとに部屋が別れており、それぞれの先生からの治療を受けられます。

突き当たりにあるのが、検査室です。
検査室には、聴力検査や視力検査など、健康診断ができる設備類が整えられています。
後には胃内視鏡設備も入ってくるそうです。
これから少しずつ設備を充実させていくということでした。

廊下を挟んで診察室の反対側にあるのが、2つの点滴室です。
1つの面がガラス張りになっている小さな部屋に、ソファと点滴が置いてあるのみ。
とても贅沢な小部屋ですね。
点滴もリラックスして受けられそうです。

エコー室

内臓をエコーで検査するためのエコー室

内視鏡

胃内視鏡設備が入る予定の検査室です

点滴室

点滴を行うための部屋です。眺めは抜群です

私個人の感想としては、どの部屋も茶系を中心とした落ち着いた色調でまとまっているので、気持ちがゆったりしました。
点滴を受けることがあったら(ないに越したことはありませんが)、ぜひここの点滴室でのんびり(?)受けてみたいものです。

眺め

ビル10階からの眺め。中心部のビルが見えます

以下は、東京インターナショナルクリニックの概要です。

Tokyo International Clinic(東京インターナショナルクリニック)
・住所:10F Hanoi Tourist Bld,. 18 Ly Thuong Kiet, Hoan Kiem, Hanoi
・電話番号:04-3661-1919(日本語、英語、ベトナム語、韓国語)
・診療時間:8~17時(日・祝日:休診)
 ※受診前にお電話した方が確実です。
・URL:http://www.tokyo-clinic.tokyo

様々な人に対応した、専門性の高いクリニックです。
近くにお勤め、お住まいの方におすすめです。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


佐々木

佐々木 の紹介

は じめまして。佐々木(ささき)です。「ハノイリビング」で、皆様のお住まい探しから入居後のサポートまでの窓口対応を請け負っています。 日々の家事のか たわら、「ハノイリビング」で仕事をこなす働く主婦です。海外滞在はベトナムで2カ国目。他国では単身滞在を経験しました。時に単身者、時 に主婦、時に 会社員の目線で、ハノイの生活情報やお部屋情報を発信していきます。単身赴任の方からご家族でお住まいになる方まで、どうぞお気軽にお問い合 わせくださ い。
カテゴリー: 医療関係   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*