ノイバイ空港~ハノイ市内のタクシーを乗りこなすには

ハノイリビングの佐々木です。

10月に親族の結婚式で、1週間ほど帰国することになりました。
そんな出国の時に、いつも気になるのがノイバイ空港~ハノイ市内間のタクシーです。

これ、運転手付きの人ならともかく、そうでない私のような日本人はどうしているのか、本当に気になっていました。
というのは、ぼったくりの話をあちこちから聞くからです。

私も一番最初にノイバイ空港からハノイ市内に来た時は、通常の料金の1.5倍くらい払っていたと思います。

ということで、今回はノイバイ空港~ハノイ間のタクシーの乗り方について、他からも聞いた話を基にノウハウや注意点をまとめてみました。

ハノイ市内からノイバイ空港へ

ハノイ市内~ノイバイ空港をタクシーで走ったら、1.500~2.000円ちょっとくらいが相場ではないかと思います。

そんなことは皆分かっているのに、流しのタクシーをつかまえたら、やっぱり乗る前に値段交渉が必要になります。
ふっかけ、遠回りなどで、相場の何倍もの価格を要求されることが多いからです。
あらかじめ値段を決めておくんですね。

それでも私などは一度、降りる際に何やら言い訳をされ、追加料金を要求されたことがありました。
無視して降りましたが・・・。

流しのタクシーをつかまえる場合は、Mailinh TaxiやTaxi Groupなど、信頼できる会社を選んで乗るのがやはり確実です。
ハノイで使う「お勧めタクシー」はこれ!

これらのタクシーには空港専用のタクシーもあります。
タクシーの横に「Airport」と書いてあるのがそれです。
もともと空港専門なので安心です。

タクシーグループ

タクシーグループの空港タクシー。青い看板の上の赤い看板(Airport)が目印です

このほか、Noi Bai Taxiという、名前からしていかにも空港に強そうなタクシーもあります。
空港に行くなら、これらのタクシーを利用すると良いです。

ノイバイタクシー

黄色が目印のノイバイタクシー

ちなみに、Noi Bai Taxiは、ハノイ東側のYen Phuが集合場所になっているようで、ここにたくさんの車が停車しています。
時間がある人は、ここまで行ってつかまえるのも良いでしょう。
ただし、朝の時間帯など、混み具合によって車がまったくない場合もあるので注意です。


より大きな地図で Noi Bai Taxiの集合場所 を表示

流しのタクシーをつかまえる場合、信頼できる会社のタクシーがなかなか来ないと焦る羽目にもなります。
そんな時に使えるのが、これは田口さんに聞いた技ですが、ビルの受付に頼む方法です。

オフィスビルなら必ず1階にある受付に言って、タクシーを呼んでもらうんです。
田口さんは、いつも会社のあるビルに来て、ここの受付に頼んでいたようです。
が、その他のビルでも、ベトナムならなんとなくやってくれそうな気もします。
日系企業のオフィスが入ったビルなら、この手も確実なのではないでしょうか。

ノイバイ空港からハノイ市内へ

ノイバイ空港に降り立つと、タクシーの呼び込みがわんさかいます。

これは無視して、ビルの外のタクシー乗り場に行くと、上に挙げたようなタクシー会社のタクシーが待機しています。
これに乗るのが一番です。

マイリンタクシー

頭に大きな看板をつけたマイリンタクシー エアポート

ただ、これらのタクシー会社の車が全部出てしまっていない場合もあります。
外国人観光客でも、あらかじめ調べている人はどこが信じられるか分かっていて、これを利用しようとするんですね。

ということで、そんな時はやむなく他のタクシー会社の運転手をつかまえます。
交渉しても妥当な価格内で収まらない場合は、容赦なく他のタクシーを探しましょう。

いったんタクシーに乗った後で気をつけたいのが、ノイバイ空港を出発して10分ほど行くとある、高速道路のゲートに似た所です。
じつは、ここもぼったくりポイントです。

「ここで料金を払わなきゃいけないから、出してください」

という風に言って来る運転手がいます。
これは嘘です。
この地点で料金を取ることはないので、要求されても出さないようにしましょう。

そして私のように、到着した後に追加料金を求められることもありますが、無視しましょう。

タクシーを予約できるサービス

「タクシーに乗るたびに値段交渉なんて疲れる」

そんな人は、あらかじめ空港タクシーサービスを予約すると良いです。
ベトナム人の友だちや部下などにしてもらうのが良いですが、これができない場合。
ノイバイ空港~ハノイ市内間のタクシーを、メールや電話で予約できるというサービスがあります。

これはとくに、早朝および深夜便の時に重宝しています。

Hanoi Transfer Service

あらかじめ金額と送迎時間が決まっているので、タクシーが来なくて気をもんだり、値段交渉にわずらわされることはありません。
テトの際、私自身も海外に出国するにあたって使ってみました。

予約はメールでもできますが、電話で行いました。
飛行機便、時間、人数、名前を言うと、料金を教えてくれます。

片道22ドルくらい、往復分前払いです。

「往復分前払いして、帰りに迎えが来なかったら?」

そう思います。
疑心暗鬼で担当者にそう聞いてみたら、

「信じて!(Trust me)」

ということだったので、まずは信じてみることにしました。
万一空港への迎えの際、運転手とすれ違って会えなくても、この担当者に電話をすれば呼んでくれるということでした。

当日早朝、家の前で待っていたのは、ごく普通のセダンの車です。
このHanoi Transfer Serviceでは、ツアーやレンタカーサービスもしているので、空きのある車を持ち回りで使っているのでしょう。

タクシーいろいろ

ハノイには色々なタクシーが走っていますが・・・

最初の運転手は英単語もほとんど話せませんでした。
それでも、数字やお金の単位はどこの国の人もだいたい分かってくれます。

「VNDで支払いたい」

といってベトナムドン紙幣を見せたら、往復分を集金してくれました。
そして、念のために帰りの飛行機便の時間と便名を書いた紙を渡します。

そして数日後、ノイバイ空港への到着した際も、当然ですがきちんと迎えに着てくれました。
帰りは到着が30分程度遅れたので、いないと思って帰ったんじゃないかと思い不安でしたが、運転手は30分待っていてくれました。
私を見つけられなくて、何度も電話してくれたそうです。
が、電源切っていたので、通じなくて不安だったといわれました。

ごめんなさい、運転手さん。
こういう時のために、電話の電源はONにしておくべきでしょう。

顔の見えないインターネットサービスなので不安いっぱいでしたが、使ってみるときちんと仕事をしてくれました。
早朝便、深夜便などを利用する人にはおすすめです。

最後にもう1つ、おまけですが、手軽な方法があります。

ご近所のベトナム人と仲良くなったら、その人に頼む方法です。
気の良い人なら、友だちの頼みということで良心的な価格で送ってくれます。

実際に帰国の際、その方法で空港に行ったお客様から聞きました。
しかもその人、ベトナム語はまったく話せません。
それでもベトナム人と仲良くやっていたというのですから、大事なのは心だなと思わされます。

ということで、空港に行くにも決まった方法がないのがハノイの面白い点です。
自分なりの方法を開発しがいがありそうです。

◆少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。
↓ 1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


佐々木

佐々木 の紹介

は じめまして。佐々木(ささき)です。「ハノイリビング」で、皆様のお住まい探しから入居後のサポートまでの窓口対応を請け負っています。 日々の家事のか たわら、「ハノイリビング」で仕事をこなす働く主婦です。海外滞在はベトナムで2カ国目。他国では単身滞在を経験しました。時に単身者、時 に主婦、時に 会社員の目線で、ハノイの生活情報やお部屋情報を発信していきます。単身赴任の方からご家族でお住まいになる方まで、どうぞお気軽にお問い合 わせくださ い。
カテゴリー: 交通   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

少しでもお役に立てれば嬉しいです。1クリックよろしくです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*